FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2020/01/12) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







本日は、所属する地区の協会から派遣されて、4種(U12)カテゴリーのとある大会の主審を1本担当。11人制。試合時間は30(15-5-15)分。



副審は、地元の高校のサッカー部の選手たちが務めてくれた。試合前に少し打ち合わせすることができたので、きちんとアイコンタクトをとってくれて、非常にやりやすかった。



ただ、ボールがゴールラインを越えたときに、ゴールラインまで到達していないケースが多く、ゴールキックのシグナル(時にはコーナーキックのものも)がゴールラインからかなり離れた場所で行われていた。普段、学校での練習試合などで、ゴールラインまでボールを追う癖がついていないのでしょう。



ボールがゴールラインから数えて2人めの守備側競技者を越えた瞬間から、ボールの位置がオフサイドラインになる訳なので、「オフサイドライン・キープ」を励行していれば、ボールがゴールラインを越えた時に、副審もゴールラインに到達しているはずなのですけどね。



ハーフタイム中に「ゴールラインまで追ってね。」ってお願いしたけど、すぐには直りませんでしたね(笑)。ということで、なぜしっかりゴールラインまで追っておく必要があるのかという理由などを説明させてもらいました。



「例えば、ミドルシュートがクロスバーに当たったあと、ゴールの中でバウンドして再びフィールドに戻ってきた場合などにおいて、副審がゴールラインから離れた位置にいる状態で「ゴール」を認めるのと、副審が限りなくゴールラインに近い位置で「ゴール」と判定したのでは、選手・ベンチ・観客に対する説得力が違うんですよ。」というような感じで。



さて、試合中の出来事など。



アドバンテージは3回ほど。ロールバックなし。引っ張る(押さえる)系でのアドバンテージの適用が多かったと思います。



直接ゴールが狙える位置でのフリーキックが3回ほど、最初の2回は、壁を下げるか聞いたところ、「下げて欲しい」という要請を受けたので、セレモニー形式で行ったのだけれど、3回目の時には「下げなくていい」と言われたので、てっきりクイック気味にリスタートするものだと思い込んでキックが行われるを待っていたら、なかなかリスタートしない。クイックリスタートすると思っているので、壁の位置も中途半端なところにある状態。(歩測せずに壁の位置を私が調整するのは、守備側競技者がボールから目を離してしまうリスクが伴うので、できないし・・・。)



今回のように、再開にあまりに時間がかかった場合は、笛で介入して、きちんと壁の操作をすべきでした。反省。



  




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3697-67fd17b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック