3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2017/07/16) U10


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、午前中は三男の部活の配車当番だったため、団の練習には1時間少々遅れて参加。このところ、三男の部活の帯同など審判活動が続いていたため、久しぶりの練習参加。



5&6年生が試合で不在だったため、1~4年生のみの練習。1年生はIコーチ、2年生はSコーチ、3&4年生はKコーチがそれぞれ担当していた。



2時半ころから、3&4年生の練習を担当しているKコーチのサポートに回った。本日の3&4年生の参加は8名。



サポートに回った時に行っていたメニューは、ボールトラップの練習。ボールを追ってくる相手競技者の動きを見ながら、その相手競技者のいないほうにボールをトラップして、そのからドリブルを開始する練習。



どうやら前回のリーグ戦で、ゴール前に供給される相手チームの縦パスをうまく処理できずに、そこでボールを奪われ失点するというパターンが多かった様子。



練習でも、ボールを追って走ってくるFW役の選手のいるほうに、どうぞとばかりにボールをトラップしている。恐らく何にも考えていないのだと思う。



とにかく前から来たボールを止めることだけを考えているので、次に自分が何をしたいのか、そのためには今何をすべきなのかという考えはない、という感じ。



ということで、相手FWが来ていない方向にトラップすることや、キックフェイントなどもkコーチと一緒にデモしながら説明し、繰り返し練習。



う~ん、わが団の選手は相手選手を騙そう、とか相手選手からボールを遠ざけてあげよう、とかという意地悪なことをするのが苦手な素直な心優しい選手が多いようだ。困ったものだ(笑)。



途中私は、今年度から入団し、ボールトラップがまだまだうまくできない選手にちょっと個別指導を実施。



午後3時30分から、ミニゲーム。kコーチと私も入って、5対5で実施。



練習終了、4時15分。



サッカーで、子どもの「考える力」と「たくましい心」を育てる方法 -最新の心理学で分かる! -
中山 雅雄(筑波大学准教授・蹴球部総監督 JFA指導者養成サブダイレクター)
マイナビ出版 (2016-03-26)
売り上げランキング: 365,333





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2831-47ed8eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック