3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/02/18) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




今週末はちょっと予定がいっぱいだったので、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 の録画をまだ確認できていません。
(T_T)



できるだけ早くチェックして記事を書こうと思いますので、今しばらくお待ちください。
m (_ _) m




いっぱいあった週末の予定の大部分を占めていたのが、わが団主催の招待試合の開催でした。2日間行われ、その間に3試合主審を担当しました。



ということで、本日の更新では初日分の審判記録をUPします。



8人制で、審判は3人制。3人セットではなく、対戦するチーム以外の2チームから主審1名、副審2名を選出してもらう方式で実施。(なかなか3人セットに対応できるチームが少なくなってきたため、数年前からわが団主催の招待試合もこの方式に変更しています。)



ということで、副審の方2名は、初めてお会いする方。



試合開始前に初めてお会いできた状態なので、打ち合わせは、

「オフサイドラインキープと、オフサイドフラッグのフラグアップは、原則として『(オフサイドポジションにいた競技者が)ボールに触れるまで待って』から。ただし、ゴールキーパーとの交錯が懸念される場合だけは『早めに』、そして長い縦パスで『明らかにオンリーワン』つまりオンサイドの2列目からの飛び出しがないことが確認できた場合の2つの場合のみ、触る前でもフラグアップしてください。」

ということと、

「タッチジャッジについては、原則として私のほうで「小さく」シグナルを出しているので、それに合わせてくださればOKです。ただ、もし私のほうがワンタッチを見逃していたような場合は、ワンタッチがあったことを示すシグナルを入れたり、首を振りながら私が示しているシグナルとは逆の方向のシグナルをしてくだされば、それに合わせますから。」

という2つの項目だけをお願いした。



2日間で3試合主審を担当したのだけれど、副審を担当してくださった皆様全員が、しっかり私とアイコンタクトをとってくださったので、非常にやりやすかった。感謝。



で、試合についてですが、最初の試合は、ファウルなし。オフサイドが数回、といったところ。



2試合めは、トリップ系のファウルのみ。相手競技者の背後にいる選手が、相手競技者の背中付近を肘で押しているのが気になったので、アウトオブプレーのタイミングで当該の競技者に対して注意したのが1回だったかな。



という感じで、2試合とも非常にクリーンな試合。審判がほとんど目立たなかったので、サッカー本来の姿と言えるのかもしれませんが、個人的にはちょっと物足りない、という感じ。



そう感じていたら、2日めは2枚イエローカードを出すことになりました。



詳しくは別の更新で。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
オフサイド
いつも拝見させていただいてます。
オフサイドについての質問です。

新ルールでも長い縦パスのオンリーワンの場合は早めのフラッグアップでよろしいのでしょうか。

新ルールからその競技者のハーフであっても反則の起きた場所からのFKとあります。という事はオフサイドポジションにいた競技者がプレーに関わった場所からのFKになると思います。
長い縦パスを追いかけただけでも関わった事になるのでしょうか。
2017/02/20(月) 19:37:29 | URL | りくのぱぱ #- [ 編集 ]
Re: オフサイド

りくのぱぱ さん、いつもコメントありがとうございます。

> 新ルールでも長い縦パスのオンリーワンの場合は早めのフラッグアップでよろしいのでしょうか。

早めではなく、wait&see をかけて、少し待って確実にオンサイドの2列目からの飛び出しがないことを確認してからフラグアップしてください。


> 新ルールからその競技者のハーフであっても反則の起きた場所からのFKとあります。という事はオフサイドポジションにいた競技者がプレーに関わった場所からのFKになると思います。
> 長い縦パスを追いかけただけでも関わった事になるのでしょうか。

原則的には、ボールを追っただけではオフサイドの反則は成立しません。

長い縦パスの場合は、副審がオンリーワンの状況になった(オフサイドポジションにいた選手以外の選手がボールに触れる可能性がなくなった)時点でフラグアップし、そのフラグアップを主審が採用した時点で反則が成立します。

ですので、笛が鳴った時点でボールがあった場所が再開場所になると思います。

2017/02/21(火) 01:29:21 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ご返答ありがとうございます。
もう一つ質問させてください。
同じシーンでオフサイドポジションにいた競技者が、途中でオフサイドに気づいてボールを追いかけるのをやめる可能性についてはどうお考えでしょうか。
2017/02/21(火) 21:47:07 | URL | りくのぱぱ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> 同じシーンでオフサイドポジションにいた競技者が、途中でオフサイドに気づいてボールを追いかけるのをやめる可能性についてはどうお考えでしょうか。

原則として、ボールを追いかけるのをやめた場合は、そのままプレーを続けさせるべきだと思います。

ただし、万一副審がフラグアップしてしまっていて、そのために守備側選手がプレーを止めてしまい、それを見たオンサイドにいた攻撃側競技者がボールをプレーしようとしたならば、笛を吹いてオフサイドとして笛を吹く必要も出てくると思います。そうしないと、副審が攻撃側チームの手助けをしたことになってしまうので。

なので、私はコイントスの際、両チームのキャプテンに対し、「オフサイドを含む反則などの最終決定は主審である私が行います。なので笛が鳴るまではプレーを続け、逆に笛が鳴ったらすぐにプレーを止めるように、メンバーに伝えてください。」というようなことを伝えます。


2017/02/22(水) 00:11:27 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
すみません、分かりにくかったですね。

オンリーワンの状況になり、主審が笛を吹きオフサイド確定。

でも、笛を吹かなければ、オフサイドポジションにいた競技者がプレーする直前に、オフサイドに気付いてボールを追いかけるのを止める可能性があるのでは。
ということです。

オフサイドポジションにいた競技者がプレーに関わるまでは笛を吹かず待った方が良いのか疑問に思ったので。

2017/02/22(水) 21:24:33 | URL | りくのぱぱ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> オンリーワンの状況になり、主審が笛を吹きオフサイド確定。
> でも、笛を吹かなければ、オフサイドポジションにいた競技者がプレーする直前に、オフサイドに気付いてボールを追いかけるのを止める可能性があるのでは。
> オフサイドポジションにいた競技者がプレーに関わるまでは笛を吹かず待った方が良いのか疑問に思ったので。

待った結果、ゴールライン直前でボールに触れることができてしまったときのリスク(選手やベンチからのクレームに耐える、など)を考える必要があります。

ですので、笛を吹いてオフサイドを確定させてしまうまえに瞬時にいろいろ判断しなければなりません。

仮に副審がフラグアップしてオフサイドを知らせてきていても、慌てて笛を吹く必要はないと思います。

そのままボールがコールラインを割ってゴールキックになるのか、ならないのか。
ゴールキーパーが安全に自陣のペナルティーエリア内でボールを手で捕球できる可能性。
守備側競技者がオフサイドポジションにいた競技者に影響されずにボールをキープあるいはコントロールできるのかどうか。
ゴールラインではなくタッチラインを割りそうな場合は、自陣深い位置からのスローインと、オフサイドとしてもう少し手前の位置から間接FKで再開することのどちらが守備側に有利なのか。
などほんの少しWait & See をかけて判断すべきだと思います。

攻撃側競技者の脚の速さや守備側競技者の位置やボールのスピードなど個々のケースで対応が異なるはずなので、ここでは「これが正解」というものは書けないですね。


2017/02/23(木) 01:26:28 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございます、勉強になります。
2017/02/24(金) 19:16:07 | URL | りくのぱぱ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2686-bfb2a7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック