3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
目から鱗。こんな「繰り返し」もあるのですねぇ~ ・・・ Play of the Week 2017 Week 19


8周年記念週間につき、バナークリックの協力をいつもより強めにお願いしています。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をお願いいたします





競技規則の第12条「ファウルと不正行為」の「警告となる反則」の中の項目の1つに
・繰り返し競技規則に違反する」というものがあります。



その項目には
”繰り返し”の定義に明確な回数や違反のパターンはない。
という但し書きがついています。



「繰り返し」として警告されるケースとしてよくあるのが、同じ競技者が比較的悪意性の高い反則(例えば、相手競技者を後ろから押したり、相手競技者の腕をつかんでプレーや進行の邪魔をしたり、ラフプレーすれすれのファウルなど)を繰り返しているようなケースです。



それから、主審が競技者の反則に対してアドバンテージを適用してプレーを継続させている最中に、その同じ競技者が再び反則を犯した場合(例えば、相手競技者の腕を引っ張ってプレーの邪魔をしたために主審がアドバンテージを適用しプレーが継続となったが、再びその選手が相手競技者に追いつき今度は後方から押し倒してしまった、といようなケース)に、「繰り返し」として警告されます。



今回、米国プロ審判協会が紹介しているのは、ちょっと違う「繰り返し」です。



白のユニフォームの10番の選手に着目して下の2つの映像をご覧ください。






このパターンの『「繰り返し反則する」で警告するぞ』という厳重注意は、初めて見ました。(白の10番の選手は、相手チームの様々な選手から反則されています。)



並外れた能力の持ち主でゲームを組み立てることができる中心選手は、相手チームの選手から徹底的にマークされることになります。徹底的にマークされてもそれがフェアなプレーで行われていれば、まったく問題がありません。




しかしながら、様々な選手からアンフェアな反則を受ければ、その選手の負傷のリスクは増大します。すべての選手が安全にプレーできる環境を保証する義務を負っている主審として、何ができるのかということを考えると、先の映像の主審のような対応もありですね。



主審の見事なゲームマネジメントにより、試合の最終局面でも、白の10番の選手は相手チームの競技者から不当なファウルを受けることなくプレーすることができたようです。





私もいつか、徹底的にマークされてファウルを受けてばかりで傷みが激しい選手を見かけたら、
「この選手に対してこれ以上反則をした選手には、(繰り返し違反したという理由で)イエローカードを提示します!」
というようなゲームマネジメントができるようになりたいものです。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 19: Persistent infringement



8周年記念週間につき、バナークリックの協力をいつもより強めにお願いしています。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力をお願いいたします



 




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
目からウロコのような新しい「繰り返し」ですね。
たしかにこれも立派な繰り返しによる反則ですね。
ナイスマネジメントです!


これがもっと広がって行けば、メッシやクリロナ、昔だとファンバステンに対する厳しい反則がなくなって、選手生命が伸びるといいですね。
2017/08/01(火) 11:48:23 | URL | はろ #b/nd1.9. [ 編集 ]
Re: タイトルなし

はろ さん、いつもコメントありがとうございます。

> これがもっと広がって行けば、メッシやクリロナ、昔だとファンバステンに対する厳しい反則がなくなって、選手生命が伸びるといいですね。

こういうレフェリーのゲームマネジメントが一般的になり、ゲームメイクする選手が度重なるファウルを受けて傷んでいって最終的には負傷退場してしまう、というようなゲームが一切なくなる日が来るといいのですが。


2017/08/01(火) 23:43:19 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2845-010da0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック