3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
PK宣告を取り消す勇気 ・・・ Play of the Week 2014 Week 9


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 




守備側競技者が、自陣ペナルティーエリア内にいる時に、手を不必要な位置に置いておくことは、主審よってボールを手で扱ったと見誤られるリスクを背負うことを考慮に入れておく必要があります。>選手の皆様へ



米国プロ審判協会はトップレベルのアシスタント・レフェリーには5つの”C”が求められる、と訴えています。

Clear view (明確なビュー)
Concentration (集中)
Co-operation (協力)
Confidence (自信)
Courage (勇気)



さて、では主審が明らかに見誤ったことに副審が気づいた場合、具体的にはどうするか。



原則としては、主審に進言することになりますが、インカムなどコミュニケーション・ツールが使えない我々ボランティアレフェリーの場合、かなり難しいものがありますね。



副審が主審のところに歩を進める訳にはいかないので、とりあえず、大きな声で主審を呼んで、主審に自分のいる場所まで来てもらって、(選手に聞かれないように人払いした上で)話をすることになると思います。



ただ、主審が自分より上級の審判員だったら、進言するのはかなり勇気のいる作業となることは間違いありません。(信頼してもらっている方でない限り、進言はできませんね。逆に自分が主審だった場合、よっぽど信頼している方でない限り進言を素直に受け入れることもできないと思います。)



米国プロ審判協会の元記事はこちら。

Play of the Week 9: PK at POR vs. DC








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2667-5e2bed7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック