3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
競技者が競技規則の裏をかくと、イエローカードで警告されます


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
昨日の記事、「(問題)ゴールキーパーが手で触れることができないボールは?」の最後に少し触れた内容とほぼ同じ出来事が、フランスのリーグ・アンで起きていたようで、コメント欄で教えていただきました。(ブラックさん、情報ありがとうございました。)



ちなみに、昨日の記事ではアンケート機能を利用して問題を出題していますので、まだ回答の入力をお済ませになっていない方は、この記事をご覧になる前に、先に「(問題)ゴールキーパーが手で触れることができないボールは?」の記事をご覧ください。



それでは、本日の内容です。まずは、下のGIF動画をご覧ください。





競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
• 競技者が競技規則の裏をかき、(フリーキックからも含め)意図的に味方のゴールキー パーに頭や胸、膝などでボールをパスする。ゴールキーパーがボールに手または腕で 触れたか否かは関係しない。
(後略)



2文めの「ゴールキーパーがボールに手または腕で 触れたか否かは関係しない。」が重要です。ゴールキーパーが手でボールに触れてもゴールキーパーを警告してはいけません。警告すべきは策略を図った競技者のみです。



なお、この場合の再開方法についても、コメント欄にご質問いただきましたので、載せておきます。



競技規則 第12条 ファウルと不正行為

間接フリーキック
(中略)
• 第12条に規定されていないもので、競技者を警告する、または、退場させるために プレーを停止することになる反則を犯す。


これに当てはまります。



第12条で規定していない、競技者を警告するためにプレーを停止させた形に該当します。シミュレーションも同様です。違反の起きた場所(今回の場合はヘディングしたペナルティーエリア内)から相手チームの間接フリーキックで再開です。



ご存じなかった方は、ぜひ覚えておいてくださいませ。



上記GIF動画の元になっている映像はこちら。(ただしブログ記事内での再生は許可されていないので、タイトルをクリックして youtube 上でご覧ください。)





 ← amazon直在庫分の値段が下がった様子。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
4種の場合
いつも参考にさせていただいております。

このような反スポーツ行為ですが、4種の場合も警告すべきでしょうか?

もちろんルールに年齢はないのは重々承知しております。

ただもし小学生が動画のような事をやった場合、「ナイスアイディア!」と思ってしまいます。
ファールだけとって「だめなんだよ」と教えたい気がするんです。

他にも小学生には難しいルールありますよね。
パントを邪魔するとかも警告まではだせません。

小学生であっても警告出すべきですかね。。
正直コーチもあんまりルール知らない人が多き気がするし。
2017/01/25(水) 14:45:07 | URL | TRO #lVjAIwTo [ 編集 ]
難しいルール
紹介ありがとうございます。このルール難しいです。ディフェンスでボール回してて、高いボールになったのをヘディングでキーパーに返したらその時点で罰せられるのか、それともキーパーがキャッチしたらルールの悪用か、そもそもバックパスか?
自分は二番目かなと思いますがどう思いますか?
2017/01/25(水) 19:26:02 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
Re: 4種の場合

TRO さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> このような反スポーツ行為ですが、4種の場合も警告すべきでしょうか?

公式戦はもちろん、練習試合でもぜひイエローカードを提示してあげてください。その経験はその選手の貴重な経験になると思います。

> ただもし小学生が動画のような事をやった場合、「ナイスアイディア!」と思ってしまいます。
> ファールだけとって「だめなんだよ」と教えたい気がするんです。

それはその選手の指導者の仕事ですね。主審として試合を預かっている以上、競技規則に則ってきちんと懲戒罰を与えてあげてください。「だめだよ」とだけ言われたら、あまり印象に残らないと思います。でもイエローカードを提示されたら、きっともっとルールを知ろうと思ってくれると思います。

> 他にも小学生には難しいルールありますよね。
> パントを邪魔するとかも警告まではだせません。
> 小学生であっても警告出すべきですかね。。

はい、ぜひ出してあげてください。きっとTRO さんにとってもいろんな意味で勉強になると思います。

ゴールキーパーがゴール前で高いボールを処理するためにラグビーのように味方選手に後ろからジャンプを手で支えてもらったり、ゴールポストのフックやゴールネットに足をかけて少しでも高くジャンプしようとしたら、「サッカーでは自分と競技規則で認められている用具以外の物や人を使うと、反スポーツ的行為として警告されるんだよ」と教えながらイエローカードを提示してあげてください。

> 正直コーチもあんまりルール知らない人が多き気がするし。

他の人(コーチ)を気にする必要はないのではないでしょうか。そのコーチのサッカーやチームに対する関わり方が人によって違うので、いろんな考え方があると思います。

私は、ボランティアとはいえ、まがりなりにでも人様のお子さんを預かる以上、きちんと指導者資格を取得して(ま、これはわが団の監督の方針なのですが)、そして団の強制・方針ではありませんでしたが、子供たちに聞かれたときに困らないようきちんとルールも勉強したいと考えて、3級審判員の資格も取得しました。

ですので、TRO さんもご自分がどういうスタンスで、4種の子供たちを関わろうとするのか、ということを整理されると、よろしいのじゃないでしょうか。


2017/01/26(木) 01:28:21 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: 難しいルール

> 紹介ありがとうございます。このルール難しいです。ディフェンスでボール回してて、高いボールになったのをヘディングでキーパーに返したらその時点で罰せられるのか、それともキーパーがキャッチしたらルールの悪用か、そもそもバックパスか?
> 自分は二番目かなと思いますがどう思いますか?

どんなヘディングだったかによりますね。味方競技者からのボールがとんでもないボールになってしまって、やっとの思いで頭で触れることができたボールがゴールキーパーの前に転がったものなのか、それとも「ほら、最後に頭で触れたからキーパー手で取れよ!」という意図が感じられるボールだったのか。

私の場合、ゴールキーパーに手で取らせようという意図が少しでも感じられたら、迷わず笛を吹いてヘディングした競技者を警告すると思いますが。


2017/01/26(木) 01:33:41 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
納得
いつも勉強させて頂いております。

じつは私もTROさんやブラックさんと同じ
モヤモヤした感じをもっておりました。

が、

「公式戦はもちろん、練習試合でもぜひイエローカードを提示してあげてください。その経験はその選手の貴重な経験になると思います。」の回答ですっきりしました。

そのカードをきっかけに、選手がルールをより深く学んでくれることになれば、審判冥利につきると思います。

ありがとうございました。
2017/01/26(木) 12:34:28 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
Re: 納得
おとーさんレフリー さん、いつもコメントありがとうございます。

> そのカードをきっかけに、選手がルールをより深く学んでくれることになれば、審判冥利につきると思います。

それがきっかけでその後Jリーグで笛を吹くことになった、な~んて話になったりして…。


2017/01/27(金) 00:17:52 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ロールバック
ロールバックは、予期されたアドバンテージ(攻撃の展開やシュート等)が実現されなかったときで、ボールがつながることだけではないことは、ご存知だと思います。どんな展開を予測されたのでしょうか? 文面からは、結果的にロールバックを控えた方が、結果オーライだった かのように読めてしまいますが・・・
2017/01/30(月) 12:33:14 | URL | eleven #W3FWQxe2 [ 編集 ]
Re: ロールバック

eleven さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ロールバックは、予期されたアドバンテージ(攻撃の展開やシュート等)が実現されなかったときで、ボールがつながることだけではないことは、ご存知だと思います。どんな展開を予測されたのでしょうか? 

1人目の足元にきっちりボールが収まれば、恐らく右サイドの選手を走らせるパスを出すだろうと予測していましたが、うまく足元に収められなかったので、アドバンテージの保障をしてあげようと笛を吹きました。ただ、ボールが相手に当たって2人目にうまくつながるところまではさすがに予測できませんでした。

> 文面からは、結果的にロールバックを控えた方が、結果オーライだった かのように読めてしまいますが・・・

そうです。結果的に、アドバンテージの補償をぜす、ほったらかしておいたほうがチャンスだった、と思います。


2017/01/31(火) 00:30:25 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: ロールバック
であれば、競技規則上のレフェリーのコントロールとしては、まったく問題なかったと思います。予期したアドバンテージが実現しなかった結果の、ロールバックですから。もっとも、結果的にロールバックしなかった方が・・という心情は理解しますが、どうなんでしょうか?
ただ、どこまで、ロールバックをするかどうかを留保するのか? 競技規則上はwithin a few seconds です。 なので、アマチュアのレフェリーがエンターテインメントを考慮する必要は、まったくないと考えます。
2017/02/01(水) 03:09:32 | URL | eleven #kV3Y1StE [ 編集 ]
Re: Re: ロールバック

> ただ、どこまで、ロールバックをするかどうかを留保するのか? 競技規則上はwithin a few seconds です。 なので、アマチュアのレフェリーがエンターテインメントを考慮する必要は、まったくないと考えます。

正しいファウル認定ができていなかった訳ではないので、最低限の責任は果たせているとは思います。

ただ、もうあとほんのコンマ数秒笛を遅らせる余裕があれば良かったのではないか、もし次に同じようなシーンに遭遇した場合には、今回の経験を活かしてもっとうまくレフェリングがしたい、ただそれだけなのです。



追伸。次回よりできましたらコメントは当該の記事にお願いいたします。(以前のOCNのブログは管理者の権限でコメントの記事を正しい記事に付け替えることができたのですが、このFC2ブログはそれが不可能なため。)


2017/02/02(木) 01:27:07 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
お手数かけ申し訳ありませんでした。パソコン不案内なもので、、、今後とも、よろしくお願いします。
2017/02/03(金) 12:40:15 | URL | eleven #z1uogJ6Q [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> お手数かけ申し訳ありませんでした。パソコン不案内なもので、、、

私自身は、それほど気にならないのですが、このブログを3級昇級(時々2級も)の勉強道具として利用されている方などは、コメント欄までしっかり読んで参考にしてくださっているようなので、記事とコメントがズレているために話が見えなくなってしまうということをできるだけ避けてあげたいなぁ、と思っています。

あくまで「可能であれば」で結構ですので。


> 今後とも、よろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。



2017/02/04(土) 00:07:10 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございます
お返事おそくなってすみません。

ありがとうございました。
自分の中で割り切れない部分は少しありますが、
イエロー出す場面を想像すると、確かに選手にとって勉強になるはず、と思いました。

ルールを強固に遂行する、と言うより、選手の為に、というモチベーションなら納得できますね。

ますはカードを出す勇気が一番たりませんね(笑

一応私も選手の為に公正なジャッジができるように心がけいるつもりです。

話題は変わりますが、ファールの参考事例などいつもとても参考になります。
ありがとうございます。
2017/02/09(木) 18:45:28 | URL | TRO #lVjAIwTo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2660-4b1ca283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック