FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録 (2019/11/03) 主審 × 1.0 イエローカード × 1


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、所属する地区の協会から派遣されて、1種(社会人)の都道府県の公式リーグの主審を1本担当。試合時間は、90(45-15-45)分。副審は2人とも3級。ちなみに。、この試合は、インストラクターによるパフォーマンスチェック付き。



試合後の振り返りで、インストラクターから指摘された内容を少々。



動き出しとポジショニングについて。

もう少し、チーム戦術に合わせたポジショニングで対応してもよかったのでは。(DFの裏へのスルーパスなどに備え、攻撃側の比較的高い位置で「遅れない」ことを意識したポジションをとることが多かったが、あまりDFの裏へのスルーパスは戦術として使われなかった。結構、中央でくさびの位置から一旦落としたり(戻して)再び突破を目指したり、フリック気味にワンツーで突破していくケースが多かったので、高い位置より選手を先行させるシーンを多くしてもよかったのかも。)



全体的な争点との距離について。

印象として、遅れる・離れすぎる、というようなことはなく、ファウルが見極められる位置にはいたと思うが、得点シーン(ボールがゴールに入った瞬間)には、できるだけペナ内には入っていましょう、と。これ、意識してはいたのだけれど、最後に「流して」しまうのが早かったかなぁ・・・。次回は指摘されないようにしよう、っと。



アドバンテージを積極的に適用していたことは褒めていただきました。(今日はたまたま、ロールバックもなかった。)



そうそう、イエローカードは、後半の最初の頃。



攻撃側競技者が中盤でパスを受け取って抜け出ようとしたところ、守備側の中盤の選手が露骨に相手競技者を押さえて派手に倒したプレーに対しての提示。なかなか派手に引っ張り倒したので、ラフプレーで出したように感じた人もいたようなのだけれど、あくまで「押さえる」動作だったため、チャンス潰しの「反スポ」として提示。



といったところが、本日の主な内容。




←もうちょっと下がったら買おうかな。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3644-8027ded4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック