FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フラッシュラグ錯視を正しく処理できなかったのが原因ではないかな、と。(C大阪 vs 横浜FMの試合から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




コメント欄に情報をいただいたので。(柿谷選手のオフサイドの件です。)



正直なところ「判定ミス」だと思います。



審判員のブログですので、なぜ「判定ミス」が起きたのか、ということを少し推測してみたいと思います。



ネットでは、このケースの場合、オフサイドラインは「ボールの位置」であり、the second-last opponent(相手のゴールラインから数えて2人目の相手競技者で、今回のケースの場合は中澤選手)と勘違いして判定したのではないか、という指摘があるようです。



比較的審判経験の浅い方なら、そういうミスもあり得るかな、という気がしますが、J1を担当できるカテゴリーまでカテゴリーアップされた方が、そのような根本的なミスをするとうのは、3級になってもうすぐ10年になる私に言わせると、ちょっと考えられません。



試合終了直後の柿谷選手と作本副審の会話を聞き取ると、あくまで作本副審は「ボールの位置と柿谷選手の位置を比べて柿谷選手がちょっと前だったと感じた」と話しています。


(音声をONにできる環境の方は、音声をどうぞ。)



じゃぁ、なんで「柿谷選手のほうが前に感じた」のか。



それは、副審が正しいオフサイドラインに着けていなかったことも原因の1つです。(その理由は後述します。)正しい位置に着けていなかったために、脳内で補正する必要が生じました。ボールが本当の意味でマイナスの(ゴールラインから遠ざかる、ハーフウェー側に戻る)ボールであったなら、恐らく判定を誤ることはなかったと思います。



ボールは真横よりやや斜め前に送られ、柿谷選手がボールを受け取った瞬間、柿谷選手があたかもオフサイドポジションにいたように見えるというフラッシュラグ効果(フラッシュラグ錯視)が起きています。このフラッシュラグを補正して正しくオフサイドを判定するトレーニングは、私が参加させてもらっている1&2級審判員の方々の合同自主トレでもテーマとしてとりあげて時々練習するメニューですので、上級審判員の方は、私なんかよりももっとトレーニングを受けているはずです。



にもかかわらず、なぜフラッシュラグ錯視を補正できなかったのか。



おそらくゴールキーパーが前方に大きく飛び出していたためじゃないかな、と。柿谷選手がボールを受けた瞬間、ゴールキーパーも前に飛び出していて、ゴールラインに最も近い位置にいたのが柿谷選手となっていることで、フラッシュラグがより強調された形になったように思います。



強調されたフラッシュラグ錯視に対する視覚の補正を、自分の位置の補正して判断しなければなりませんでした。(頭の中は補正だらけの状態。)



その結果、ラストパスが出た瞬間の映像を脳内でうまく再生処理しきれず、「ボールよりも柿谷選手のほうが前にいた」と誤認識につながったのではないかな、と。(もちろん、私個人の勝手な推測ですので、あしからず。)




さて、正しいオフサイドラインに着けていなかったことについてですが、ラストパスの1つ前のプレーの際、ディフェンスラインがオフサイドトラップをかけるような形(意図的か偶発的なものかは不明)になったため、作本副審はラインに合わせるべくハーフウェーライン側にサイドステップで移動しています。



次の瞬間、ディフェンスのギャップを突く短い縦のスルーパスが出たため、ほんの少し作本副審が逆を突かれた形になります。時間にしてコンマ数秒なのですが、逆を突かれた分、遅れてしまっています。理想は常にオフサイドラインの真横ですが、現実としてはこの程度はやむを得ないところがあると思います。(主審はプレーを予測しながらある程度先回りしたポジションをとることができるのですが、副審はそれができませんので。)



審判員としては、その逆をつかれた形になってラインキープが若干ずれたところよりも、セレッソのディフェンディング・サードからの素早いカウンターに対応して、選手と一緒にハーフウェーからペナルティーエリアラインまで約36m(52.5m-16.5m)のダッシュのあと、選手の切り返しに即座に反応して停止した際、身体の軸がまったくブレていないことに注目してあげてほしいなぁ、と思います。(結構すごい技術なんですよ~。)



なぜこう見える? どうしてそう見える? <錯視> だまされる脳
新井仁之
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 76,543





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも楽しく記事を読んでます!
J1第1節 鳥栖-神戸 の試合で那須選手が開始2分でファウルをしイエローカードでPKになりましたが、決定機阻止でボールにチャレンジはしていなかったためレッドカードでPKではないのかと僕は思いました。
3級審判員さんはどう思いますか?
2018/02/28(水) 07:48:16 | URL | wata #- [ 編集 ]
リクエストの採用
ありがとうございました!
大変参考になりました。副審の技術も大変なものであり、あの判定をした方もすばらしい副審であることがわかりました。

ただ、残念なのは(私の想像ですが)「ボールよりも柿谷選手の方が前に出ているように見えた」という推測で(オフサイドラインにいなかったのだから推測にならざるをえない)、旗を上げてしまったことです。「疑わしきは罰せず」の原則に則って旗を上げない勇気を持っていてくれたらと・・・

この場面は微妙でもなんでもなくて、柿谷はボールよりかなり後ろにいましたから・・・
2018/02/28(水) 11:17:51 | URL | タロベー #8kSX63fM [ 編集 ]
Re: リクエストの採用

> ただ、残念なのは(私の想像ですが)「ボールよりも柿谷選手の方が前に出ているように見えた」という推測で(オフサイドラインにいなかったのだから推測にならざるをえない)、旗を上げてしまったことです。「疑わしきは罰せず」の原則に則って旗を上げない勇気を持っていてくれたらと・・・

「疑わしき」ではなく、フラッシュラグ錯視が起きて「明らかに上オフサイドに見えている」ものを脳内で「見かけ上オフサイドのように見えているだけ」と補正できなかった訳なので、ご本人としては「疑わしい」とは思っていなかったと思います。

フラッシュラグ錯視を補正するトレーニング(疑似的にフラッシュラグ錯視となる状況を作り、それを自分が実際にラインキープしながら判定し、あとでそれを撮影したビデオでチェックする)を何度か受けていますが、この錯視の補正って、かなり難易度が高く、正答率100%はまず無理です。

もちろん、1級審判員さんたちは、限りなく100%に近づけようと日々努力されているとは思いますが。



2018/02/28(水) 23:39:39 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: タイトルなし

wata さん、いつもコメントありがとうございます。

> J1第1節 鳥栖-神戸 の試合で那須選手が開始2分でファウルをしイエローカードでPKになりましたが、決定機阻止でボールにチャレンジはしていなかったためレッドカードでPKではないのかと僕は思いました。

那須選手の右手が相手選手の右肩に掛かっていますが、明確に引っ張っているという印象はなく、相手選手のプレーに大きく影響しているようにも感じられません。それよりも相手選手の左足が不自然に一瞬左に動いてから右に流れています。那須選手が相手選手の右後ろから左後ろに進路を変えた動きと連動しているようにも見えるため、その時に相手選手の足に足を当てた可能性が高いように見えます。

ボールをプレーしようと移動している最中に、相手をトリップさせた、という判断ではないでしょうか。


2018/03/01(木) 00:03:19 | URL | tom3 #8M5qpgQ6 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3052-cd1fbea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック