FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2018/02/25) 副審 × 2.0



昨日の更新で触れましたが、審判資格の更新手続きは完了しましたか?


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 手続きが完了した方も、まだ完了していない方も、クリックのご協力を。




所属する地区の協会から派遣されて、本日は2試合の副審を担当。2試合合わせて170分というかなりハードな割り当て(笑)。



1試合目。

1種(社会人)の市区町村大会の試合で、80分(40-5-40)ゲーム。主審(3級)、反対側の副審(2級)という審判団。私は交代管理を担当しなくてはならない側の副審(A1)だったので、交代が多いと大変になるなぁ、と思っていたら、試合前に提出されたメンバー表には交代要員が1名づつしか記入されていなかったため、ちょっと安心。



実際には片方のチームしか選手交代を行わなかったし、しかも私がたまたまハーフウェーラインに近い位置にいた時に交代することになったので、ダッシュでハーフウェーまで走ってきて交代手続きを実施しなければならないということもなかった。



私の担当するサイド側で比較的得点シーンがあったのだけれど、ほとんどがオフサイドを含む反則の判定が要求されるものではなく、クリーンなゴールが多かった。1本だけゴールキーパーから跳ね返ったボールを攻撃側選手が押し込んだケースがあったものの、オフサイドの判断のもとになる最初のシュートの時点ではオンサイドにいた選手だったので、主審としっかりアイコンタクトをとってゴールの合図。



ということで、特に大きな問題もなく試合は終了。



会場を移動して、2試合め。



こちらも1種(社会人)の試合。こちらは都道府県大会の試合で、試合時間は90分(45-15-45)ゲーム。途中でふくらはぎを痙攣させてしまうと大変なことになるので、試合前に



を服用。



先日、コメント欄で、「即効性があり、攣った後でも効くとのこと」と教えていただいたのと、昨夜就寝前に服用したものの、今朝服用するのを忘れていたので。



昨夜および、2試合目の直前に服用したこともあり、ふくらはぎは170分間の激務(?)に耐えてくれました。



この試合は、主審が2級、反対側の副審は3級という組み合わせ。私はA2担当だったため、直接交代管理をすることはなかったのだけれど、試合前の打合せで、主審より審判団全員が交代の回数(登録7名までで5人まで)を含むチェックをしっかり実施してください、という依頼があったため、きちんと記録をとった。



本部担当(チーム)が置かれていたため、交代ボードでOUTになる選手の背番号を反対側にいる私にも見えるように掲示してくれていたものの、INになる選手の背番号は表示されず、選手のユニフォームの小さい数字を読み取るしか術がなかったので、ちょっと苦労。



カードもレッドカード(イエロー累積2)を含む5枚ほど提示されたので、記録カードには文字がてんこ盛り状態となった。



この試合、私の担当するサイドで何度かオフサイドの反則が発生。



試合前の打合せで、オフサイドのフラグアップは「(オフサイドの反則が)成立するまで確実に保留」するように主審から指示されていた。



後半の出来事。



攻撃が終了し、ボールがハーフウェーライン付近まで戻ったところで、攻撃側チームの中盤の選手がボールを奪取することに成功した。2人の攻撃側選手(2人とも左側に位置していた)が戻り切れておらず、オフサイドポジションにいた。中盤からその2人の選手のちょうど中央めがけて縦パスが通された。



オフサイドポジションにいた2人の選手のうち、中央寄りにいた選手は自分がオフサイドポジションにいたことを把握していたため、自陣側に戻り、見かけ上オンサイドのポジションに位置した。外側(左側)にいた選手は自分がオフサイドポジションにいたとは感じておらず、縦パスに反応してボールを追い始めた。



他にオンサイドから飛び出してくる攻撃側選手はおらず、見かけ上オンサイドにいる2番目にボールに近い攻撃側選手もボールに触れればオフサイドになるため、「オフサイドが成立した」と判定しフラグアップした。



しかしこのフラグアップに関して、3級インストラクターでもある主審からは「フラグアップが早すぎる」と指摘されてしまった。どうも主審には見かけ上オンサイドにいた選手も実はオフサイドポジションにいたということが分かっていなかった様子。(ま、当然と言えば当然なのですが。)



ということで、前述のような状況を説明したので、それ以上のお叱りを受けたわけではないのですが、確かに主審から見て見かけ上オンサイドに見えてしまう選手がいるような場合には、もう一段のwait&Seeをかけて、フラグアップを更に遅らせる、ということも必要なのかな、と。



ただ、あまり遅らせると、選手からは「オフサイドならもっと早く知らせろよ。無駄に走らせんなよ(怒)。」と言われそうな気もするので、そのあたりの「さじ加減」が難しいところではあります。



といったところが、本日の主な内容。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3050-b6c04024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック