3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/05/06) 主審 × 1.0 イエローカード1枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、知り合いの中学校の先生から依頼されて、3種の準公式戦の主審を1本担当。



試合時間は、30-5-30。正規の時間を満了しても勝者が決しない場合は、10分間(5-5)の延長戦ののちPK戦、という形で、試合の状況によってはフルオプションがつく可能性のあったのですが、正規の時間で勝者が決まってしまったので、オプションは全くつきませんでした。



試合開始早々、ボールをプレーし終えたある選手が顔面を押さえてうずくまった。私が見る限り暴力的な行為が行われたという印相はなく、相手競技者の手や腕が偶発的に触れたのかも(=ノーファウル)と判断し、そのままプレーを継続。



アウトオブプレーとなったところで、先ほどまで顔を押さえてうずくまっていた競技者(アウトオブプレー時には立ち上がっていました)のところに駆け寄って、ケア。



「〇〇番に殴られた。(コノ)ヤロー!」と、ちょっと苛立ちモード。「こちらで見ている限り、ファウル性は感じられなかったよ。だけど、注意してよく見ておくようにするよ。(相手競技者は)〇〇番で間違いないね?よく見ておくようにするから落ち着いてプレーしましょう。」と、少し選手を落ち着かせるような会話をして、当事者および他の選手にも冷静になるための時間をとった。



前半の途中、中央の選手から右サイドを駆け上がろうとするFW系の選手にやや長めのクロスが出た。相手左SBの選手の頭を越えて、右FWの選手がボールをうまく処理できればかなりのビッグチャンスになると思った瞬間、左SBの選手が左手でボールをはたき落とした。



笛と同時にダッシュし、途中でパンツの右後ろに入れてあったイエローカードを取り出しながら、すぐさま警告。( 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す、あ るいは、ボールを手または腕で扱う。(反スポーツ的行為))



この試合は練習試合じゃないんだってば。



PKも1本とった。



守備側競技者が、自陣ペナルティーエリア内で不用意に相手競技者をトリップしてしまった。ボールは直接ゴールの方向には向いておらず、ゴールラインのほうに流れていた。(守備側競技者がゴール側を切っていたので)



うまくゴールライン側に進路を取らせることができていたので、中に切り込まれないように対応すればよかったのだけれど、欲張って(?)伸ばした左足がボールではなく相手競技者の左足だけを引っかけてしまった、というもの。



プレーの方向および、守備側競技者の数と位置からレッドカードは否定。もしファウルがなかった場合、その選手をかわしてゴール側に切れ込んだとしてもゴールキーパーおよび他の守備側競技者が対応できる状態だったし、仮にゴール前にクロスを上げられていたとしても、複数の守備側競技者が対応できていただろうということで、イエローカード(反スポ)も否定。



ということで、懲戒罰はなし。



昨日のPKの反省を活かし、今日はゴールキーパーのポジション確認とインプレー前の飛び出しに対する注意を実施したあとに、きちんと副審がポジションについてくれていることを確認してから、他の競技者のコントロールを実施。



後半の出来事。



ボールをドリブルしている選手に対して相手競技者がハーフウェーライン手前でユニフォームを引っ張って邪魔をしようとしたものの、その選手はお構いなしにプレーを続けようとしていたため、大きな声で「プレーオーーン!」とコールしてアドバンテージを適用した。



しかし、ハーフウェーラインを越えたあたりで、別の2人の相手競技者に詰め寄られて、最終的にボールと身体の間に身体を入れられてボールを失ったため、ロールバックすべく笛を吹いたのと同時くらいに、その競技者が転倒した。相手2人に身体を寄せられていたので、少し不自然な体勢でグランドに手をついたかな、という印象。



手は不自然な方向に曲がったりはしていなかったが、本人はかなり痛がっていたので、顧問の先生をピッチ内に呼び入れて対応。結局負傷退場という残念な形になった。



試合中の出来事としては、そんなところなのですが、今日は選手の反応からして2つほどファウルを見逃したかも、という感じ。



1つは、完全に私のポジショニングの悪さが理由。争点との間に他の複数の競技者が入り込んでしまったために、大事な争点がよく見えなかった。見えなかったものに対して想像でファウル認定できないので・・・。



もう1つは、時間管理ができていなくて、予期せぬタイミングでの時計のバイブレーションに驚き、思わず争点から目を離して時計を見て、本部のほうに目を向けてしまった。正規の時間が終了する1本前までにアディショナルタイムを通知する約束になっていたのに、通知していなかったので、慌ててしまった。アディショナルタイムうんぬんよりプレーを優先させるべきだったのに・・・。



ということで、久しぶりに激しく反省。
orz








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2759-8153ca95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック