FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
副審のシグナル (その6、集団的対立)
 

 

今日の内容については、「副審のシグナル」という括りの中に記述されていますが、特に何かシグナルがあるわけではありません。

 

副審は、基本的には主審の許可がない限り、試合が行われているフィールドの中に立ち入ることはできません。

 

しかし、集団的対立が予見されるとき(主審に危害が及ぶ恐れがある場合も含む)は、人道的見地から「気にせず入れ!」ということですね。  

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審

副審のシグナル

集団的対立

多くの競技者を巻き込んで騒動になった場合、近くの副審がフィールドに入って主審を援助することができる。もう一方の副審も、その騒動を監視するとともに事実の詳細について記録しなければならない。


   

「16枚のイエローカード」という過去記事の中で紹介したことがあるのですが、米国サッカー協会・審判部の2010年10月度の Referee Week In Review 28 の Clip2 で、騒動(集団的対立)になることを予見した副審が、主審に許可を求めることなくフィールド内に素早く入って選手を静止している映像を紹介します。こちら の Clip2 をご確認ください。 

 

http://www.ussoccer.com/News/Referee-Programs/2010/10/2010-Referee-Week-In-Review-28.aspx 

 

以前の記事にも書きましたが、この副審さん、体格の割に動きが素早いです。この副審および主審が対立した2名を素早く引き離したおかげで、集団的対立まで発展することなく事態が収拾しています。(審判団の Fine Play です。)

 

そしてその後の主審の「両成敗(スポーツマンらしくない振る舞いということで両者ともにイエローカード)」も参考になります。

molten(モルテン) アシスタントレフェリーフラッグ QF0020
molten(モルテン) (2012-03-29)
売り上げランキング: 92,298

 

☆ 関連記事 ☆

「16枚のイエローカード」 

「米国サッカー協会・審判部」

「困ったときの米国サッカー協会」 

「<問題> この映像の次の再開方法は?」 

「一見オフサイドに見えて、オフサイドではない例」 

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
はじめまして。Masaと言います。
愛知県在住の中学生で部活の公式戦などで
審判をしています。

Jリーグでの暴力行為の
ことで1つ疑問に思ったことが
あったので、質問させてください。

ある試合でのこと。
ある選手がなかなか攻めきれない
ことに対していらだっていました。
するとそのいらだちからか
相手競技者に対して暴力行為を
行いました。試合は停止し副審との
協議のあと両者にイエローカードが出ました。

という試合でしたが、
なぜ両者にイエローカードが出たのでしょうか?
暴力行為を行った競技者だけ罰するのではないん
ですか?

長文で申し訳ありませんが
よろしくお願いします。
2014/03/08(土) 18:52:51 | URL | Masa #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
Masa さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

昨年のJ1 第29節 鹿島アントラーズ 対 浦和レッズのダヴィ選手の件ですかね?
 
ダヴィ選手の行為はその行為だけを見れば決して許されない行為ですが、その行為は「森脇選手の挑発行為」に起因している、という判断だと思います。(あくまで推測の域を出ませんが。)
 
この件でしたら、過去記事
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/12/2010_referee_we.html
で触れていますので、そちらをご確認ください。
 
この件でないようでしたら、もう少し具体的に(できれば映像が確認できる場所を)ご連絡ください。
 
一般論として、暴力行為に対しては、何かそれを誘発する事象(前触れ)があるはずで、プレー中の出来事に対しての暴力行為は単純に一発レッドになると思いますが、挑発行為などがあれば、単純に片方だけを裁く訳にいかないと思います。
 
先の例であれば、ダヴィ選手はうるさくつきまとって挑発してくる森脇選手に「うるさい、どけ!」と押しのけただけ、というように見えなくもないです。(森脇選手が、わざと大げさに倒れているように見えなくもないと思います。)
 
もちろん、あくまで私個人の感想ですが。
 
2014/03/09(日) 02:46:40 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
早速のご返信ありがとうございます。
なるほど、相手競技者の挑発行為ですか。
その可能性については考えていませんでした。
本当に単純な暴力行為なのか、
挑発に対しての暴力行為なのかを
踏まえてレフェリングをすることが
大切なんですね。
ありがとうございました。
2014/03/09(日) 09:46:36 | URL | Masa #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/385-493799e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック