3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/02/19) 主審 × 1.0 イエローカード2枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




まだ、FUJI XEROX SUPER CUP 2017 のチェックを終えられていませんので、昨日の記事の続きです。



わが団主催の招待試合の2日目は、主審を1試合のみ担当。



1試合で珍しく2枚のイエローカードを提示。



1枚目は反スポーツ的行為での提示。



守備側チームのセンターバックの選手が、相手チームのカウンター時に、相手競技者を手で押さえて相手競技者のスピードを減速させた。それでも攻撃側競技者は構わずそのままドリブルを継続させたため、大きな声で「プレーオン」をコールしてアドバンテージを適用。



反則を犯した守備側競技者が再び攻撃側競技者を追い、その足にボールを当てて攻撃をしのぎ、コーナーキックとなったところで、笛を吹いて試合を完全に停止して、アドバンテージを適用したファウルに対する懲戒罰を与えるために、イエローカードを提示。



具体的なアクションとしては、まずカードへの記入が終わるまでコーナーキックを行わないように、「笛で再開になるからね。」とボールをもっていた攻撃側競技者に声掛け。



続いてコーナーキックに備えて自陣ゴール前でのポジションにつこうとしている当該の守備側選手を近くに呼び、「さっきあそこで相手選手を手で押さえて減速させたよね。あのプレーは反スポーツ的行為で警告されるプレーになるよ~。」と言いながらイエローカードを提示。



4種なので教育的観点から、ちょっと丁寧に説明。



2枚目はラフプレーでの提示。



直前のプレーで守備側競技者が攻撃側競技者からフットボールコンタクトを受けて痛がったが、ファウル性はないと判断。その直後のスローインからのプレーで、先の攻撃側競技者がボールキープしているところにその守備側競技者があたかもヒップアタックするような感じで腰から突進。完全なファウルチャージ。ボールをプレーするためにプレイエリアを確保しようとするものではなく、完全に身体をぶつけて相手に痛みを与えるだけのものだったため、ファウルチャージが無謀に行われたとして、イエローカードを提示。



カードの提示自体は間違いではないのだけれど、今考えると、スローインの前にその選手に落ち着いてプレーするように声を掛けておけば、2枚目のイエローカードの提示は回避できたかもなぁ~、という感じ。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
こんにちは!
1枚目のイエローは、攻撃側と守備側が逆でもおなじですか?

攻撃側が守備側を手で押さえた場合です。

結構あるんですよね。。
2017/02/21(火) 15:54:10 | URL | TRO #lVjAIwTo [ 編集 ]
Re: こんにちは!

TRO さん、いつもコメントありがとうございます。


> 1枚目のイエローは、攻撃側と守備側が逆でもおなじですか?
> 攻撃側が守備側を手で押さえた場合です。
> 結構あるんですよね。。

戦術的に押さえた、つまり相手の(カウンターなどの)チャンスを潰したのであれば、警告の対象となります。ただ攻撃側のFW系の選手は自陣ゴールから遠い場所にいるので、相手チームのチャンスを潰すという可能性は低いです。

同じ場所で両チームの選手が「手で押さえる」反則をまったく同時に犯した場合、自陣ゴールに近いほうの選手の反則のほうが「重い」反則となります。なぜなら相手よりも「相手の得点のチャンス」に近い場所で反則を犯していることになるので。

通常、FW系の選手が相手陣地内で相手競技者(主にDF)を手で押さえた場合、懲戒罰なしのファウル認定だけになると思います。もし押さえる反則を繰り返すようなら、「繰り返し」で警告すべきですね。



2017/02/22(水) 00:01:04 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございます!
状況による、という事ですね。
得点の機会をつぶしてしまうようなファールは反スポにあたる。

勉強になります。
ありがとうございました。
2017/02/23(木) 10:27:36 | URL | TRO #lVjAIwTo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2687-4a080224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック