3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2つのPK ・・・ Play of the Week 2014 Week 3


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




まずは、下の映像をご覧ください。



このプレーが行われた当時(2014年)のルールでは、決定機の阻止にあたるため、レッドカードが提示されています。(懲戒罰の対象となるゴールキーパーが負傷したため、先に治療が優先されたため、レッドカードが提示されたシーンは上の映像には含まれていませんが。)

しかし、ゴールキーパーはボールをプレーしようとした結果ファウルを犯しているので、「警告止まり」となります。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

競技者が、意図的にボールを手や腕で扱う反則により、相手チームの得点、または、決定的な得点の機会を阻止した場合、反則が起きた場所に関わらず、その競技者は退場を命じられる。

競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者が ボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。

上記の状況すべてにおいて、その競技者は退場となる。 次の状況を考慮に入れなければならない:
• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数





上の映像のあと、ゴールキーパーが退場になってペナルティーキックが行われた1分後の出来事がこちら。



こちらは、ボールがゴール方向に進んでいないので、決定機の阻止は否定され、相手チームの大きなチャンスを潰したという理由(反スポーツ的行為)で警告されています。



ただ、ゴール裏からの映像を見ると、ゴールキーパーの手がボールに触れたあと、相手競技者に当たっているようにも見えますねぇ・・・。



米国プロ審判協会の解説は、今一つ歯切れが悪いものとなっています。うまく訳せそうにないので、この記事の中では紹介しませんが。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 3: PKs in COL vs. POR







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
レッドカード
足裏入ってないですか?
2017/02/15(水) 08:32:46 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
Re: レッドカード

ブラック さん、いつもコメントありがとうございます。

> 足裏入ってないですか?

最初の映像のFWの足裏がGKに、という意味でしょうか?

交錯時にFWの選手の足がスムーズに真下に降りているように感じます。足裏がGKに入っていたなら、もう少し足を(GKの身体のほうに)持っていかれるような気がします。

(GKが痛んでいるのは、自分(GK)の足がFWに接触したため脚をもっていかれたことで付け根あたりの関節を痛めたから、という気がします。)

あくまで、私見ですが。






2017/02/15(水) 23:09:32 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2681-5b157e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック