FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
スローインがやり直しになるのは
 

 

先日の二男の帯同で、自主的に第四の審判員を務めていたときのお話。

 

息子のチームの選手がスローインしてタッチライン沿いに投げ入れたボールが、私の目の前のタッチライン上でワンバウンドし、どちらのチームの選手にも触れられることなく再びフィールドの外に出た。

 

この場合、タッチラインはフィールドの境界なので、ボールはフィールド内にいったん入って出たことになる。

 

従って、フィールド内に入ったボールが完全にフィールド外に出たところから、相手チームのスローインだなぁ、と思っていたら、A1を担当していた相手チームの保護者の審判の方が、「もう一度」と主審に合図し、主審もそれを採用した。

 

「違うよ」と思ったのだけど、第四の審判である私には、副審や主審の決定を変更させることはできない。もちろん、主審や副審の視野外で行われた行為に対して、主審に助言することはできるが、今回のように主審も副審も目視していた上で決定したことに対しては、何もできない。

 

ま、スローインがやり直しになるか、相手チームのスローンになるかというような問題なので、大勢に影響のない話ではありますが、先日記事にしたボールのアウトオブプレーに関係するお話だったので、UPしておきます。

 

スローインがやり直しになるのは、ボールがワンバウンドするまでの間に、ボールの一部分でも空中を含めてフィールドに接しなかった場合のみ。

 

従って、スローインを行う際、タッチラインを踏んだ状態でスローインを行った場合には、スローインの標準的な動作から考えて、投げ始めた瞬間に空中でフィールドに接していることになるので、やり直しにはなりにくいです。

 

スローインをタッチラインから離れて行った場合には、やり直しになる可能性はあります。

 

ちなみに、タッチラインから離れすぎた位置からスローインを行った場合は、ファウルスローとなります。

 

よくあるのは、フィールド外にボールが転々とし、早く再開しようとしてフィールドに充分近づかないままスローインしてしまうパターンです。

 

では、タッチラインからどれだけ離れるとファウルスローとすべきなのか、ということになりますが、残念ながら競技規則では具体的な距離は記載されていません。

 

3級スクール時代に、インストラクターからは、「概ね1m程度以内であればOKで、それ以上タッチラインから離れてスローインを行った場合はファウルスローとすべき」 と言われたことがあります。 

 

(2013.08.20 追記。

コメント欄に「スローインでフィールドに入らない場合、ファウルスローではないか?」というご質問をいただきました。上記に書いてある通り、正しいスローインの方法で投げ入れられたボールが、競技フィールド(ピッチ)内に直接入る(空中を含みます)ことなくフィールド外のグラウンド(地面)に触れた場合、「やり直し」となることはガイドライン側で規定されていますので、掲載しておきます。

 

競技規則 ガイドライン 第15条 スローイン

進め方 - 違反

(中略)

ボールがフィールドに入る前にグラウンドに触れた場合、スローインが正しい進め方で行われたのであれば、再び同じ地点から同じチームにより行われる。スローインが正しい進め方で行われなかった場合、相手チームがスローインを再び行う。

 

追記ここまで。)






☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
4種4級です。スローインでフィールドに入らない場合ですが、グラウンドに面して投げ入れられていないので、「その他の違反」でファールスローだと思うのです。ルールブックの解釈では、「キーパーのゴールキックで、インプレー後再びキーパーが触る。」に近いものがあると思うのですが、そのような突風や状況はありえませんね。実際のレフリングでは、「斜めに遥に遠く前方に投げ入れようとしたボールがインプレーにならない」ときのみ、ファールスローにしています。が、私的にはスローインでインプレーにならないときはやり直しではなく、全てファールスローにしたいのですが。。。他の方のご意見はいかがでしょうか?
2013/08/20(火) 11:01:42 | URL | かわしま #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
かわしま さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
スローインの「やり直し」については、競技規則のガイドライン側で
「ボールがフィールドに入る前にグラウンドに触れた場合、スローインが正しい進め方で行われたのであれば、再び同じ地点から同じチームにより行われる。スローインが正しい進め方で行われなかった場合、相手チームがスローインを再び行う。」
と定義されています。(この記事本文にも追記しておきましたので、ご確認ください。)
 
ちなみに2006年度までの競技規則でもQ&A形式で
 
Q.競技者がスローインを行った。ボールはフィールド内に入らずタッチラインの外側に出たままだった。主審のとるべき処置は何か?
 
A.スローインを再び行わせる。

という形で競技規則に記載されていました。
 
ルール適用をお間違いのないようにお願いいたします。
 
2013/08/20(火) 22:17:09 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
いつも審判をする上で、ルールの確認に利用させていただいています。
さて、スローインについて質問させてください。
スローインは、きちんと行われたが、手からすっぽ抜けてしまった場合でのその後の対応は?
ちなみに、昨日の試合ではスロアーが投げたあと、すっぽ抜け自分のあたまに落ち、その後ボールはフィールドに入ったかどうかは主審(私)からは確認できませんでした。
副審は旗を振り、相手側のスローインを差しました。私も、ファールスローの判断で相手側のスローインを採用しました。
試合後、第4審からはあれはインプレーじゃないのと言われました。
正しいルールをご指導願います。
2013/08/26(月) 07:12:01 | URL | おいどん #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
おいどん さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>スロアーが投げたあと、すっぽ抜け自分のあたまに落ち、その後ボールはフィールドに入ったかどうかは主審(私)からは確認できませんでした。
 
4審まで任命されていた試合ということは、それなりの試合だったのかな、と推測しますので、ガチガチの回答をさせていただきます。
  
競技規則的には、スローインの「進め方」のところに、
⿟頭の後方から頭上を通してボールを投げる。
と書かれていますから、「すっぽ抜け」た場合、両手でボールを保持した状態で頭上を通過していないハズですので、正しい投げ方ではないことは明白です。
 
ですので、4審の方がおっしゃる「インプレー」というのは正しくないと思います。
 
では、「ファウルスロー」とするのか「やり直し」とするのかですが、一連の動作で一旦手から離れたボールがピッチに空中を含めて接していた場合は、ボールがグラウンド(この場合は地面の意味)に着くかどうかに関わらず、「ファウルスロー」で良いと思います。
 
(もし仮に、すっぽ抜けたものの、ボールが空中を含めてピッチに触れる前にボールを保持し直せたのであれば、「やり直し」で良いような気がします。)
 
以下は余談です。
 
昨日のおいどん さんが経験されたようなケースでは、
ファウルスローというシグナルを送ってくださった副審の方に、
「(確認ですが、今のプレー、スローアーの手から離れた)ボールは空中を含めてピッチ内に一部分でも入りましたか?」
というような確認をサクっと入れてから、ファウルスローだという判断を示していれば非常にスマートだったのではないでしょうか。
 
4審が見ていて試合後にコメントした、ということはA1側(本部側)のタッチラインの出来事で両ベンチも注目していたでしょうから、「おっ、この主審しっかりしているじゃん!」と思わせる良いチャンスだったかもしれませんね。
 
 
ただ、昨日は雨だった地域も多かったようなので、ボールは濡れやすい(あるいは濡れていた)状況にあったのではないでしょうか?
  
試合のカテゴリーが情報として書かれていなかったのですが、もし試合が4種の試合だったなら、「やり直し」対象の範囲を広めにしてあげても良いような気がします。(子供の手は小さく、雨に濡れたボールをスローインするのは、非常に困難なものになるので。雨の中のプレー経験も少ないハズですし。)
 
最後に、過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/03/post_9809.html
「ファウルスロー(主審が未然に防げないもの)」
もご参考にどうぞ。
 
2013/08/26(月) 21:52:57 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
先日はていねいな回答ありがとうございました。
スローインで投げ入れる位置が違うときで、強風でボールインプレーにならなければやり直し、ボールインプレーになればファールスローですね。
また、スローインについてですが、
1.小学生の低学年で足元にたたきつけるスローインは、いかがでしょうか?投げ方は合法的で頭上を通過後たたきつけます。ファールスローを採用している審判をよくみかけます。
2.ルールブックでスローインは「フィールドに面する。」とありますが、これはどのような解釈なのでしょうか?後ろ向きはダメという、実際ではありえないなことを意味しているのでしょうか?
2013/08/28(水) 10:10:04 | URL | かわしま #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
>スローインで投げ入れる位置が違うときで、強風でボールインプレーにならなければやり直し、ボールインプレーになればファールスローですね。
 
私なら、投げ入れそうになる直前に「笛や声」で「再開場所が違う」ということを伝えて、ファウルスローにならないようにゲーム・マネジメントすると思いますが・・・。
 
>投げ方は合法的
 
競技規則で定められた投げ方をしているならば、ファウルスローとする訳にはいかないですよね。
 
ボールを地面にたたきつける投げ方の場合、
「頭・顔が前に下がるため、投げ終わりの動作時に厳密に『頭上を通過』していない」
というケースが散見されます。
 
過去記事 
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/01/post_6bf5.html
をご確認ください。
 
>ファールスローを採用している審判をよくみかけます。
 
「頭上を通過していない」の他に、「スローインの動作が頭の後方から開始されていない」「片方の足が投げ終わり時に浮いている」などの状況が起きたと判断したのかも知れませんので、これについては、なんとも言えません。
 
>後ろ向きはダメという、実際ではありえないなことを意味しているのでしょうか?
  
FIFAの原文で
• faces the field of play
と書かれています。
 
このfaceを「(フィールドに)面して」と日本語版では訳しているのですが、faceという言葉が単純に「その方向を向く」という意味だけで良いのかそれとも「限りなく接触した状態を維持して」というニュアンスが含まれているのかは、ネイティブスピーカーではない私には、判りません。
 
とにかく後ろ向きはダメなことは間違いありません。
 
>実際ではありえないなことを意味しているのでしょうか
 
競技規則を注意して読むと、結構ありえないことを定義していますよ。
例えば、「相手チームのゴールに限り、コーナーキックから直接得点することができる。」という定義がありますが、わざわざ定義しなくてもコーナーキックが自分のゴールに入るなんて、ふつうは『ありえない』ですから。
 
2013/08/28(水) 23:46:55 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
子供ならかわいいから仕方ないけど(笑)

大人なら、スローインくらいミスらないで投げ入れましょう。という感覚です。
そんなわけできちんと投げ入れられないなら全てファウルで。多めに見るって事は、相手側から捉えると見逃してるってことになりませんかね。お互い一回ずつ見逃したからOKなんてヌルい事言ってたら審判もルール要らないでしょ(笑)

あ、子供にもそれなりに厳しくしないとルール覚えなくなりますよね。子供の主審の方が大変だよなぁってつくづく思います。

あと、選手がポイントを間違えて投げてる場合、主審は投げる前にポイントを指し示すという行為は「努力義務」ってことでいいですよね?

ポイントを指示しなかったから、誤ったポイントから投げ入れた。よってファウルスローにはならない。
こんなルールは無いですよね?
2014/06/17(火) 10:08:00 | URL | 松平 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
松平さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
>そんなわけできちんと投げ入れられないなら全てファウルで。

それで、選手・ベンチとの信頼関係が崩れないという自信がおありなら、そうなさっても良いかもしれません。
 
私は、そんなつまらないところで選手やベンチからの信頼感を失いたくはないので、出さなくてよいカードはださないように努力するのと同様、予防できるファウルスローは予防したいと考えて行動します。
 
>あと、選手がポイントを間違えて投げてる場合、主審は投げる前にポイントを指し示すという行為は「努力義務」ってことでいいですよね?
 
選手が正しくないポイントから再開しようとしているのが解っているなら、教えてあげればよくありませんか?明らかに正しくないポイントから再開する可能性がありそうなら、先に声をかけておけば済む話ですし。

>ポイントを指示しなかったから、誤ったポイントから投げ入れた。よってファウルスローにはならない。
こんなルールは無いですよね?
 
正しくないポイントから投げ入れられたボールが、ワンタッチあるいは数タッチで相手ゴールに入った場合、ファウルスローにせず、得点を認めるということですか?
 
点を入れられたほうのチームは、実際に言うかどうかは別にして、文句を言うでしょうね。
 
かといって、遡ってファウルスローにしたら、今度は点を入れたほうのチームから文句が出るでしょうねぇ。

ということで、私は正しい再開ポイントから試合が再開されるよう、常に再開ポイントを意識しています。
 
私が再開場所を示しているのにもかかわらず、あからさまに無視して別の場所から投げ入れたり、あるいはタッチラインに近づかずに、ラインから遠く離れた場所から投げ入れた場合は、ばっさりファウルスローにしますけど。
 

過去記事
ファウルスロー(ある程度、主審が未然に防げるもの)
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/03/post_eff4.html
および
ファウルスロー(主審が未然に防げないもの)
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/03/post_9809.html
 
はご覧になられました?
 
2014/06/18(水) 01:01:05 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/36-10992038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック