FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
日本代表 vs ベルギー代表(2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA ノックアウトフェーズ 2018.07.03)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



3点目をとってベルギーの戦意を喪失させておきたかったなぁ・・・。




FIFAの公式アカウントのハイライト映像はこちら。






この試合のFIFAの公式試合データはこちら。
日本代表 vs ベルギー代表(2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA ノックアウトフェーズ 2018.07.03)

Jリーグのサイトはこちら。
日本代表 vs ベルギー代表(2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA ノックアウトフェーズ 2018.07.03)

日本協会のサイトはこちら。
日本代表 vs ベルギー代表(2018 FIFA WORLD CUP RUSSIA ノックアウトフェーズ 2018.07.03)



Referee: DIEDHIOU Malang SEN
Assistant Referee 1: CAMARA Djibril SEN
Assistant Referee 2: SAMBA El Hadji SEN
Fourth official: GASSAMA Bakary GAM


Video Assistant Referee: ZWAYER Felix GER
Assistant Video Assistant Referee 1: BORSCH Mark GER
Assistant Video Assistant Referee 2: TURPIN Clement FRA
Assistant Video Assistant Referee 3: MAKKELIE Danny NED



マラン ディエディウ主審が提示したイエローカードは1枚のみ。



前半39分03秒付近。

日本代表7番(柴崎 岳選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー(反スポーツ的行為)。ベルギー代表10番(エデン アザール選手)の後方からアプローチしたタックルが「無謀に」行われた、という判断。
◦ 直接フリーキックとなる反則を無謀に行う。 (反スポーツ的行為)

◦ 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなければならない。



カードは出なかったけれど、カードが出てもおかしくなかったシーンを1つピックアップしておきます。



後半27分06秒付近。

ベルギー代表22番(ナセル シャドリ選手)の右サイドからのカウンターの際、日本代表14番(乾 貴士選手)が、手でナセル シャドリ選手を押さえるも振り切られて、マラン ディエディウ主審がアドバンテージを適用したシーン。


20180703_samurai_blue_001.jpg
がっつり押さえにいくものの

20180703_samurai_blue_002.jpg
最後はシャツだけつかんだ状態になっても振り切られ


20180703_samurai_blue_003.jpg
アドバンテージ適用のシグナルは、片手だけでもOKになりました
(両手を前に出すと、走るスピードが遅くなることが片手でOKになった理由です)



ナセル シャドリ選手からのボールを受けたベルギー代表7番(ケビン デブライネ選手)がボールに触れた直後に、日本代表8番(原口 元気選手)が後方からアフター気味でチャージした形になりました。ケビン デブライネ選手が触れたボールは、ベルギー代表10番(エデン アザール選手)の足元にきれいに収まったため、マラン ディエディウ主審はここでもアドバンテージを適用し、最終的にケビン デブライネ選手のペナルティーアーク付近からのシュートとなりました。



このシーン、乾選手にイエローカードが出ていてもおかしくなかったかな、と。
◦ 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。(反スポーツ的行為)



乾選手の手で相手競技者を押さえようとしたプレーは、明らかに相手選手を止めて攻撃を妨害しよう、最悪でも相手チームのカウンターのスピードを遅らせよう、という明確な意図が感じ取れました。



確かにファウル自体は、ハーフウェーラインの手前、日本側の陣地内ではあったので、まだ「大きなチャンス」とはいえるレベルまでは到達していなかった、という判断かなぁ・・・。



それとも原口選手のファウルも重なって、警告すべき選手が誰だか分からなくなった???



実は、この直後のベルギー代表のコーナーキックの前に、マラン ディエディウ主審は笛を吹いてコーナーキックを行わないようにキッカーを制止し、インカムで誰かと話をしているんですよねぇ・・・。誰と何について話していたのかなぁ・・・。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメント失礼致します。
陰ながら毎回楽しみに拝見している者です。

さて今回の乾選手の件で少し。

私は主審の判断は適切であったと考えております。

乾選手としては、
警告覚悟で、ホールドしてカウンターを潰してしまおう。
という意図があったのはプレーを見て、誰もが理解するところであろうと思います。

しかし、意図のみでもって競技者を警告することはできません。

押さえた結果、相手競技者のボールの保持を妨げたのか?
また、押さえたことによって、大きなチャンスとなる攻撃の阻止、妨害ができたのか?

を判断しなければなりません。

結果、ベルギー選手は乾選手を振り切りパスは成功しました。
途中、原口選手のファールはあったものの、
ベルギーは一連の流れのなかでシュートまでいくことができました。

そうすると、上記2つの?が当てはまらなくなります。

ですので、主審としてはファールであっても警告なし。
の判断をしたのだと考えています。


乾選手のホールドで、ベルギーの選手がプレーをやめてしまう、パスが出来ない、という事であったならば主審は警告と判断しただろうとは思います。


CKの際にインカムで話をしていた相手は、4thかA1ではないかなと。

A1のファールの判定基準が主審と少しズレているところがあったので、
『乾のあれ警告じゃね?』
って言われたんじゃないかな?と思います。


ボール保持者の乾選手から受けたファールをものともしない突破からシュートまでの流れを見事に掴んだナイスなアドバンテージでした。


長文失礼しました。

2018/07/04(水) 10:45:05 | URL | kazu #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

kazu さん、コメントありがとうございます。(以前コメントいただいたkazu さんとは別の方でしょうか?)

> しかし、意図のみでもって競技者を警告することはできません。
>
> 押さえた結果、相手競技者のボールの保持を妨げたのか?
> また、押さえたことによって、大きなチャンスとなる攻撃の阻止、妨害ができたのか?
> を判断しなければなりません。
> 結果、ベルギー選手は乾選手を振り切りパスは成功しました。
> 途中、原口選手のファールはあったものの、
> ベルギーは一連の流れのなかでシュートまでいくことができました。

パスは成功しましたが、乾選手がカウンターを遅らせたので、シャドリ選手は柴崎選手に追いつかれてアタッキングサードの手前でボールを手放さざるを得ない状況になっています。乾選手のファウルがなければ、柴崎選手は間に合わず、長友選手が対応せざるを得なくなり、結果マークを背負っている昌子選手との距離も広がり、ベルギーは空いたスペースを有効に使えてもっと有効な攻撃展開ができたハズだと私は思います。

確実に仕留められてしまっていたのかも、と思いますが、審判団はそこまでは感じなかったのかも知れません。

> CKの際にインカムで話をしていた相手は、4thかA1ではないかなと。

VARと話す場合は、原則としてインカムに手を添えるお約束になっているので、手を添えずに話しをしていることからピッチにいるオフィシャルのうちの誰かと話しているんだろうなぁ、とは思っているのですが。

マラン ディエディウ主審を呼んでJFAでワークショップを開催してくれないかなぁ・・・


2018/07/06(金) 00:24:00 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3174-70e10b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック