FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-1】【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-2】


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2019年10月25日にJリーグの公式アカウントにUPされた映像の紹介です。

空中戦 頭と頭の危険な接触【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-1】



明治安田生命J1リーグ 第29節 G大阪vs川崎Fの一戦で発生した危険な接触シーンをピックアップ。右サイドからのクロスを倉田選手(G大阪)がヘディングシュートで見事にゴール!しかし、倉田選手がヘディングした直後に競りに来た登里選手(川崎F)と頭同士で接触し両選手が倒れこむ事態に。不幸にも倉田選手の大きな怪我につながってしまったこのシーン、登里選手に警告を提示すべきだったのかを議論します。



オフサイド判定 古林選手はGKに影響を与えている?【Jリーグジャッジリプレイ2019 #29-2】



明治安田生命J1リーグ 第29節 横浜FMvs湘南、開始4分のシーンをピックアップ。山田選手(湘南)のDFラインの裏へ出たロングパスは、前に流れて横浜FMのGKパク選手のもとへ。しかしクリアーを狙ったパク選手のキックはミスとなり、プレッシャーに来た古林選手(湘南)に渡るが、そこで副審がフラッグアップしオフサイド。このシーン、古林選手のプレーをオフサイドとするべきかどうか、今シーズン一番の激論が交わされます。



映像を見て、「えっ、なんで副審フラグアップしているの?」次に、「えっ、なんで主審はフラグアップをキャンセルしないの?」と私は思いましたが・・・。



オフサイドポジションにいた攻撃側競技者はボールを追っただけでゴールキーパーのプレーを積極的に妨害しにいった訳ではなく、ゴールキーパーがセーブではなく(結果としてミスキックにはなったが)意図的にプレーしたあとのボールを拾っただけ、という判断。



オフサイドポジションにいた選手がプレッシャーになった可能性もあるが、オフサイドポジションにいた選手のプレッシャーを受けてもミスキックしないケースもあるし、逆にオフサイドポジションの選手のプレッシャーを受けなくてもキックミスするケースもあるので、この程度の理不尽さは受け入れられるべきかなぁ、と思います。



理不尽なケースは他にもあります。



オフサイドポジションにいた選手に味方競技者からパスが出た際、両者のあいだにいる守備側競技者が、ジャンプ一番ボールをヘディングしようとし、残念ながら空振りしてボールに触れることができなかったら「オフサイド」になるのだけれど、幸いにもボールに少しだけ触れることができたものの、ぼぼボールの軌道に変化は生まれずオフサイドポジションにいた選手がしっかりボールを受け取ったら、残念ながら相手チームは「オフサイドにはならなくなってしまう」、というケース。



このように理不尽なケースがいくつか存在しているのが現在のオフサイドのルールです。



確かに日本協会は、IFABが意図する「現在のオフサイドの定義」を、しっかり日本の選手・ファン・サポーターなどに説明する必要があるとは思いますが。(私たちも協会のインストラクターなどから説明を聞いて、自分の持っていたオフサイドの感覚を何度も修正させられて来て、そして担当した試合で選手から文句を言われるたびに丁寧に現在のオフサイドのルールを説明している、というこの苦労をわかっていただきたいものです。笑)



ま、1863年以来、オフサイドのルールはずーっと変化しているので、その変化についていくのが遅れると、知らないうちに「ルールの変化に疎い人」になってしまいかねません。



ということで、審判員資格をお持ちでない方は、ぜひ審判員資格を取得なさってくださいませ。そうすれば、毎年「更新講習」の受講案内が届き、インストラクターが、その年に改正されたルールをしっかり伝達してくれる講習会に参加できます。(というか、資格を更新するために受講が義務付けられる講習なのですけどね。)



なんだか話が逸れましたが、今日はこのくらいで。




 Microsoft Office 2019がついて、この値段。ま、SSDが64Gでメモリも4Gしかないけど、メールとExcel くらいなら問題なさそう。う~ん、買おうかなぁ・・・。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
こんにちは。
いつも勉強させてもらっています。ありがとうございます。
3級資格を持っていて、主には4種で審判活動を行っています。

>映像を見て、「えっ、なんで副審フラグアップしているの?」次に、「えっ、なんで主審はフラグアップをキャンセルしないの?」と私は思いましたが・・・。

私も初見でまったく同じような感想を持ちました。
ただ、このシーンは場内ではまったく問題視されず、また多くのサッカーに携わる人達がオフサイドとして当たり前のようにとらえています。
もし、主審をやっていてこのような事象にあったときオフサイドを取らなければ、相当周りから叩かれること間違いなしです(笑)

>しっかり日本の選手・ファン・サポーターなどに説明する必要があるとは思いますが。

これ、しっかりやってくれないと困りますね~。

今後も記事の方、楽しみにしておりま~す。
2019/11/04(月) 21:46:10 | URL | M #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

M さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ただ、このシーンは場内ではまったく問題視されず、また多くのサッカーに携わる人達がオフサイドとして当たり前のようにとらえています。
> もし、主審をやっていてこのような事象にあったときオフサイドを取らなければ、相当周りから叩かれること間違いなしです

そうなんですよね。オフサイドのフラグアップを保留していて、フラグアップおよび笛が遅れるケースも、結構クレームがつきますよね。

> >しっかり日本の選手・ファン・サポーターなどに説明する必要があるとは思いますが。
> これ、しっかりやってくれないと困りますね~。

期待しつつ、我々は現場でできることを地道に実施していきましょう!
これからも、このブログの応援をお願いいたします。


2019/11/04(月) 23:19:51 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3638-59839fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック