3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
乱暴な行為のサンプル(その2)(2017 J3 第16節 栃木 vs 富山)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ












2017明治安田生命J3リーグ 第16節 退場に伴う窪田 良選手(富山)の出場停止処分について

【処分理由】
2017年7月8日(土)2017明治安田生命J3リーグ 第16節(栃木SC vs カターレ富山)の試合において 窪田 良選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の意図的に相手選手の顔に手の平を乱暴に打ちつける行為は、「乱暴な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止処分とする。




「乱暴な行為」としての処分ですか・・・。競技規則の勉強会などで、
「『乱暴な行為』というのは、競技者がボールに挑んでいない場合ですよ。ボールに挑んでいる場合は『著しく不正なプレー』になりますよ~」
というような説明を受けた記憶があるので、個人的には「著しく不正なプレー」として処理すべきじゃないのかな、と感じています。



競技規則を確認しておきます。

競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

乱暴な行為

乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。
加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したこ とになる。




ちなみに、この乱暴な行為の条文の前に、

著しく不正なプレー

相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。 いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、 相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。


と書かれています。



ほら、最初の文章に
粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。
とあるので、こちらの文章の適用で問題ないと思うのですが・・・。

(乱暴な行為の条文に、「競技者がボールに挑んでいる、いないに関わらず」とあれば、乱暴な行為の適用で問題ないと思うのですが。)


この試合の公式試合データはこちら。
2017 J3 第16節 栃木 vs 富山


上記GIF動画の元になっている、カターレ富山の公式アカウントのハイライト映像はこちら。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
ボールに挑もうとしているのは相手競技者であって、競技者は既にボールを支配下に置いている中で乱暴な行為を行った様に見れます。いかがでしょう。
2017/07/14(金) 13:02:38 | URL | t #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

t さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ボールに挑もうとしているのは相手競技者であって、競技者は既にボールを支配下に置いている中で乱暴な行為を行った様に見れます。いかがでしょう。

既にボールを支配下に置いた状態をボールに挑んでいない状態と考えるのも、アリかもしれませんね。

ただ、今回の問題となっているシーンにおいては、窪田選手は後方からのボールを自分のコントロール下に置く前に、自分が相手競技者よりも優位な位置にポジショニングできるようにするために、相手競技者を叩いているというのが私の見立てです。





2017/07/14(金) 22:48:37 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
確か、意図的に相手を殴った場合はボールに挑んでいるか否かは関係なく、乱暴な行為として処理をすると理解してましたが、間違っていますでしょうか?

引きの動画を見るとわかりにくいですが、腕を振り上げる前に後ろを振り向いて相手の位置を確認しているように見えました。
なので、腕の高さをどの程度上げたら顔面に当たるかどうか把握できているにも関わらず、顔の高さに腕を上げて顔面を殴ったことは意図的に行った。とされ、乱暴な行為として処理されたと感じましたがいかがでしょうか?

アップの動画が腕を振り上げた瞬間からしか写っていないので、本当に振り向いたかどうかの確認が難しいかと思いますが。。
2017/07/18(火) 15:15:15 | URL | はろ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

はろ さん、いつもコメントありがとうございます。

> 確か、意図的に相手を殴った場合はボールに挑んでいるか否かは関係なく、乱暴な行為として処理をすると理解してましたが、間違っていますでしょうか?

近いうちにインストラクターに会う予定があるので、確認してコメントさせていただきますね。


2017/07/19(水) 00:19:03 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2830-7d39876c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック