3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
内?外?懲戒罰は? ・・・ Play of the Week 2017 Week 6


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




ネタバレになりますが、あえて先に何が起きるかを説明しておきます。



ペナルティーエリアの境界付近で、ゴールキーパーが相手競技者を倒してしまいます。映像を一通りご覧になったあと、再開方法と懲戒罰の組み合わせを選んで回答の入力にご協力ください。






1)直接フリーキックを宣告し、ゴールキーパーを退場させる。
2)直接フリーキックを宣告し、ゴールキーパーを警告する。
3)直接フリーキックを宣告。(懲戒罰はなし)
4)ペナルティーキックを宣告し、ゴールキーパーを退場させる。
5)ペナルティーキックを宣告し、ゴールキーパーを警告する。
6)ペナルティーキックを宣告。(懲戒罰はなし)







解説を読まれる前に、
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 



考え方としては、
・ペナルティーエリアの内か外か
・決定機の阻止にあたるのかどうか
・決定機の阻止の例外規定にあてはまるのかどうか
を順番に考えることになります。



まずは、ゴールキーパーが相手競技者を倒したのはどこかによって、直接フリーキックなのかペナルティーキックなのかが変わります。



映像を見る限り、倒した瞬間、ゴールキーパーの身体の大半はペナルティーエリアの外に出ていますが、手や頭はまだペナルティーエリアの内側にあり、そのペナルティーエリア内にあった手で相手競技者を倒していると判断されます。つまり反則はペナルティーエリアの内側で行われたことになります。



ちなみに、「エリアの境界線を示すラインはそのエリアの一部である。(競技規則 第1条)」 なので、エリアの境界線上であってもペナルティーキックとなります。



続いて、決定機の阻止に該当するのかどうか。



決定的な得点の機会の阻止と判断するためには、競技規則の第12条に書かれている、

• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数


の4項目すべてを満たしている必要があります。



米国プロ審判協会の元記事では、上から3つめの項目までは「全く問題なし」とし、4つめの項目つまり2人のディフェンダーがボールをインターセプトできた可能性について少し検証していますが、やはり4つめの項目も「問題なし」と結論付けています。



従って、ゴールキーパーは相手競技者の「決定的な得点の機会を阻止した」ということになります。



以前は、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止した競技者には退場が命じられていましたが、2016/2017年度の改正で、例外規定が設けられました。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

得点、または、決定的な得点の機会の阻止

(中略)
競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される:
• 相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合。あるいは、
• 反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者がボールに挑む可能性がない。あるいは、
• 反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例えば、著しく不正なプレー、乱暴な行為など)。




今回のケースの場合、3つの項目のうち、一番上と一番下の項目は否定されるので、真ん中の項目にあてはまるのかどうか、ということを元記事では検証しています。



ゴールキーパーの手は、ボールをプレーしようとしたのか、それともボールに挑む可能性はゼロに等しい状況に陥っていたといえるのかどうか。



詳しくは、元記事をご覧いただければと思いますが、主審はゴールキーパーがボールをプレーしようとした、あるいはボールをプレーできる可能性があった、と判断した様子。この判断に対して、プレー再開前(ペナルティーキックが行われる前、判断の変更が認められる最終期限)にボールをプレーしようとしていたと判断することに若干の疑問を抱いていた副審1と第四の審判員が主審をインカムで本部のところに呼んで対面して協議しています。(これを米国プロ審判協会は絶賛しています。)



以下、米国プロ審判協会の見解を意訳して載せておきます。



スロー映像で見るとゴールキーパーの「左手」は確かにボールではなく相手競技者にのみ向かっているように見えます。しかし、一連の流れとしてゴールキーパーはボールを手で扱おうと試みたが、ボールには触れることが出来ず、結果として相手競技者にのみ触れて(倒して)しまった、と言える。



今回の改正で追加された競技規則の文章に関しては、「ボールをプレーしようとする試みがどのよのようにうまくいったか」については判断する必要はありません。



今回の改正の一般的な考え方としては、「主審は守備側競技者がボールをプレーしたかどうかが不明な場合やプレーできる可能性があったならば、示すべきはレッドカードではなくイエローカードである。」




と解説しています。



で、最終的に、元記事では
According to Law, the default setting of the referee in such a scenario is to issue a yellow card.
「競技規則によると、このようなシナリオでのレフリーのデフォルト設定は、イエローカードを提示することです。」

と結論付けています。



ということで、正解は
5)ペナルティーキックを宣告し、ゴールキーパーを警告する。
となります。



私自身は改正後、「ゴールキーパーがエリア内で相手競技者を微妙な形で倒してしまって決定機を阻止したらどうしよう?」と思っていたのですが、この元記事の解説を読んで、「かなりスッキリ」した気がします。



この記事をご覧になっている方も「スッキリ」していただけたのなら良いのですが・・・。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 6: DOGSO - Law change



☆ 関連記事 ☆

「(問題)1対1になったゴールキーパーがペナルティーエリアの外で相手競技者を倒してしまったがボールはゴールに入った、さぁどうする?」









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
記事とは関係のない質問です…
初めて質問させていただきます。
私は以前youtubeで、スピードを伴って両足が宙に浮いており、過剰な力が働いているタックルはレッドだと上川徹さんが仰ってる動画(競技規則スタンダード)を見たことがあります。
ここで質問したいのは、そのようなタックルをし且つ相手競技者に接触があったらレッドなのか、もしくは接触がなくてもそういうタックル自体をしたらレッドなのか、です。
ラモスのはメッシに接触してるので赤だと思いますが、仮に接触がなかったとしたらどうなのかなと思いまして…
どうか教えてください。お願いいたします
2017/04/26(水) 08:48:24 | URL | サッカー勉強中 #- [ 編集 ]
悩み解決かも
これくらいはイエローでいいんですね。レフリーの主観なところですから。
今のところ私はこの映像を基準にしようと思います。かなりスッキリです。
2017/04/26(水) 19:35:29 | URL | Sです(笑) #- [ 編集 ]
Re: 記事とは関係のない質問です…

サッカー勉強中 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ここで質問したいのは、そのようなタックルをし且つ相手競技者に接触があったらレッドなのか、もしくは接触がなくてもそういうタックル自体をしたらレッドなのか、です。

あくまで「過剰な力」ですので、接触が必要以上の力で行われた場合にレッドカードが提示されます。もし、接触がなくて、接触していたら大変なことになっていたという場合、その競技者は「危険な方法でプレーした」としてイエローカードで警告されます。(反スポ)

昨年の改正で、競技規則から文章が削除されてしまいましたが、競技規則の「危険な方法でのプレー」のとことには、
「危険な方法でのプレーには、競技者間の身体的接触がない。身体的接触があった場合、 直接フリーキックやペナルティーキックで罰せられる反則となる。」
という文章がありました。改正で競技規則から消えてしまいましたが、この考え方には変化はありません。




2017/04/26(水) 21:19:19 | URL | tom3 #8M5qpgQ6 [ 編集 ]
Re: 悩み解決かも

Sです(笑)さん、いつもコメントありがとうございます。

> これくらいはイエローでいいんですね。レフリーの主観なところですから。
> 今のところ私はこの映像を基準にしようと思います。かなりスッキリです。

GKが抜かれそうになって、ボールにチャレンジしようとしたものの、相手競技者の「太もも」に手が当たったような場合でもイエローで良いような気がします。

ただ、最初から相手競技者を止めるために「太もも」を押さえたのであれば、レッドになると思いますが。



2017/04/26(水) 21:26:38 | URL | tom3 #8M5qpgQ6 [ 編集 ]
tom3さん
お答えいただきありがとうございます!

なるほど、反スポなのですね。気になっていたことが解決してスッキリしています。とても理解しやすい説明でした。
また判定基準などについて質問させてもらうかもしれませんが、その時はよろしくお願いします…
2017/04/27(木) 09:33:02 | URL | サッカー勉強中 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2748-7e56f851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック