FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ゴールキックの際のボールの置き場所
 

 

ゴールキックの際のボールの置き場所について、現在の競技規則では「ゴールエリア内であればどこに置いてキックを行なって構わない」というように規定されています。

 

競技規則を確認します。

 

競技規則 第16条 ゴールキック

進め方

●ボールは、ゴールエリア内の任意の地点から守備側チームの競技者によってけられる。

(後略)


 

任意の地点なので、「角に置かなければならない」とか「ゴールエリアラインに接していなければならない」なんてことはありません。

  

昔、私がサッカー選手だった頃は、ゴールキックもコーナーキックのようにボールがゴールラインを割った場所に応じて、ゴールエリアの右側あるいは左側に置いて蹴っていたような記憶があります。

 

ネット上でも「昔は右側/左側で区別して再開(ゴールキック)していた。」という書き込みをいくつか見つけることができるのですが、いつ頃のルール改正で現在のような形になった、というようなところまで詳しく書かれているページは、見つけることができませんでした。

(2013.08.22追記。
どうも1992年の改正で、ゴールエリア内の任意の場所からキックできるようになったようです。右半分側から開始しなければならないのをわざと左半分側から開始して、主審にやり直しを命じさせて時間を稼ぐような行為をなくすためのようです。)


 

実は、過去記事の「昔と大きくルールが変わっているところ」の記事を書いた時にも、この件を記事本文に載せようかどうしようか悩んだのですが、「裏取り」ができなかったので、載せませんでした。

 

では、なんで今回記事にしているか、というと、もしかしたら、古いルールの記憶のままの方がいるかも、ということで書いています。

 

3種(中学生)くらいになると、キック力が出てくるので、わざわざボールを動かすというようなことをせず、ボールを置いたほうとは逆のサイドに蹴る、といったことがあります。

 

しかし、U10~12のカテゴリーでは、キック力かないので、右サイドに相手選手が集中していて比較的左サイドの味方のほうが手薄だと思ったら、急いでボールを逆サイドに持っていって、ゴールキックを行なう、というようなことが偶にあります。

 

このとき、ボールが出た側のほうにボールをセットしなければならない、というような理由で、ゴールキックの再開を妨げてしまうようなことがないようにお願いいたします。

 

ただ、勝っているチームが、「明らかに時間を稼ぐために」のんびり逆側のゾーンからゴールキックを開始しようとしているような場合は、早く再開することを促す必要があります。場合によっては「遅延行為」として、キッカーを警告する必要もあります。 

 

ちなみにですが、コーナーキックの場合は、ゴールラインをゴールの中央で半分に分け、ボールが右側のゴールラインを割った場合は、右側のコーナーアークからのキックでリスタートとなります。(これは昔も今も同じです。)


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

ゴールポストに当たったときの音
日本エンタープライズ株式会社 (2014-02-05)



☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/293-e2248937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック