FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
コイントスの方法・やり方


 ← 通常配送無料で630円(2013/08/29 現在)。



以前の記事 「主審時の持ち物 パート4 (トス用コイン)」 のところで、コイントスのやり方について、簡単に紹介をしました。



その記事で、簡単にコイントスの方法について説明を書いたのですが、YouTube 上で見つけたサンプル映像をいくつか紹介しながら、再度説明をしておきます。(アクセスログによると「コイントス やり方」という検索で前述のページに来られる方が結構いらっしゃるようなので、正式なコイントスのやり方をきちんと説明するページを作っておきます。)



あくまで、ここで紹介・説明するのは、Jリーグや国際大会で行われるやり方です。



先に、競技規則を確認します。



競技規則 第8条 プレーの開始および再開

進め方

試合および延長戦開始時のキックオフ前

●コインをトスし、勝ったチームが試合の前半に攻めるゴールを決める。
●他方のチームが試合開始のキックオフを行う。
●トスに勝ったチームは、試合の後半開始のキックオフを行う。
●試合の後半には、両チームはエンドを替え、反対のゴールを攻める。




コイントスは、原則として、入場関係のセレモニー(両チームの選手による握手など)のあとに行います。



1)審判団とコイントスに参加する両チームのキャプテンが握手を交わします。(セレモニーで握手は既に交わしているので、時間がなければ握手は省略しても良いかもしれません。)



2)主審はコインの表裏を確認しながら、どちらのチームがどちらの面(色)になるのかを決定します。このとき、どちらかのキャプテンに面(色)を選ばせても構いません。(私の場合は、勘違いしないようにコインのどちらかのカラーとユニフォームのカラーを一致させるようなかたちにして、私の方で決めてしまいます。)


3)コインを空中に放り上げます。



4)コインを手で受け止めるか、地面に落して、上になっている面(色)を確認します。(コインを手で受け止めると、やり方によっては作為的に見えるような気がするので、私は地面に落とす方式を使っています。)



5)コインの上面になっているほうのチームがコイントスの「勝ち」となります。コイントスに勝ったチームが、試合の前半に攻めるゴールを選択できます。コイントスに負けたチームが、試合開始のキックオフを行います。(4種の試合では、コイントスに勝ったチームがキックオフを選択しようとすることがありますので、事前にこのことをきちんと伝えておいたほうが無難です。)




それでは、サンプル映像を確認していきます。西村さんは、投げ上げたコインを手で受け止める方式ですね。


YouTube: 20110226ゼロックススーパーカップ西村主審のコイントス



コイントスの終了後に、審判団がお互いの健闘を願って握手を交わしています。 



続いて、家本さんのコイントスの映像。声が聞こえないのでなんとも言えませんが、コイントス前に、鹿島・小笠原選手と、清水・岩下選手のどちらがコインの面を選択するかで譲り合っているような感じです。最終的に岩下選手が面を選択したようですが・・・。




YouTube: 20110101天皇杯決勝鹿島VS清水・家本主審のコイントス@国立



村上さんは、地面に落とす方式のようです。


YouTube: 20100918浦和VS清水 村上主審のコイントス



野田さんも、地面に落とす方式のようですが、落としたコインが天然芝に上手くはまって立った(?)のか、コイントスをやり直しています。


YouTube: 第90回天皇杯 2回戦 FC岐阜vs栃木SC コイントスやりなおし



ちなみに、延長戦の前と、PK戦の前にもコイントスが必要です。従って、延長戦後にPK戦を行う試合の場合、コイントスは3回行われます。



競技規則を確認しておきます。まずは、延長戦のほうから。



競技規則 試合またはホームアンドアウェーの対戦の勝者を決定する方法

延長戦

競技会規定には、それぞれ15分間を超えない範囲で前、後半同じ時間の延長戦を設けることができる。これには、第8条の条件が適用される。




第8条の条件に、「コインをトスし、勝ったチームが試合の前半に攻めるゴールを決める。」とあるので、コイントスが必要です。



続いて、PK戦のほうを確認します。

競技規則 同 試合またはホームアンドアウェーの対戦の勝者を決定する方法 より

ペナルティーマークからのキック

進め方

●主審は、キックを行うゴールを選ぶ。
●主審はコインをトスし、トスに勝った主将のチームが先にけるか後にけるかを決める。

(後略)




PK戦の前のコイントスについては、コイントスに勝ったチームが先攻・後攻を選択できます。



ということで、1試合で「コイントスは最大3回」と覚えておけば、コイントスが必要かどうか悩む必要はなくなります。



  



☆ 関連記事 ☆

「主審時の持ち物 パート4 (トス用コイン)」

「審判の持ち物関係の Amazon のHTMLリンクを集めた記事」



 




 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/371-9779808f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック