FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
『サッカーレフェリーズ』 という本
 

 

今日は、比較的審判初心者の方にお勧めな本を紹介します。

 

私が4級審判員の資格を取得した際、競技規則と一緒に、「サッカーレフェリーズ」((財)日本サッカー協会審判委員会 監修 浅見俊雄 著)という冊子が副教材として使われていました。(もしかしたら、記憶違いかもしれませんが・・・。)

 

2009年度に4級審判員資格を取得した長男は持っていないし、各都道府県サッカー協会で4級審判員資格の取得にかかる費用(受講料)が異なっているようなので、必ずしも4級審判員資格を取得した際に配られる副教材ではない様子。

 

過去に何度か記事本文やコメント欄で紹介した、「サッカーのルール」(成美堂出版)は、文庫本サイズなので、持ち運びしやすいのですが、「サッカーレフェリーズ」は変則のA5サイズ(縦はA5とほぼ同じで、横がA5より少し長め)なので、ちょっと持ち運びには不向きです。

 

ただ、なぜ初心者の方に適しているかというと、この本の「はじめに」のところに、

 

「本書は、はじめて審判をしようとする人や、審判を初めて間もない人、すなわち4級や3級審判の資格をとろうとしている人や、なりたての審判員のためのテキストブックを意図して作成したものである。(後略)」

 

と書かれている通り、極力試合の流れに沿う形で読み進めていく形式になっています。

 

それは目次を見るだけでも良く解ります。

 

目次を羅列するのも確か厳密に言うと著作権の侵害になったような気がしますが、記事の最後にこの本のAmazon のリンクを貼っておくので、大丈夫かな。もし、著作権の侵害になるようでしたら、「(財)日本サッカー協会」さん、発売所の「丸善」さん、浅見俊雄様、ご連絡ください。すぐに記事を削除します。

 

第1章・・・試合をはじめる前に

第2章・・・入場からトスまで

第3章・・・試合を進行させる

第4章・・・オフサイド

第5章・・・反則と不正行為

第6章・・・フリーキック

第7章・・・ペナルティーキック

第8章・・・ゲームコントロールとスムーズランニング

第9章・・・延長戦とペナルティーマークからのキック

第10章・・・試合を終わらせる

第11章・・・試合を終わってからすること

※この目次は2004/5年版のものですので、ご了承ください。

 



第1章では、試合前に行うべきフィールド、ボール、メンバーチェックの仕方などの説明があって、審判の持ち物などの説明もあります。

 

第3章では、試合のはじめ方、途中のリスタート(スローイン、ゴールキック、コーナーキックなど)の方法が説明されて、第4章から第7章までは「反則系」のお話、第10章で試合の終わり方というように構成されています。

 

試合の審判を担当した際に、実際に起こる事象を限りなく時系列に沿った形で説明がなされているので、初心者の方は競技規則を読むより、この本を読んだ方が審判という役割のイメージがしやすいと思います。

 

競技規則などには書かれていないけど、どうすればいいのだろうと、初心者の方が疑問に思いそうなことを、きっちり書いてくれていますし、初心者の方にとっては、競技規則のどこに書かれているのかが解らない場合も多いと思いますが、この本は試合の時系列に沿って書かれているので、調べたい項目を探すのも容易です。

 

例えば、第10章の「試合を終わらせる」という章では、前半終了時の笛の説明のところで、「笛の後、センターマークを指すことが多い。」という説明があったり、タイムアップ(後半終了)のところでは、イラストに「ピッ、ピッ、ピーッ」と3連の笛をイメージさせる言葉が書かれているのと同時に、「最後は心をこめて長く」というような言葉も添えられています。(この例は2004-2005 年度版です。)

  

競技規則は、途中、難解な表現が出てくるので、最初から最後まで理解しながら読もうとするとかなり根気が必要ですが、この本ならほとんど抵抗なく最初から最後まで読めると思います。 

 

もちろん最終的には競技規則を隅から隅まで読んでいただく必要はありますが・・・。   

 

ということで、Amazon のリンクを貼っておきます。少し大きめの書店であれば置いていると思いますが、配送料無料(2011.03.25現在)のようなので、近くの書店に置いてなかったという方は、ぜひ下のリンクをクリックして注文してやってください。(Amazon から3.5%の手数料が私に支払われるらしいのですが、未だにアフィーが注文に結びついたことがないので、よく解りません。)

 
 ← 2014/2015年度版

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
この本私も持っています。大変便利ですよね(^o^)v
因みに本文中で、負傷等一旦フィールドを出た競技者が再度入る場合の説明が間違っていたので、読者ハガキ出したところ、次年度で訂正するとのことでした。
2011/03/25(金) 23:57:25 | URL | 湖人 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
湖人さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
 
本の文章の誤りを見つけられたとのこと、素晴らしい!(GOOD JOB)ですね。
 
ちなみに、それは最新版(2010年度版)でしょうか?私の持っている2004年度版では、復帰に関する説明のところで、おかしいと思われる文章は見当たらないですねぇ・・・。
 
もし、よろしければ、何年度版で、誤っている文章などもお教えいただけないでしょうか?
 
同じ本を持っている他の方でその文章に疑問を持っている方のお悩みが解消されると思いますので。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
2011/03/26(土) 01:41:26 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
管理人さんこんばんは。
サッカーレェフェリーズは最新版です。P71です。
出版社さんの手紙では、
『外に出た競技者は、プレー再開の後、次のアウトオブプレーになるまではプレーに復帰させることはできない。』というところが誤りで、『外に出た競技者は、プレーが再開されるまではプレーに復帰させることはできない。』が正当との返事でした。

アウトオブプレーでしか復帰できないわけではないということだと思います。
また確認してみてください。
2011/03/26(土) 19:38:29 | URL | 湖人 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
湖人さん、早速の返信コメントありがとうございます。
 
やはり最新版(2010年度版)の表記でしたか。
 
私の所有している2004年度版は、「外へ出た競技者は、プレーが再開された後でなければ復帰できない。」と正しい文章になっています。(なので、最初、湖人さんのお話がいまいち理解できなかったのですが、今回頂いたコメントで理解できました。ありがとうございました。)
 
2010年度だけの誤りなのでしょうかねぇ・・・。
 
とりあえず近いうちに、2010年度版を書店で確認してみます。(確認してから記事に追記を入れさせていただきます。)
 
情報ありがとうございました。 
 
 
2011/03/27(日) 00:13:44 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
湖人 さん、先日二男が講習会で貰ってきた2011/2012年版では、上記(P71)のところがきちんと修正されていましたよ~。
 
2012/04/26(木) 23:56:41 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/370-93dc584f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック