3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
(問題)オフサイド? or オンサイド? 【CLIP10】

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




さて、今日もフラッシュラグ錯視の補正に勤しみましょう。



本日も、過去記事 「米国プロ審判協会版のオフサイド判定テスト」 で紹介した、米国プロ審判協会が作成したオフサイドの判定テストの映像の紹介です。



ファイルサイズの関係で映像が少し小さいので、よ~く目を凝らしてご覧ください。
赤い服の選手がオフェンス役、黄色い服の選手がディフェンス役です
(ちなみに今日の映像から選手が1人増えています。)



(クリックでGIF動画がスタートします。動画は2回だけ繰り返します。)



あなたの判断は?(どなたでもご参加いただけます。)

1)間違いなくオフサイドであると判断しフラグアップ。
2)オフサイドのような気がするのでフラグアップ。
3)オフサイドではないような気がするので何もしない。
4)間違いなくオンサイド。何もしない。



回答の入力にご協力ください。







正解の前に、本日もバナークリックのご協力のお願いです。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックはお済ですか?




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 下の正解をご覧になる前に必ずバナークリックをお願いいたします。





それでは、正解です。



正解は「オンサイド」です。これまでUPしてきた記事を毎回きちんと確認されている方にとっては簡単だったのではないでしょうか?



(クリックで解説映像が2回流れます。)



今回も、元の動画の問題側の映像をGIF化してオフサイド判定の瞬間の映像にウェイトをかけたものをUPしておきます。





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 記事の作成にかなり手間がかかっているのでクリックのご協力をぜひ。
  


[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード W-735H-1AJF メンズ
CASIO(カシオ) (2014-10-17)
売り上げランキング: 206
  ← バイブレーション機能のついた格安な時計。




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつもありがとうございます
ルールについて聞きたいです。
直接フリーキックになるファールは11種類ですが、引っ張るってないですよね?
でも、決定機の阻止の項目には引っ張って阻止なら退場とあります。理由わかりますか?
2017/04/11(火) 14:57:47 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
Re: いつもありがとうございます

ブラック さん、いつもコメントありがとうございます。

> 直接フリーキックになるファールは11種類ですが、引っ張るってないですよね?
> でも、決定機の阻止の項目には引っ張って阻止なら退場とあります。理由わかりますか?

以下、私の私見であることを最初にお断りしておきます。

基本的に、「引っ張る」という反則は、「押さえる」反則の1種だと考えるべきだと思っています。

昨年の改正で「身体的な接触によって相手競技者を妨げる」が項目的には追加されましたが、これまでは「押さえる」反則に包含されていたものの、「身体的な接触のない相手競技者への妨害=進路妨害」だけが一人歩きしていて、「身体的な接触のある進路妨害も反則」なんだよ、というIFABの強いメッセージが込められた改正だと思っています。

競技規則は、ある程度試合中に起こりそうな違反や反則を想定し規定していますが、すべてを網羅しようとするとルールが複雑になり難解なものになります。

ファウルについても項目数が増えれば複雑になってとっつきにくいものになってしまうので、できるだけ「シンプルに」という考えがあって、あえて「引っ張る」という項目が明記されず、「押さえる」に含まれている形になっているのだと思います。

競技規則に明記されていない反則は他にもあります。

南アフリカワールドカップで、西村主審が提示した「レッドカード」は、プレー中に偶発的に倒れた相手競技者を「踏みつけた」、「スタンピング」と呼ばれる反則ですが、「相手競技者を踏みつける」とか「スタンピング」という項目は競技規則には存在していません。ま、無理やり分類するとすれば、「相手競技者をける」になると思いますが。

ですので、あまり「言葉」にとらわれずに、選手の「意図」が競技規則の精神に違反していないかどうかというところを考えるのがよろしいのではないでしょうか。(決して試合中にファウルを探す、という意味ではありませんので、ご注意ください。)


余談ですが、サッカーでは「ファール」ではなく「ファウル」が正解です。← 記事のネタにさせていただきますね。


2017/04/11(火) 23:17:57 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございます
御指摘ご鞭撻ありがとうございます。
勉強になります。
2017/04/12(水) 13:15:17 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2734-ba762aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック