3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
PKの見極めなど … 2011 Referee Week in Review - Week 6 (米国サッカー協会)より
 

今日は、米国サッカー協会の 2011 Referee Week in Review の Week 6 の記事の紹介です。


Week 6 の内容は2つのプレーについての解説ですが、いづれも難しいです。難しいという意味は、現場で咄嗟に正しい判断を下すことができるのかなぁ、という意味です。


1つめが、ペナルティーエリア内での守備側のファウルについて。2つめがハンドリングのお話です。


http://www.ussoccer.com/News/Referee-Programs/2011/04/Referee-Week-in-Review-Week-6.aspx

☆追記 映像が直接埋め込めることが判明しましたので、上記アドレスの映像を記事に埋め込んでおきます。

 


 

1つめのペナルティーエリア内での守備側のファウルについて、主審が考えるべき2つの問題があるという解説がなされています。1つはファウルそのもので、もう1つはボールがフィールド上でプレーされる状況にあったかどうかということ。


「(PKを宣告するほどの)ファウルだったのか?」「そのファウルがなければ(ボールがラインを割らずに)攻撃側選手がプレーを継続できていたのかどうか?」この2つを見極めなさい、ということでしょうか。(2つめの文章はニュアンスが微妙に違うかも。)

 
米国サッカー協会の解説では、最初のビデオクリップのシーンでは「両方とも Yes 」なのでペナルティーキックという判断は正しい、という見解のようですが・・・。

 
私の感想は、「正直どっちにもとれるように見えるなぁ」という感じです。

 
守備側選手の足が攻撃側選手の足にかかっていてトリップしているようにも見えるし、大して足をかけられた訳ではないのだけれど攻撃側選手がうまく倒れてファウルをもらった(シュミレーションすれすれ)ようにも見えます。
 

そして、もしこのファウルがなかったとしても、ボールがゴールラインを割ってしまっていたようにも見えます。(ファウルされたあとでボールをプレーできたかどうかではなく、ファウルされた瞬間にボールがプレーできる状況にあったかどうか、というようなことが書かれていますが。)

 
ただ、明らかな誤審と批難されるレベルのものではなく、米国協会としては主審の判断を尊重する、という感じなのかなぁと。

 

さて、2つめのハンドリングの件ですが、守備側選手の「ハンドリングでペナルティーキック」という主審の決定には同意します。


でも、米国サッカー協会の見解である「(手を使うことで)自分自身を大きく見せる、つまり『不必要な位置にある手』」という理由には、ちょっと疑問です。
 

守備側選手は手で2度ボールに触れていて、最初のハンドリングはどちらかというと「体幹部を守るために手を移動させている最中に、至近距離から蹴られたボールが偶然手に当たった」ように感じます。
 

でも、その後当たったボールがまだ自分の手の近くにあったので、有利な状況を作り出すために、手でボールをコントロールした。つまりこの地点で、「手がボールの方向に動いた」という定義に当てはまり、「ハンドリング」の反則が成立したと、私は感じました。


競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ボールを手で扱う

競技者が手や腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である。主審は、この反則を見極めるとき、次のことを考慮しなければならない。

●ボールが手の方向に動いているのではなく、手がボールの方向に動く。
●相手競技者ろボールの距離(予期していないボール)
●手が不必要な位置にある場合は、反則である。
(後略)



さて、みなさんはビデオクリップを見てどう思われましたか?
 

あ、審判の判断や米国サッカー協会の見解が正しいとか正しくないとか、私の見方が違うよという議論をするつもりはありませんし、私の見方に対しての同意を求める問いかけでもありません。
 

ビデオクリップを見て、みなさんのレフェリング力の向上に役立ててください、という目的で、敢えて私が感じた率直な感想を書いているだけですので、ご了承ください。


 

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/314-bb7c5240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック