3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
異議に対しては過度に反応せず毅然とした態度で対応する ・・・ Play of the Week 2017 Week 3


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






ラフプレーで警告を受けた際、攻撃的で侮辱的な発言を繰り返したために一発レッドとなってしまった様子。





この映像、赤いユニフォームの19番の選手が、アウトオブプレー時にファウルを犯した相手競技者を突き飛ばして反スポで警告を受けているほうはあまり問題がなく、映像の先頭から22秒付近で赤いユニフォームの5番の選手が主審に「何か」を言ったため異議として警告を受けています。(映っていませんが。)



その5番の選手が10分後に、相手競技者の後方からアプローチし、「無謀な」ファウルで警告となり、同じ試合で2枚目の警告となり退場となってしまいました。





競技規則の審判に対する異議に関係する部分を抜粋しておきます。



競技規則 2016/2017 ファウルと不正行為

3.懲戒処置

警告となる反則
競技者は、次の場合警告される:
(中略)
• 言葉または行動により異議を示す。
(後略)

交代要員または交代して退いた競技者は、次の場合警告される:
(中略)
• 言葉または行動による異議を示す。
(後略)

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退 場を命じられる:
(中略)
• 攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする。
(後略)




実際のところ、選手の多少の不満は聞き流したり、「それ以上は警告の対象となりますよ」というような牽制を入れるというゲームマネジメントもあると思います。



異議っぽいものが聞こえた際、「ん?よく聞こえませんでしたが何か言いましたか?」と、あえて聞き直す方法もあります。それでも異議を唱えてくるようなら、警告する。言葉が攻撃的あるいは侮辱的なら一発レッドという感じでしょうか。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 3: Dissent/offensive, insulting or abusive language








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2724-42c22710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック