3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選(2017.03.23 UAE代表 vs 日本代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



AFCがUPしている公式ハイライト映像。





日本で開催されていないため、日本語版の公式記録PFDはありません。マッチページのみ。

http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup2018_final_q/groupB/match_page/m17.html



AFCの公式記録はこちら。

http://www.the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10241&stageid=404&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary




Referee
RAVSHAN IRMATOV (UZBEKISTAN)

Assistant Referees
ABDUKHAMIDULLO RASULOV (UZBEKISTAN)
JAKHONGIR SAIDOV (UZBEKISTAN)

Fourth Official
PISLEGIN DMITRIY (UZBEKISTAN)

ウズベキスタンの審判団。
アジアNo1.レフェリーの呼び声高いイルマトフさんだったので、安心でした。



イルマトフ主審が試合中に提示したイエローカードを確認しておきます。



前半32分27秒付近。

UAE代表21番(オマル・アブドゥルラフマン選手)に出されたイエローカードはラフプレー。ボールを捕球する体勢に入っていた日本代表1番(川島永嗣選手)に対して、スパイクの裏を向けて突進したことが、無謀なキッキングと判断されました。



後半8分17秒付近。

ちょっとごちゃごちゃしていたシーン。



先にボールの落下点に入ってジャンプしてヘディングしようとしていた日本代表8番(原口元気選手)を、その後方から遅れて争点に入ってきたUAE代表9番(アブドゥルアジズ・フセイン・ハイカル選手)がジャンピングアットしたところで主審がファウル認定。



ファウル認定によってアウトオブプレーになっていたのを知っていてか知らずにか日本代表15番(大迫勇也選手)がそのままボールをキープしてプレーを継続。そのボールを奪うために、UAE代表8番(ハムダン・アルカマリ選手)が大迫選手を突き飛ばした行為が、反スポーツ的行為(• サッカーに対してリスペクトに欠ける行為を行う。 )に該当するという判断。



派手に突き飛ばしているので、「乱暴な行為」として「退場」処分になる可能性もあったのですが、笛が鳴っていたにも関わらずプレーを止めなかった大迫選手にも責任の一部が存在しているということで、「警告(反スポーツ的行為)」止まりになったと推測します。





後半9分13秒付近。

日本代表14番(久保裕也選手)に出されたイエローカードはラフプレー。UAE代表15番(イスマイール・アルハマディ選手)の斜め後方から無謀なタックルを実施したという判断だと思います。



反スポーツ的行為(チャンス潰し)の可能性もありますが、UAEのカウンターのチャンスであったことは間違いはないのだけれど、場所的および他の守備の選手(山口選手など)がじゅうぶん対応できる状態だったことを考えるとラフプレーのほうをとっているのではないか、と感じます。



後半13分54秒付近。

UAE代表9番(アブドゥルアジズ・フセイン・ハイカル選手)に出されたイエローカードは反スポーツ的行為。戦術的に日本代表8番(原口元気選手)の後方から抱きついて押さえたプレー。



分かりやすい文章が2016/2017年度版の競技規則から消えてしまったので、2015/2016年度版の文章を掲載しておきます。

●相手競技者を押さえて、相手競技者がボールを保持すること、または有利な位置を得 ようとすることを妨げる競技者は、反スポーツ的行為で警告されなければならない。 (競技規則2015/2016 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為 「相手競技者を押さえる」 懲戒の罰則 より)



後半35分51秒付近。

UAE代表16番(モハメド・アルラキ選手)に出されたイエローカードは、恐らく異議。

後半35分42秒付近に、モハメド・アルラキ選手が、負傷した日本代表15番(大迫勇也選手)のケアをしているイルマトフ主審のところにやってきて何か言っているのが確認できます。主審がそれ以上の異議を認めないようなジェスチャーをしたのが確認できたあと画面が岡崎選手に切り替わった直後に主審の笛が聞こえます。



で、画面が主審のところに切り替わった後半35分58秒付近に、主審がイエローカードへの記入を終えています。なので、恐らく異議で間違いないでしょう。



このイエローカードに関しては、実況&解説はもちろん画面のテロップもなし。誰も気づいてないんか~い。
ったくもう。

(ちなみに、BSのNHKでは、グランドレベルにいた(?)レポーターからきちんと異議でイエローカードが出たことが報告されてました。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2717-30a4489d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック