FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
過剰な力のサンプル(その5)(2018 J1 第25節 札幌 vs 神戸)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2018明治安田生命J1リーグ 第25節 退場に伴う ルーカス ポドルスキ選手(神戸)の出場停止処分について

【処分理由】
2018年9月1日(土)2018明治安田生命J1リーグ 第25節(北海道コンサドーレ札幌 vs ヴィッセル神戸)の試合においてルーカス ポドルスキ選手は主審より退場を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、
同選手の相手選手へのタックルは、「著しい反則行為」に該当すると判断、1試合の出場停止処分とする。





この映像だと、スパイクの裏の向きや接触の度合いがよく分からないので、懲戒罰の妥当性が検証できませんでしたが、正直ちょっと厳しい懲戒罰かなぁ、というような印象でした。



映像を探したところ、こちらのサイトに別角度からの映像がありました。(映像のリンクを貼れないので、スクリーンショットを貼り付けておきます。)

20180901_J1_001.jpg
スパイクの裏がガッツリ入って

20180901_J1_002.jpg
明確な回避行動をとっているとは感じられません。



この角度から見ると、スパイクの裏面が当たったあと、札幌8番(深井一希選手)の足が少しもっていかれている状態になっていることは間違いないので、レッドカードが提示されてもおかしくないのかなぁ、という感じです。



競技規則 2018/2019 ファウルと不正行為

退場となる反則
競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる:
(中略)
◦ 著しく不正なプレーを犯す。
(中略)

著しく不正なプレー
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない。いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、 相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。




以下、私の個人的な見解です。



この時の池内主審のレッドカードの提示の仕方に少し違和感を感じます。ルーカス・ポドルスキ選手が自身に対してレッドカードが提示されたことを視認する前にカードの提示を止め、視線も合わせていません。まるで「(カード提示を)見ていないほうが悪い」とでもいうようななんだか「上から目線」のような提示に見えます。



あるいは、選手からのクレームが来る前に、逃げるようにさっさと事務的に済ませた、という感じにも見えます。



「退場(&次節出場停止)」という主審が選手に対して試合中に課すことのできる「最も重い処分(懲戒罰)」を通知するのですから、
「あなたは、やってはいけないことをした。だから私はあなたに退場を命じるのです。」
という意味を込めて、しっかりと当該選手と向き合う(目を合わせる)のが、選手に対するリスペクトだと個人的には思います。



実は、この試合、池内主審の選手に対するリスペクトに疑問を感じるシーンが他にもありました。



クイックリスタートを認めずにセレモニー形式でのフリーキックを選択したのであれば、壁というかせめてGKがフリーキックに対応できる状態になるのを待っても良かったのではないかなぁ、と思います。もしかしたら、口頭では再三神戸の選手たちに対して「(壁の作成を)急ぐように促しているのかも知れないので、何とも言えませんが。



このリスタートの部分だけでなく、壁を既定の距離離す作業のところも選手に対するリスペクトが感じられません。バニシング・スプレーで、再開場所(ボールの置き場所)にラインを引いたあと、壁の限界(最接近場所)のところにラインを引いているのですが、なんだか雑です。



通常なら、選手を一度じゅうぶん下げておいて、「この線より前に出ないように」というような感じで選手にスプレーがかってしまわないようにしてラインを引くことが選手をリスペクトした動作だと思うのですが、神戸の選手の位置にお構いなくスプレーでラインを引いているように見えます。(映像が不鮮明なので、何とも言えませんが、選手の足にスプレーが掛かっているんじゃないの?というような感じです。)



とここまで書いて、もしかしたら主審を含む審判団に対して、JリーグあるいはJFAのほうから、アクチュアルプレーイングタイムの改善に対する「強いお達し」でも出ているのかなぁ、と。



アクチュアルプレーイングタイムの改善も重要なのだけれど、それにとらわれ過ぎて審判団が選手をリスペクトするのを忘れ、おかしなゲームマネジメントをしてしまっては、本末転倒のような気がします。(何のため、誰のためのアクチュアルプレーイングタイムの改善なのでしょう。)



ま、試合を最初から最後まで全部見たわけではなく、ハイライト映像を中心に断片的に試合を見た状態で書いていますので、私が勝手に思い込んでいる部分が多々あると思いますが。



以上、個人的な見解おわり。



上記GIF動画の元になっている、Jリーグ公式チャンネルのハイライト映像はこちら。




この試合の公式試合データはこちら。
2018 J1 第25節 札幌 vs 神戸



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  







☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
投稿および検証ありがとうございます。

なるほど。選手に対するリスペクト。

レッドカードの出し方も、確かに一方的な手続きの様にみえますね。

フリーキックの手続きにしても、4種であっても、同様なことが起きたら、選手、ベンチ、保護者が大騒ぎするのは間違いないです。

判定もそうですが、そのあとのマネジメント、ゲームコントロールの重要性(なぜ重要なのか)に気づくことができました。

3級を目指す身分としては、非常に勉強になりました。
2018/09/06(木) 12:07:46 | URL | クロスステップ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> 3級を目指す身分としては、非常に勉強になりました。

3級昇級目指して頑張ってくださいね。

2018/09/07(金) 00:20:36 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3246-a7eb5e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック