FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ファウルと不正行為の判定(その61)


本日は、ファウルと不正行為の判定問題です。



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




問題56~60の記事のフォローアップを数日中にUPする予定です。まだ回答の入力をお済ませでない方は、お早めに回答をご入力ください。


「ファウルと不正行為の判定(その56)」
「ファウルと不正行為の判定(その57)」
「ファウルと不正行為の判定(その58)」
「ファウルと不正行為の判定(その59)」
「ファウルと不正行為の判定(その60)」





今回の問題は非常に難しい問題です。映像をよ~くご覧になってから回答を入力ください。



(ファウルと不正行為 問題61)

1)No Foul + No Card
2)Indirect Free Kick + No Card
3)Indirect Free Kick + Yellow Card
4)Indirect Free Kick + Red Card
5)Direct Free Kick + No Card
6)Direct Free Kick + Yellow Card
7)Direct Free Kick + Red Card
8)Penalty Kick + No Card
9)Penalty Kick + Yellow Card
10)Penalty Kick + Red Card





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← バナークリックがお済の方のみ、スクロールして正解をご確認ください。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ 正解をご覧になる前に必ず1回だけクリックしてくださいますよう、お願いいたします。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックしていただけましたか???



FIFAの示す考慮項目
1)関係している競技者間に接触はありましたか?
2)競技者はフリーキックやPKを得るためにファウルされたように装いましたか?
3)競技者は自分自身がケガしないように接触を避けましたか?


FIFAの解説
黄色の12番はシミュレートではなくケガを避けるためにゴールキーパーのチャレンジを避けた。



競技規則 2018/2019 第12条 ファウルと不正行為

ボールがインプレー時に反則があった場合にのみ、直接、間接フリーキックまたはペナルティーキックを与えることができる。
(後略)



ということで、正解(FIFAの決定)は、
1)No Foul + No Card
です。



最初に映像を見た瞬間の私の印象としては、GKが相手攻撃側競技者に接触があったのなら、決定機の阻止(現在のルールではPK+警告)で、接触がなかったのであれば、攻撃側競技者のシミュレーション(警告+守備側間接FK)のどちらかだなぁ、と思い込んでしまいました。

確かによく映像を見直してみると、攻撃側競技者のダイブは主審を欺くためのものではなく、あくまでGKとの接触を回避するためのものだった、といえますね。



この記事は、
WV Soccer Association Referee Program (West Virgina Soccer Association)
のサイト内の
Videos 61 - 65 >>
を参考にして作成しています。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
昨日の「J1参入プレーオフ」磐田vs東京Vの小川航基選手のPKの場面によく似てますね。
示された事例ではFIFAの見解は「ケガを避けるためにゴールキーパーのチャレンジを避けた」No Foul + No Cardとのことですが、昨日の小川選手のシーンはGKが飛び込んできているのを分かっていて、接触を避けようとしない(わざと掛かりに行ってる)ように見えました。
Jリーグジャッジ「リプレイ」で取り上げられるシーンになると思いますが、どのような見解になるか注目しています。
2018/12/09(日) 23:01:24 | URL | chiko #BiZK4I0o [ 編集 ]
Re: タイトルなし

chiko さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 昨日の「J1参入プレーオフ」磐田vs東京Vの小川航基選手のPKの場面によく似てますね。
> 示された事例ではFIFAの見解は「ケガを避けるためにゴールキーパーのチャレンジを避けた」No Foul + No Cardとのことですが、昨日の小川選手のシーンはGKが飛び込んできているのを分かっていて、接触を避けようとしない(わざと掛かりに行ってる)ように見えました。

ジャンプしようとしていたら避けられたのか、ジャンプしようとしていても避けられなかったのかは、神のみぞ知る、といったところだと思います。(私には、接触は不可避だったように見えます。)無理にジャンプしようとして踏ん張った状態のところに接触を受ければ、じん帯損傷などの大けがになっていた可能性もあり得ると思われます。

あくまで、起きた事象としては、GKを避けるために右足のアウトサイドでプレーし終えた小川選手にアフターでGKがチャージして接触してしまっているという事実を判断することになると思いますが・・・。

> Jリーグジャッジ「リプレイ」で取り上げられるシーンになると思いますが、どのような見解になるか注目しています。

楽しみですね。


2018/12/10(月) 21:39:28 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3328-72153ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック