FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
原則としてボールに触れる必要があるものの、明らかにボールをプレーしようと試みていた場合にオフサイドで罰せられることがある


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



コメント欄にご質問をいただきました。



非常に難しい問題ですので、このブログをご覧になっている皆さんにも考えていただこうと思います。



下の動画GIFをご覧になって、ご自身ならどのような判断をするのかお考え下さい。(そう判断する理由も)




一応、状況を説明しておきます。


ボールがクロスバーに当たって跳ね返ったのち、中央の攻撃側の選手が触れたボールが右のゴールポストに向かって進み始める時点で、ゴールに向かって右側にいる攻撃側の味方選手(水戸40番 岸本武流選手、以下岸本選手と表記)はオフサイドポジションにいます。

中央の選手のシュートが右のゴールポストに当たって跳ね返ったボールを直接触れているのであれば、「オフサイドポジションにいることで利益を得た」ことになりますので、オフサイドの反則が成立します。

しかし、映像を見る限り、右側の攻撃側競技者(岸本選手)は、ポストから跳ね返ったボールを明らかにプレーしようと試みているようですが、実際のところボールに触れることができず、最終的にはクロスバーから跳ね帰ったボールに触れた選手が再びボールをゴールに押し込む形となりました。

この岸本選手のプレーはオフサイドの反則になるのかどうか。



皆さんの判断は決まりましたか?そして、その判断の根拠(理由)も頭に浮かんでいますか?



審判団(家本政明主審、田中利幸副審)は、オフサイドの反則であると判定しました。次回のJリーグジャッジリプレイ(過去記事 「原博実&上川徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説! 【Jリーグジャッジ「リプレイ」#1】」 参照)で日本協会がどのような判断を示すのかは、今のところはわかりませんが、私個人としては、このプレーの場合は「オフサイド」だと思います。



理由は2つ。



まずは1つめ。
表題にも書いた通り、岸本選手はクロスバーから跳ね返って味方選手(27番茂木駿佑選手?)が触れてゴール右隅方向に転がっていくボールを明らかにプレーしようと試みているように感じられ、このプレーが徳島のGK(梶川裕嗣選手)の動きに影響を与えた可能性が高いということが、

2. オフサイドの反則
ボールが味方競技者によってプレーされたか触れられた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっている場合にのみ罰せられる:
(中略)
◦ 次のいずれかによって相手競技者を妨害する:
(中略)
・自分の近くにあるボールを明らかにプレーしようと試みており、この行動が相手競技者に影響を与える。または、
(後略)


に抵触している可能性が高い、という点。



いやいや、ボールを蹴る動作はしていないから、明らかにプレーしようと試みてはいないでしょう、という反論をする方もいらっしゃるかも。



ということで、もう1つ。

味方選手(27番茂木駿佑選手?)が触れてゴール右隅方向に転がっていくボールが右のゴールポストに当たる少し前から当たってしばらくの間の状況を確認してください。



徳島GK(梶川裕嗣選手)とボールの間に、岸本選手の身体が入り込んでいる瞬間が存在しています。このため、徳島GK(梶川裕嗣選手)は、ゴールラインを越えると思っていたボールが右ポストに当たって跳ね返ってきていた、ということに気付くのが、コンマ数秒遅れた可能性があります。従って、

2. オフサイドの反則
ボールが味方競技者によってプレーされたか触れられた瞬間にオフサイドポジションにいる競技者は、次のいずれかによってそのときのプレーにかかわっている場合にのみ罰せられる:
(中略)
◦ 次のいずれかによって相手競技者を妨害する:
・明らかに相手競技者の視線を遮ることによって、相手競技者がボールをプレーす る、または、プレーする可能性を妨げる。
(後略)


には間違いなく抵触していると思われます。



ですので、個人的には「オフサイド」という判定で問題がないように思います。



最後に余談です。

コメント欄のコメント内に、「干渉」という言葉が使われていますが、2016/2017年度の競技規則の改正から「干渉」という訳語は使われなくなっており、すべて「妨害」という訳語に置き換えられています。



上記GIF動画の元になっている徳島ヴォルティスの公式アカウントがUPしている映像はこちら。







 ← なぜadidas はこの笛を抱き合わせで販売しようとするのかが、私にはわかりません。(ま、それでも出始めの頃に比べると随分実勢価格が下がってきてはいるようですが・・・。)



☆ 関連記事 ☆

「原博実&上川徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説! 【Jリーグジャッジ「リプレイ」#1】」




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018/08/06(月) 20:30:18 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3209-662d41eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック