3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2018シーズンの競技規則スタンダード(判定基準)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




今シーズンの競技規則スタンダード(判定基準)も、ネット上にUPされました。毎年Jリーグの開幕前にこの競技規則スタンダードは作成され、Jリーグの各クラブや報道機関向けには公開されていましたが、昨年からその一部が一般にも公開されるようになりました。(詳しくは、下の過去記事をご覧ください。)



12分弱の映像ですので、ぜひご覧になってご自分の判定基準作りの参考になさってください。



上の映像に含まれているトピックの中から1つだけピックアップして紹介しておきます。



このブログ上でも何度も取り上げているのですが、現場でよく「ボールに先に触れているのだから反則ではない」と考えてプレーしている選手あるいはそのような指導をしている指導者をみかけます。



例え先にボールに触れていても、そのアプローチの方法に相手競技者への配慮がない場合は反則であり、その際過剰な力が用いられたと判断されれば「退場」もあり得るということを広く知っていただきたいと思っています。上の映像から、その解説の部分だけを取り出してGIF化しておきます。(GIF化の制限のため、前半少し欠けていますが。)





猛烈ではあるが正当なタックルなのか、相手競技者の安全に配慮していない危険なタックルなのか。審判を担当する我々は、しっかり見極められる目を養う必要があります。

過去記事 
「ボールに先に触れても反則(退場)となるケース … 2011 Referee Week in Review - Week 21 (米国サッカー協会)より」
「猛烈ではあるが正当なタックル ・・・ 2010 Referee Week In Review - Week 19 の clip2 より」
をぜひどうぞ。



☆ 関連記事 ☆

「2017シーズンの競技規則スタンダード」

「2016シーズンスタンダードについて ・・・ 岡田正義(JFA審判委員会委員/トップレフェリーインストラクター)」

「2013シーズンスタンダード(判定基準)」








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
リクエスト
いつも大変有意義な記事をありがとうございます。いつも参考にしています。

本日は取り上げてほしい場面のリクエストでメールしています。もし差し支えなければお願いします。

25日のJ1リーグ第一節セレッソ大阪vs横浜Fマリノスでの一シーンです。前半柿谷がゴールネットを揺らしたけれどもオフサイドを取られた場面。映像を確認すると間違いなくオンサイドです。おそらく副審が本来ボールの位置がオフサイドラインであるにもかかわらず、中澤の位置がオフサイドラインだと勘違いしたために起きたミスだと思われます。

Jリーグタイムを見ていて、思わず「オフサイドじゃないじゃん」と叫んでしまいました。でも私も実は中澤の位置がオフサイドラインだと勘違いしていたのです。それでも柿谷と中澤は並んでいたからオフサイドじゃないんじゃないかと思ったわけです。仮に中澤の位置がオフサイドラインだとしてもあれくらいは取ってほしくないなというのが本音です。もしからすると柿谷がほんの少し出ていたかもしれませんが、あの場面で副審は100%自身を持ってオフサイドと判断できたのでしょうか?「疑わしきは罰せず」の原則に則って旗を揚げるべきではなかったと思うのです。ヨーロッパチャンピオンズリーグなどを見ていてもあれくらいはほとんど取ってないですよね。今回誤審ではすばらしいパスワークからのファインゴールが取り消されてしまったのが残念です。人間誰しもミスはあるので仕方がないのですが・・・

我々アマチュア審判でもやりがちなミスと思われますので、取り上げてもらえるとうれしいです。

オフサイドポジションの定義にこうあります。

競技者の頭、胴体、または足の一部でも、ボールおよび後方から2 人目の相手競技者より相手競技者のゴールラインに近い場合

この「ボールおよび」の部分をどうしても忘れがちになってしまうような気がします。

ちなみにツイッターで「柿谷 オフサイド」で検索するといろいろ出てきます。

長文失礼しました。
あたりまえですが、もし可能であればでもちろん結構です。いずれにしても自分が副審をするときは気をつけなければと思ったシーンでした。

少年サッカーを見ているとオフサイドを見逃す場面よりもオンサイドなのにオフサイドにしてしまっているシーンが多いような気がしています。

副審はどうしても仕事してる感を出したいのでしょうかね~(笑)自戒をこめて。いや本当に長くなってしまいました。ごめんなさい。
2018/02/27(火) 12:32:59 | URL | タロベー #8kSX63fM [ 編集 ]
Re: リクエスト

タロベー さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 本日は取り上げてほしい場面のリクエストでメールしています。もし差し支えなければお願いします。

昨日付けの記事でUPしておきましたので、ぜひご覧になってみてください。
必ずしもリクエストに毎回お答えできるとは限りませんので、あしからず。


2018/02/28(水) 00:48:14 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3051-441ee239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック