3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/05/05) 主審 × 1.0 イエローカード1枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、三男の部活の練習試合会場に立ち寄って、主審を1本担当。B戦だったので、試合時間は20-5-20。



前半、フリーキック時に、ファウルを犯した選手が10ヤード離れていない状態で、クイック気味に蹴られたボールに足を出してブロックしてしまい、フリーキックをやり直させることになったため、遅延行為としてイエローカードを提示して警告。



う~ん、ルールを知らないようだ。(つい先日もこのパターンでイエローカードを出したばかり。)



後半、その選手がボールを手で所持しているゴールキーパーの前から離れようとしないというか、つきまとい始めた。そのままパントキックの動作を邪魔しようものなら、2枚目のイエローカード(危険な方法でのプレー)とレッドカードを提示しなければならなくなるので、強い口調で「〇〇番、離れなさい!」と注意。



その選手はそのまま、素直にゴールキーパーから離れたので、カードは提示しなかったものの、とりあえずそのあとの声を掛けられるタイミングで、注意を実施。



アドバンテージの適用は3回ほど。うち1回だけロールバック。



ロールバックしたシーン。



左のSBクの選手は体格の良い選手だった。(1人だけ1頭身大きいという感じ)この選手がボールをプレーし終えた瞬間、相手チームのFWの選手がアフターでチャージしたものの、アフターでチャージした選手が弾き飛ばされる形になった。SBの選手がパスしたボールが左MFの足元に入ったことを確認した時点で、アドバンテージをコール。



しかし、左MFの選手はすぐに相手チームの数人の選手に囲まれてしまい、あまり有利な状況とは言えない状態になってしまったので、笛を吹いてロールバックを宣言。



元のアフターチャージがあった場所からフリーキックで再開した。



それから、試合の序盤にPKを1本。



相手攻撃側競技者がゴール前に放り込んだボールがDFの足に当たったあと、身体から少し離れた状態にあった左腕に当たったためPKを宣告。



で、キッカーを確認し、ゴールキーパーがゴールライン上に留まっているのを確認し、ゴールキーパーに対してボールが蹴られるまでゴールラインより前に出ることができないということを伝えたのち、その他の競技者がペナルティーエリアおよびペナルティーアークの外に出ていることを確認して、最後に副審のスタンバイ状況を確認するといういつものルーティーンをしたところで、副審を務めてくれている選手がまだタッチライン上に留まっていることに気が付いた。



「あ¨っ」と思ったのと同時に、「練習試合のしかもB戦なので、APT確保優先!」と判断して、ペナルティーキックを開始するための笛を吹いた。



選手が副審をしているということをしっかり認識していれば、キッカーの確認をしてゴールキーパーと対話する前に、副審をペナ角まで誘導するという作業ができたハズなのに・・・。反省。



といったところが、本日の主な内容。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
遅延行為
遅延行為ではなく規定の距離違反ですよね?
2017/05/06(土) 09:14:58 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
FKの妨害とインターセプト
いつも勉強になる内容を配信していただき、ありがとうございます。
FKを妨害するとインターセプトの違いについては、競技規則の改正点の詳細や質問と回答の記載から、クイック気味のFK後に離れていない相手競技者が、けられたボールに反応してプレーした場合は、(それが奪われるというリスクを負った)インターセプトと理解していましたが、間違えでしょうか?(例、相手競技者が、キッカーに正対して離れようとしている時にFKが行われ、そのボールに反応(足を出す、ジャンプするなど)してボールに触れ、保持した。)

「審判記録 (2017/04/23) 主審 ×1.0 イエローカード1枚」の内容とともに、ご教示いただけれと思います。
2017/05/06(土) 10:41:15 | URL | 愛読者 #- [ 編集 ]
Re: 遅延行為

ブラック さん、いつもコメントありがとうございます。

> 遅延行為ではなく規定の距離違反ですよね?

「(10ヤード以上)離れなさい」といったにもかかわらず離れようとしない、あるいは10ヤード以上離れていた選手が、クイックリスタートを妨害する目的でボールのすぐ前に立ちふさがって相手競技者に蹴る動作に入らせなかった、というのであれば「距離違反」になると思います。

今回の場合、キック自体は行われていて、そのキックを妨害しているので、競技規則の第13条の違反と罰則

「フリーキックを行うとき、相手競技者が規定の距離よりボールの近くにいる場合、アドバンテージが適用できる場合を除いてキックは再び行われる。ただし、競技者がフリーキックをすばやく行って、ボールから9.15m(10ヤード)離れていない相手競技者がボールをインターセプトした場合、主審はプレーを続けさせる。しかしながら、相手競技者が意図的にフリーキックを妨害した場合、その競技者はプレーの再開を遅らせたことで警告されなければならない。 」

にある通り、意図的にフリーキックを妨害した→アドバンテージは適用できる状態にならなかった→キックはやり直しになった→プレーの再開を遅らせた→遅延行為で警告、という判断です。




2017/05/06(土) 23:26:54 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: FKの妨害とインターセプト
愛読者 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> FKを妨害するとインターセプトの違いについては、競技規則の改正点の詳細や質問と回答の記載から、クイック気味のFK後に離れていない相手競技者が、けられたボールに反応してプレーした場合は、(それが奪われるというリスクを負った)インターセプトと理解していましたが、間違えでしょうか?(例、相手競技者が、キッカーに正対して離れようとしている時にFKが行われ、そのボールに反応(足を出す、ジャンプするなど)してボールに触れ、保持した。)

まず、大前提として、フリーキックが行われる場合、既定の距離離れていない相手競技者はボールに対して能動的なアクションはとれません。

競技規則の言うところのインターセプトは、ボールに対して動いたのではなくボールから離れようとしているところに蹴られたボールが来たために足にあたってプレイエリア内に収まったというケース、あるいはフリーキックを行った競技者が相手競技者が既定の距離離れていないという理由で主審からあわよくば警告されることを狙って、ワザとその競技者に向けてボールを蹴ってぶつけたような場合です。

ボールに反応して動く行為はインターセプトではなく妨害とみなされます。


この件に関しては、以前の競技規則のほうが分かりやすく書かれていたので、ご紹介しておきますね。



競技規則(2006/2007年度版) Q&A 第13条 フリーキック

Q.8  フリーキックが与えられ、競技者は素早くキックした。ボールから9.15m以内にいる相手競技者がボールをインターセプトした。主審のとるべき処置は何か?

A.8 主審はプレーを続けさせる。

 
Q.9 フリーキックが与えられ、競技者は素早くキックした。ボールの近くにいる相手競技者が意図的にそのキックを妨害した。主審のとるべき処置は何か?

A.9 プレーの再開を遅らせたことにより、その競技者に警告を与えイエローカードを示す。



2017/05/06(土) 23:43:28 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: FKの妨害とインターセプト
ご説明ありがとうございます。小学生チームの面倒も見ていますので、子供たちにも共有させていただきます。
2017/05/07(日) 06:46:40 | URL | 愛読者 #- [ 編集 ]
質問です
はじめまして、私も毎週審判活動を行っている3級審判です。
プログをいつも拝見させていただき、勉強させてもらっています。ありがとうございます。
今回の内容で1点だけ、質問させて頂きます。
キーパーの前に立ってパントキックの妨げとなる行為が危険なプレー(私の勝手な解釈では危険なプレー=反スポ)でイエローカードの対象となっていますが、私の考えだと無謀に接触したわけでもないので、この理由でイエローにはならないのではと思います。
考えられる理由としたら、繰り返し注意したにも関わらず、同じことをやったので、繰り返しでイエローかなと思いました。
お手数おかけしますが、このプレーが7項目違反のどれに該当するのか、教えて頂ければと思います。
2017/05/07(日) 20:59:39 | URL | kenken #- [ 編集 ]
Re: 質問です

kenken さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> キーパーの前に立ってパントキックの妨げとなる行為が危険なプレー(私の勝手な解釈では危険なプレー=反スポ)でイエローカードの対象となっていますが、私の考えだと無謀に接触したわけでもないので、この理由でイエローにはならないのではと思います。

イエローカードとなる行為をカード提示しなかった訳ではありません。イエローカードを出す事態(=ゴールキーパーが負傷する)になると困るから、「離れなさい!」と注意を入れています。

身体的な接触を用いてパントキックの邪魔をしてしまったら、イエローカードを出さざるを得なくなるので、不必要なイエローカードを出さずに済ませるというゲームマネジメントを行っただけです。

イエローカードうんぬんというよりも、ゴールキーパーの安全を保障する目的のほうが強いのですけどね。

2017/05/07(日) 23:47:41 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ご回答ありがとうございます
ご回答ありがとうございます。
試合をコントロールする上での声掛けは大切ですよね。
私も不必要なカードは出したくないので、声掛けはしています。
プログの内容は、具体的な事例が記載されていますので、とても参考になります。特に映像はとても分かりやすいです。
これからも、楽しく拝見させていただきますので、よろしくお願いします!
2017/05/08(月) 12:33:25 | URL | kenken #- [ 編集 ]
Re: ご回答ありがとうございます

> プログの内容は、具体的な事例が記載されていますので、とても参考になります。特に映像はとても分かりやすいです。
> これからも、楽しく拝見させていただきますので、よろしくお願いします!

応援、よろしくお願いいたします。

2017/05/09(火) 01:00:14 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2758-29109460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック