FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
負傷者のために選手がボールをフィールドの外に出したら・・・
 

 

昨日・一昨日の記事で、ドロップボールのやり方や、どのような場合にドロップボールになるのか、ということを確認しました。

 

社会人の試合などでは、主審が笛を吹いて試合を停止するより、選手が気がついてボールをフィールド外に出してくれることのほうが多いような気がします。

 

今日は、ドロップボールにはならなかったが、選手が自主的にボールをフィールドの外に出した場合、主審が注意すべきことを書いておきます。(基本的には、フィールド内にケアが必要な負傷者がいる状況だとお考えください。)

 

まず、笛を吹いて試合を完全に停止して、負傷者のケアを行います。負傷者のケアを終えたら、試合を再開するのですが、このときに注意が必要です。

 

注意が必要と書きましたが、それは何かというと「特に何もしない」ことです。気持ち的にはボールを出してあげたチームにボールを返してあげることを考えたいのですが、それは選手達が考えることであって、主審が誘導すべきものではありません。

 

自分たちのチームの選手の負傷のためにボールをフィールド外に出した場合は、相手チームのスローインやコーナーキックで再開となりますが、この場合は特に問題はありません。

 

厄介なのは、相手チームの選手の負傷に気がついてボールを出してあげた場合です。社会人の場合、暗黙の了解でボールを出してもらったチームが、何らかの形でボールを出してくれたチームにボールを返すことが多いです。

 

Jリーグなどでも、相手ゴールキーパーからのゴールキックになるように、ボールを返すシーンを見かけます。

 

社会人の試合であれば、あまり問題はないのですが、3種や4種のカテゴリーの試合(特に4種)で、このような場合、少しだけ注意が必要です。

  

あくまで、ボールを(フィールドの外に)出してもらったチームが、お礼にボールを相手チームに返すかどうかについては、マナーの問題であり、競技規則で規定されている訳ではないので、主審を含む審判は、相手チームにボールを返すことを強要できません。

 

ですので、「相手チームのゴールキーパーに(ボールを)渡そう。」とか、「(スローインするボールを)相手選手に投げてあげよう。」というようなアドバイスは不要というか、しないほうが無難です。

 

というのも、例えば、相手ゴールキーパーに渡すつもりでスローインしたボールが、ゴールキーパーの前で大きく弾んでそのままゴールに入ってもゴールは認められませんが、もしゴールキーパーが少しでもボールに触れてしまった(捕球し損ねた)直後にボールがゴールに入った場合は、得点を認めざるをえなくなり、揉める要因となります。

 

(同じ理由で、1人の選手を呼んでドロップボールをする場合も注意が必要です。相手ゴールキーパーに捕球させるつもりでドロップした直後に蹴られたボールが、ゴールに入ってしまうと厄介です。)

  

ただ、4種の場合、選手が「このまま普通に続けていいのかな?それとも何かしなければいけないのかな?どうすればいいんだろう?」とちょっとしたフリーズ状態に陥ってしまうこともあります。

 

そのような場合、少し長くなりますが、

 

「君たちのチームの選手が負傷したので、相手チームの選手がボールを(フィールドの)外に出してくれたんだよね。じゃぁ、どうすればいいかな? 審判は『こうしなさい』とは言えないので、自分で考えてみてね。」

 

くらいなら、アドバイスしても良いと思われます。

  

このように言っておけば、ボールを出してあげたチームの選手や周りの観客から、「なんでこの審判はボールを相手チームの返すように指示しないんだ!」と不審に思われることはなく、「あぁ、審判はボールを返すことを強要できないんだ。」と理解してもらえると思います。 

 

☆ 関連記事 ☆

「ボールをゴールキーパーに渡す(返す)つもりが・・・」 

モルテン KAMOオリジナル ドクターバッグ
モルテン
売り上げランキング: 516,995



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

☆ 関連するタグ ☆


 

昨日・一昨日の記事で、ドロップボールのやり方や、どのような場合にドロップボールになるのか、ということを確認しました。

 

社会人の試合などでは、主審が笛を吹いて試合を停止するより、選手が気がついてボールをフィールド外に出してくれることのほうが多いような気がします。

 

今日は、ドロップボールにはならなかったが、選手が自主的にボールをフィールドの外に出した場合、主審が注意すべきことを書いておきます。(基本的には、フィールド内にケアが必要な負傷者がいる状況だとお考えください。)

 

まず、笛を吹いて試合を完全に停止して、負傷者のケアを行います。負傷者のケアを終えたら、試合を再開するのですが、このときに注意が必要です。

 

注意が必要と書きましたが、それは何かというと「特に何もしない」ことです。気持ち的にはボールを出してあげたチームにボールを返してあげることを考えたいのですが、それは選手達が考えることであって、主審が誘導すべきものではありません。

 

自分たちのチームの選手の負傷のためにボールをフィールド外に出した場合は、相手チームのスローインやコーナーキックで再開となりますが、この場合は特に問題はありません。

 

厄介なのは、相手チームの選手の負傷に気がついてボールを出してあげた場合です。社会人の場合、暗黙の了解でボールを出してもらったチームが、何らかの形でボールを出してくれたチームにボールを返すことが多いです。

 

Jリーグなどでも、相手ゴールキーパーからのゴールキックになるように、ボールを返すシーンを見かけます。

 

社会人の試合であれば、あまり問題はないのですが、3種や4種のカテゴリーの試合(特に4種)で、このような場合、少しだけ注意が必要です。

  

あくまで、ボールを(フィールドの外に)出してもらったチームが、お礼にボールを相手チームに返すかどうかについては、マナーの問題であり、競技規則で規定されている訳ではないので、主審を含む審判は、相手チームにボールを返すことを強要できません。

 

ですので、「相手チームのゴールキーパーに(ボールを)渡そう。」とか、「(スローインするボールを)相手選手に投げてあげよう。」というようなアドバイスは不要というか、しないほうが無難です。

 

というのも、例えば、相手ゴールキーパーに渡すつもりでスローインしたボールが、ゴールキーパーの前で大きく弾んでそのままゴールに入ってもゴールは認められませんが、もしゴールキーパーが少しでもボールに触れてしまった(捕球し損ねた)直後にボールがゴールに入った場合は、得点を認めざるをえなくなり、揉める要因となります。

 

(同じ理由で、1人の選手を呼んでドロップボールをする場合も注意が必要です。相手ゴールキーパーに捕球させるつもりでドロップした直後に蹴られたボールが、ゴールに入ってしまうと厄介です。)

  

ただ、4種の場合、選手が「このまま普通に続けていいのかな?それとも何かしなければいけないのかな?どうすればいいんだろう?」とちょっとしたフリーズ状態に陥ってしまうこともあります。

 

そのような場合、少し長くなりますが、

 

「君たちのチームの選手が負傷したので、相手チームの選手がボールを(フィールドの)外に出してくれたんだよね。じゃぁ、どうすればいいかな? 審判は『こうしなさい』とは言えないので、自分で考えてみてね。」

 

くらいなら、アドバイスしても良いと思われます。

  

このように言っておけば、ボールを出してあげたチームの選手や周りの観客から、「なんでこの審判はボールを相手チームの返すように指示しないんだ!」と不審に思われることはなく、「あぁ、審判はボールを返すことを強要できないんだ。」と理解してもらえると思います。 

 

☆ 関連記事 ☆

「ボールをゴールキーパーに渡す(返す)つもりが・・・」 

 
モルテン KAMOオリジナル ドクターバッグ
モルテン
売り上げランキング: 516,995


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/359-d9bb6484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック