FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ファウルと不正行為の判定(その41~45)の記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




昨日の更新で予告した通り、本日はファウルと不正行為の判定(その41~45)の記事のフォローアップです。



今回の41~45の問題は、タックル(レイトタックルを含む)系のファウルに関する問題でした。タックル自体が「無謀」な場合と、タックルは「不用意レベル」であるものの「チャンス潰し」になっている場合に、きちんと「警告」が提示できるかどうか、といったところがポイントになっています。



各問題の映像と、本日までの回答数および正解率のみ表示しておきます。正答率が50%に満たなかった問題については、正解率を赤文字で表示しておきます。(今回正答率が50%未満となったのは問題45のみでした。)



ファウルと不正行為の判定(その41)


正解(FIFAの決定)は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数105、正答率73%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その41)」 をご覧ください。



ファウルと不正行為の判定(その42)


正解(FIFAの決定)は、
「Direct Free Kick + No Card」
回答数113、正答率59%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その42)」 をご覧ください。



ファウルと不正行為の判定(その43)


正解(FIFAの決定)は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数129、正答率70%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その43)」 をご覧ください。



ファウルと不正行為の判定(その44)


正解(FIFAの決定)は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数112、 正答率59%

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その44)」 をご覧ください。



ファウルと不正行為の判定(その45)


正解(FIFAの決定)は、
「Direct Free Kick + Yellow Card」
回答数113、正答率47%

「チャンス潰し」となっていることを見逃していた方が多くいらっしゃったようです。

詳しくは過去記事 「ファウルと不正行為の判定(その45)」 をご覧ください。



ファウル(タックル)の強さのレベル(「不用意に」と「無謀に」)の境界の線引きをきちんとできている方が多くいらっしゃる、ということになると思います。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
自陣ペナ内からのフリーキックについて
突然すみません、W杯を見てて気になることがあったので教えて欲しいです。
W杯イングランドvsクロアチアの延長後半に、イングランドの自陣ペナ内からのFKがありました。
この際イングランドDFがペナからボールが出る前に触れてしまい、FKやり直しとなっていました。
このルール自体は知っていたのですが、関連して知りたいことがあります。
それは、
ペナ内でオフサイドがあった際のFK、リスタートもペナからボールが出てからがインプレーなのかということです。
ぜひ教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします
2018/07/13(金) 09:54:51 | URL | 初心者 #- [ 編集 ]
Re: 自陣ペナ内からのフリーキックについて

初心者 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ペナ内でオフサイドがあった際のFK、リスタートもペナからボールが出てからがインプレーなのかということです。
> ぜひ教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします

競技規則の第13条「フリーキック」の3.違反と罰則 のところに
「ペナルティーエリア内で守備側チームがフリーキックを行ったとき、ボールが直接ペナ ルティーエリアから出なかった場合、キックは再び行われる。」

とあり、直接/間接は関係ありません。ゴールキックも同じです。

つまり、ペナルティーエリア内から行われる守備側チームのキックはすべてペナルティーエリアから直接蹴り出された瞬間にインプレーとなります。

古い記事で当時の競技規則の文章で記載してある記事なのですが
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-253.html
もご参考にどうぞ。

2018/07/14(土) 00:03:13 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3188-984b80e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック