FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
副審のシグナル (その5、ファウル)
 
 

先日の記事で、「手の不正使用に関係するファウルサポートは難しい」ということを書いたのですが、今日はちょうどそのファウルサポートに関係する部分を競技規則で確認します。

 

3級レフェリースクールでは、積極的にファウルサポートするように指導されましたが、合同(自主)トレーニングでお世話になっている1・2級の審判員の方々からは、あくまで「主審の死角・視野外で行われたファウルに対してサポートすべきであり、主審が見てファウルと判断していないプレーをファウルサポートしないように。」というアドバイスを頂いている。

 

要するに、主審のファウル基準を尊重し、副審が出しゃばっちゃいけないよ、ということなのでしょう。

 

そのことは、競技規則のガイドラインにもきちんと書かれていますので、確認します。(例によって、青文字が競技規則の文章です。)

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審

副審のシグナル

ファウル

副審に間近なところまたは主審の視野外で、ファウルまたは不正行為が犯されたとき、副審は旗を上げなければならない。その他の状況ではすべて、意見を求められるまで待たなければならない。意見を求められた場合、副審は何を見たのか、聞いたのか、どの競技者が関わったのか、主審に伝えなければならない。


反則をシグナルする前に、副審は次のことを判断しなければならない。

●反則が主審の視野外にあったのか、または主審の視野が遮られていたのか
●主審が反則を見た場合、アドバンテージを適用するのかしないのか


 

オフサイドラインを意識しながら、ボールの出所とボールの収まる先のプレー(選手)も見ながら、主審の目線も確認しなければなりません。これらのうちの1つの場所を注視しすぎてもいけないし、よく見ていないと判断(シグナル)を誤ってしまいます。この矛盾を自分で解消しないといけません。

 

そして主審がアドバンテージをかけようとしている場合は、当然ファウルサポートをする必要はないのですが、主審の視野外での守備側のファウルが確認できたので、右手でフラグを振ってファウルサポートしたら、同時に主審が「プレーオン(アドバンテージ)」をかけた、というような場合、副審は速やかにフラグを下げてオフサイドライン・キープに戻らなければなりません。

 

競技規則 ガイドラインの続きです。

ファウルまたは不正行為が犯されたとき、副審は次のことをしなければならない。

●その後、シグナルするときに用いる手と同じ手で旗を上げることにより、主審にどちらの競技者がファウルを犯したか容易に示すことができる。
●主審を目で確認する
●旗を左右に振る(過度にまたは強く振ることは避ける)
●必要であるならば、シグナルビープを用いる。


 

「シグナルビープ」については、「何だそれ?」という方もいらっしゃるかもしれないということで、昨日の記事で簡単な紹介をしていますので、そのような方は、こちら、をご確認ください。

 

ファウルサポートは、できれば「守備側ファウルの場合:右手」、「攻撃側ファウルの場合:左手」でフラグを持って左右に振って、連続した動作で攻撃側・守備側のフリーキックであるという「シグナル」を行います。
ar_10_07.jpg


ある上級審判員の方は、持ち手を意識することよりも、主審の視野外で行われたファウルをしっかりサポートすることのほうが大切で、持ち手を間違えて振った場合は、腰より低い位置で持ち替えてシグナルし直せば良い、というアドバイスをしてくださいました。(私が3級の審判員であるということを踏まえてくださった上でのアドバイスなのかも知れませんが・・・。)

 

副審は “ ウェイト・アンド・シー: Wait & See (多少待って、様子をうかがう)技術 ” を用いてプレーを続けさせ、反則を犯されたチームがアドバンテージにより利益を得た場合旗を上げてはならない。この場合、副審が主審を目で確認することが大変重要である。

 

「じゃぁ、どのくらい待つの?」となるのですが、あまり時間が経ち過ぎると「ん?何のフラグ(シグナル)」となるので、「早過ぎず・遅過ぎず」という表現しかできません。(涙) 

 

そして、ファウルサポートする際、一番気をつけなければならないのは、ファウルがペナルティーエリアの外側なのか内側なのかということです。

 

ペナルティーエリア内で守備側チームの選手がファウルを犯した場合、PKとなって失点に繋がる可能性が高いため、ファウルサポートは慎重に行わなければなりません。

 

私が主審を担当する場合、ペナルティーエリア外のファウルについては、副審の方にファウルサポートをお願いしますが、ペナルティーエリア内は攻撃側チームの選手が犯したファウルのみファウルサポートをお願いするようにしています。(ペナルティーエリア内の守備側チームの選手のファウルは、私が直接ファウルであると確認したもののみ、PKにするということです。)

 

ペナルティーエリア外のファウル

ファウルが(ペナルティーエリアの境界線近くの)ペナルティーエリアの外で犯されたとき、副審は、主審がどこにいるのか、どのような対応をとったのか目で確認するものとする。副審はペナルティーエリアラインのところに立ち、必要であれば旗を上げなければならない。


 

ペナルティーエリアの外側か内側か主審の位置からは判断し辛いと思われる時、副審が外側であると判断するならペナルティーエリアライン(の延長線上)に立つというのは、内側の場合の立ち位置と明確に区別するためです。(後述)

 

カウンターアタックの状況であれば、ファウルが犯されているのかどうか、ファウルがペナルティーエリア内か外か(これらはどんな場合でも優先して判断されるものである)、さらにどのような懲戒の罰則を与えるのか、主審に伝えることができるようにしなければならない。

 

大きなチャンスとなる攻撃の芽を摘むファウルであれば、反スポーツ的行為としてイエローカードの対象ですし、決定的な得点の機会の阻止ならば、レッドカードとなります。

 

(2010/2011年度版の競技規則P158~162の6頁にわたって「決定的な得点の機会の阻止に関する図解」がありますので、そちらもご参考に。)

  

ペナルティーエリア内のファウル

特に副審の位置の近くのペナルティーエリア内において、ファウルが主審の視野外で犯されたとき、先ず副審は、主審がどこにいるのか、どのような対応を取ったのかを目で確認しなければならない。主審が何の対応も取らなかった場合、副審は旗をあげ、ビープシグナルを用いると共にはっきりとコーナーフラッグの方向に移動しなければならない。


 

このペナルティーエリア内のファウルというのは、守備側のファウルを意識して書かれているので、副審は「コーナーフラッグの方向に移動」となっています。(主審が笛を吹いてPKを宣言したあと、ペナルティーエリアの境界まで移動するからですね。) 

 

ペナルティーエリア内で攻撃側のファウルなら、もちろんコーナーフラッグの方向に移動する必要はありません。 

 

おまけ。

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者を抑える

手、腕、または体を用いて相手競技者の進行や動きを阻止することは、相手競技者を抑えることである。

(中略)

守備側競技者がペナルティーエリアの外で相手競技者を抑え、そのままペナルティーエリア内でも抑えていた場合、主審はペナルティーキックを与えなければならない。

(後略)


 
というルールがあることもお忘れなく。

 

☆ 関連記事 ☆

「『シグナルビープ・システム』とは」

「アジアカップ日本代表戦(2011.01.25) の2つのPKシーンについて」

「審判のトレーニング (その5)」

  
molten(モルテン) アシスタントレフェリーフラッグ QF0020
molten(モルテン) (2012-03-29)
売り上げランキング: 92,298


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
こんばんは、4級おやじ審判です。

副審とはいえ、場面によっては、相当高等な心技の
世界にあるんですね。主審を立てながら、
瞬時の出来事を、旗や動作で伝えるんですから、
かなり心労の多い仕事であることを、再度認識しました。審判講習会で、実は副審の方が、動きは多く、気が抜けないとのコメントを思い返しました。
それから、先日のゼロックス、家族席が当たり、家も近いし、ホームなので観戦してきました。
ご存じのように、西村主審、相楽A1副審のコンビで、正直試合より、審判団の所作に釘付けとなりました。何と素晴らしい、主審と副審の間合い、真似することが沢山ありましたね。猿まねでもいいから、実行して、結果を見て、修整して、また実行。今年は、この路線で、審判業を熟成したいと思います。それでは、また。
2011/03/03(木) 01:06:29 | URL | 4級おやじ審判 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
4級おやじ審判さん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
 
主審はもちろん大変ですが、副審も結構大変なんですよね。Jリーグなどの副審の1試合あたりの審判報酬が主審の半分(半額)に設定されていることに、個人的には違和感を感じます。
 
2/3の金額くらいは支払われてもいいような気がするのですけどね・・・。ま、FIFAの基準に準じて設定されているのだとは思いますが。
 
ゼロックスカップを生で観戦されたのですね。私は録画はしてあるのですが、まだ見ることができていないんですよねぇ・・・。
 
上級審判員の方のレフェリングを観戦することは、ご自身のレフェリングを向上させる方法の1つです。
 
私が通った3級レフェリースクールでも、上級審判員の方が担当される試合を3試合観戦(現在はもう少し増えているらしい)して、レポートを提出という課題がありました。
 
ですので、Jリーグをスタジアムで観戦するときは、今でもメモとペン持参で観戦しています。観戦場所は、R、A1、A2、4thの全ての動きが見える、A2のうしろのあたりです。
 
お互い、上級審判員の方の良いレフェリングをいっぱい吸収させてもらいましょう!
 
 
2011/03/04(金) 00:48:59 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/386-108758ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック