3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
事実を伝えていく ~サッカー発展に向けたレフェリングの理解促進~ JFA・テクニカル・ニュース vol.79 のコラムより


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






JFAの小川佳実審判委員長が、指導者資格保有者に隔月で郵送されるテクニカル・ニュースのコラムに寄稿された文章の紹介です。



以下、JFA・テクニカル・ニュース vol.79(2017年5月25日発行) のコラムより転載



----- これより 転載 -----



 2017/2018競技規則の改正において、「プレーに関する事実についての主審の決定は、得点となったかどうか、また試合結果を含めて最終である(第5条・主審)」という条文の後に、「主審およびその他すべての審判員の決定は、常にリスペクトされなければならない」という文章が新たに加わりました。この文章がなぜ加わったのかを考えてみます。



 近年、トップレベルの試合ではテクノロジー(ビデオアシスタントレフェリー:VARs)や追加副審が導入され、判定に対する要求水準が高まり、また多くの試合において映像で事象を確認できる環境が整ってきました。そのため、より多くの人が映像を通じて判定の正誤について厳しい目で見る、また判断する機会が増えました。特に、誤った、または誤ったと思われる判定を下した審判員が批判に晒されることが世界的に見受けられるようになりました。こうした点から前述の文章が加えられたのではないでしょうか。また、クラブ・チームに不利となるような判定があった場合、その判定について、メディアからさまざまな意見が発信され、時には審判員個人が批判されることがあります。さらに、審判員の判定が適切、または受け入れられるべきものであるにもかかわらず、あたかも「間違っていた」かのような報道がなされたり、審判員個人がターゲットになってしまうことがあるのも事実です。こうしたことが続けば、審判員として活動する人がたちがサッカーファミリーから離れていってしまう、またサッカーに必要な審判員になる人がいなくなってしまうことが起こり得ることも考えなければなりません。



私たちは、これらの原因について、私たち自身に目を向けていくことにしました。これまで審判サイドからどのようなアクションを起こしてきたのか。すなわち、競技規則の理解やレフェリング・判定の解釈を深めてもらえるような情報の開示をどのようにしてきたのかという自分たちへの問いでした。答えとしては「いいえ」と言わないとしても、「十分ではなかった」ことは確かであり、組織として必要な時に審判員を守ってあげられなかったこともありました。”守る”という言葉は閉鎖的に聞こえるかもしれませんが、これまでの対応の”守る”が情報を出すことに消極的だとすれば、これからは情報を積極的に出すことで審判員を”守る”という方向に考え方を変えていくことが必要だと考えました。しかしながら、この対応は、常に「審判員の心情と状況」を理解すること、またクラブや選手へのリスペクトを忘れないことを大前提に取り組んでいくことが大事になります。



これらを踏まえ、JFA審判委員会では2017シーズンより次の3つの取り組みを始めました。


①メディア
 情報の発信元であるメディア関係者に対して、定期的に(少なくとも月1回)、レフェリングについてのブリーフィングを実施します。Jリーグの試合を中心に事象を抽出し、映像を用いて審判員が判定するまでの経緯や考慮点について説明し、重要な判定技術およびその難しさを判定の正誤とともに伝えています。これによりメディア関係者の競技規則やレフェリングについての理解が深まり、より適切な発信が期待されます。

②ファン・サポーター
 サッカーを応援していただくファン・サポーターに向けに、Jリーグ全クラブ、日本フットボールリーグ(JFL)の選手や監督とシーズン前に共有している「競技規則スタンダード」をJFAとJリーグのホームページ上に掲載しました。これにより、判定がどのようになされているのか、またその判定を行うことの難しさや判定そのものの理解を深めてもらうことにつながります。Jリーグの試合で起こった事象について、開示したスタンダードをもとに、ファン・サポーターの方々の間で判定とレフェリングについてより深く考えてもらえることを期待しています。

③Jクラブ
 Jリーグや天皇杯において、試合後のクラブの申し出に基づき、クラブ関係者と審判アセッサー(RA)で重要な事象(PK、得点、退場、オフサイド)について意見交換を実施することになりました。RAが審判員の見解・解釈を確認した上で、クラブ関係者と映像を見ながら、競技規則をもとに判定の正誤を含めてその事象を説明します、これにより、事象に対する審判サイドの見解がすぐに選手や監督に伝わり、次の試合に臨んでもらうことが可能になります。また、審判にとっても解決すべき課題について、該当する審判員、必要に応じて審判員全体に次の試合までに伝えることができます。



審判サイドからレフェリング・判定について「事実を伝えていく」ことは、ある意味、チャレンジだと思います。それは、敗戦した、さらに判定から不利益を被った、また被ったと思われるクラブ・チームの関係者の方々と向き合うことになるからです。しかしながら、サッカーをより良いものにする、また発展させていくためには、フィールド上に立つ”選手と審判員”に直接関わる関係者が真摯に向き合っていくべきです。地域や都道府県においても、可能な限り技術と審判の双方の関係者が向き合い、事実を伝え、リスペクトを持って理解し合うことに取り組んでいただけることを期待しています。



----- 転載 ここまで -----









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/07/03(月) 00:37:39 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/07/03(月) 00:43:24 | | # [ 編集 ]
Re: タイトルなし

ブラック さん、いつもコメントありがとうございます。

私を指導してくださっているインストラクターあるいは上級審判員の方々に万一ご迷惑がかかるようなことがあるといけないので、このブログは匿名・匿住所で書かせていただいております。

いただいたコメントには、所属を絞り込むような情報が書かれているため、公開は差し控えさせていただきますので、申し訳ありませんがご了承ください。

> すいません。
> 完全間違いでした。

9.15mですよね(笑)


2017/07/03(月) 23:52:54 | URL | tom3 #5OAEum2k [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2819-77b25f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック