FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
Inside Video Review: Week 2(2020)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







Inside Video Review: Week 2



1つめの映像。

主審の死角で行われたプレーがハンドリングになるのかどうか。ハンドリングの場合、DOGSOになるのかどうか。プレーが切れず、ハンドリングの反則を犯したチームのほうが得点してしまった、というケース。最終的に得点は認められず、ハンドリング(手が肩付近まで上がっているし、手が明らかにボールの方向に動いています)がDOGSOとなりました。


2つめの映像。

2019/2020ルールより、競技者から跳ね返ったボールがナチュラルポジションの手や腕に当たった場合、原則反則とはならなくなりましたが、攻撃側の相手ゴールに直結した場合に限り反則となる、というルールが適用されたケース。



3つめの映像。

日本協会は、PK時のゴールキーパーの飛び出しに関しては、あまりシビアにとらない、という感じでしたが、米国プロ審判協会は、結構シビアにとっているような気がします。



4つめの映像。

最初は飛び込んだほうのファウルかな、と感じていましたが、よくよく映像を見てみると、突っ込んでこられたほうが、相手の足をスパイクの裏で踏みつけていた、というプレー。

VARはレッド相当として、レビューをレコメンド。レビューを確認した主審が、「(主審自身が下した)『ノーファウル』の判定は確かに間違いだが、VARの『レッド相当』の判定も正しくない。レビューを見た結果として、『イエローカード』を提示することにした。」という映像。

もっとも妥当な判定だと思いますが、VARは「レッドカードか否か」にしか介入できないことになっているハズなので、これでイエローカードを提示するのはアリなんでしょうかねぇ・・・。(一応、Definitive Angleの記事でも、この場合はイエローカードは正しい結果だと書かれていますが・・・。)

ま、「明らかな間違い」であることは間違いない。



上記4つの映像については、米国プロ審判協会の別の独立した記事
The Definitive Angle: MLS Week 2
でも触れられていますので、ぜひそちらもご覧ください。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。





  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/3729-7d6a99dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック