FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2019/20競技規則 -解釈に関する重要な説明について(抜粋:第14条-ペナルティーキック)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



law_14_2019-20_001.jpg


2019/2020年度の改正で、競技規則にははっきりと書かれていないものの、運用上、とっても注意しなければならない通達が出ていますので、紹介しておきます。



試合中の「ペナルティーキック」、および前後半のハーフあるいは延長の前後半の時間が満了してから行われる「ペナルティーマークからのキック」に関わるルールです。



「ボールがインプレーになる前にゴールキーパーが前方に飛び出てペナルティーキックをセーブしたのであれば、確実にキックを再び行わせなければならない。しかしながら、ゴールキーパーが前に出ることで明らかに影響をキッカーに与えていないのであれば、ボールがゴールの枠を外れる、あるいはボールがゴールポストやクロスバーから跳ね返ったならば、主審は競技規則の“精神”を適用して、キックを再び行わせない。」・・・IFAB(国際サッカー評議会)からの通達文。



日本協会の解説

『ペナルティーキックで、ボールがけられる前にゴールキーパーが飛び出し、その後けられたボールがゴールに入らなかったならば、キックをやり直すことが原則です。しかしながら、ゴールキーパーの飛び出しの影響がなく、そもそもキッカーのミスにより得点とならなかったケースまでをやり直しとするのは、サッカーという競技が求めること、つまり、競技規則の精神が求めることではないことが明確に示されました。すなわち、ボールがけられる前のゴールキーパーの飛び出しがキッカーに影響を与えず、キッカーのミスでゴールを外す、またはゴールポスト等にボールを当て、得点とならなかったならば、それは反則としないということになります。もっとも、ゴールキーパーの飛び出しによりキッカーがキックすることを躊躇する、またはキックに影響があったと審判員が判断し、その結果キックが失敗したならば、反則として、ペナルティーキックはやり直しとなります。IFAB からこの解釈が発信されたことから、審判員は、単にゴールキーパーの飛び出しがあったかどうかのみならず、その飛び出しが如何にキッカーに対して影響を与えたのかも判断し、得点としない、またやり直しの判定を下すことが求められるようになりました。また、この解釈について、競技者やチーム役員も十分に理解して競技に臨むことが必要となります。』



要するに、キックが行われる前にゴールキーパー(以下、GK)が前方に飛び出して違反し、キックされたボールをGKが完全に止めきったり、ジャンプ一番ボールに触れてコースを変えてボールがクロスバーを越えたような場合は、GKを警告した上でキックをやり直すけれども、GKが前方に飛び出したあとに行われたキックが、ゴールキーパーの飛び出しに関係なく単純にキックミスで枠を外したような場合は、キックをやり直しせず、キックは失敗したという結果にしなさいよ(当然GKは警告されない)、というものです。



ただ、単純なキックミスかどうかの判断は審判員に委ねられることになっているので、揉めるのは必至です。「GKが触れることが出来ずにゴールに入らなかったケースは全部ミスキックとして扱う」、というような潔いルールのほうが見ているみんなが判りやすくてよいと思いますが・・・。



上の文章が掲載されている通達(JFAのサイト)はこちら。

国際サッカー評議会(以下、IFAB)から 2019 年 8 月 21 日付回状第 17 号をもって「2019/20 競技規則-解釈に関する重要な説明」について通達がありました。通達自体の日本語訳は、以下のとおりです。



この通達に関して、JFAは映像も作成してUPしています。(一番上のキャプチャは、下の映像から切り取ったものです。)



2019/20競技規則 -解釈に関する重要な説明について

2019年8月21日、国際サッカー評議会より「2019/20 競技規則-解釈に関する重要な説明」について通達がありました。その中から抜粋して、「第14条ペナルティーキック」について事例を示しながら説明します。





2020年度の資格更新のための講習などで、説明があるはずですので、皆さんしっかり確認しておきましょう!



※2020年の4月以降に新ルールに関わる方が多いと思いますので、3月下旬にまたこの記事を再掲示する予定です。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。






  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3639-99db7f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック