FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フリーキック時のオフサイドトラップの映像
 

 

昨日の記事で、フリーキックの際、「守備側チームがフリーキック直前にラインを上げてオフサイド・トラップを仕掛ける場合もあります。」ということを書きました。

 

このブログを読んでくださっている方の中には、「オフサイド・トラップ」って何ぞや? という方がいらっしゃるかも知れないので、簡単に解説しておきます。

 

オフサイド・トラップとは、攻撃側のフォワードまたはトップの選手などにパスが出るタイミングを見計らって、守備側チームがディフェンスライン(オフサイドライン)を意図的に相手陣地側に移動(「ラインを上げる」と言うことが多い)させ、ワザと相手選手がオフサイドになるようにすることです。

 

フリーキック時は、オフサイドの対象となるため、フリーキックがインプレーになる瞬間にオフサイドラインを上げて、オフサイド・トラップをかけることがあるので、副審は注意しましょう、ということです。

 

ただ、このトラップ(特にフリーキック時のオフサイド・トラップ)は、ライン付近にいる守備側競技者全員の息が合っていないと、かえってピンチになるリスクを孕んでいることと、審判団がしっかりオフサイドのルールを認識していて笛を吹いてくれるという確信がなければできないプレーです。

 

YouTube で探してみたところ、きれいにオフサイド・トラップをかけたのだけど、結局攻撃側チームが蹴ったボールが長くてうまくトラップにならなかった、という例と、守備側チームの選手の息が合ってなくてかえってピンチになって失点してしまった、というなでしこJAPANの映像がありましたので、紹介します。 

 

まずは、オフサイドにはならなかったけど、きれいなオフサイド・トラップの映像から。


YouTube: Offside Trap ?? Oo


守備側の息ピッタリの動きが美しいです。あまりの美しさのため(?)、副審が少し置いていかれている状態になっていますねぇ・・・。 

 


さて、もう一つの映像は、思いっきりオフサイド・トラップが失敗している、なでしこJAPANの映像です。

 

解像度が低いので、ボールが出たタイミング(インプレーのタイミング)が今一つはっきりしませんが、アメリカの7番の選手はインプレーになる瞬間、まだオンサイドにいる(オフサイドではない)ように見えます。 


YouTube: Olympics - US v Japan Offside Decision


他にもフリーキック時のオフサイド・トラップがきれいに決まっている映像も YouTube 上にあることはあるのですが、解像度が高くないので、とりあえず紹介するのはこの2つの映像だけにしておきます。

 

(興味のある方は、「offside trap 」で検索してみてください。カタカナで検索すると、JFA ではなく JRA のほうがたくさんヒットしてしまいますので、ご注意。) 

 


 


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
こんばんわ、4級おやじ審判です。
CLもスタートし、寝不足が続きそうです。

さて、ご説明の「ラインを上げる」ですが、
ぴったり該当するか否かという事例ですが、
昨日のCL ミラン VS トッテナム
0対1でトッテナムリード
その後半終了間際、ミラン最後の攻勢、
ゴール前のイブラヒモビッチが豪快なオーバーヘッドで
ゴール、、、「オフサイドフラッグが上がり」、、、

すいません、俯瞰の状況が分からないので、
戻りオフサイドか、ラインが微妙に上がったのかは
判断できませんが、非常に微妙な「ライン上げ」も作用していたかと思いました。 

たまたま見た場面と、ブログに相似した状況を察し、
コメントさせて頂きました。

余談ですが、JFAの審判委員長の松崎康弘さんの
著書、「審判目線」を精読中ですが、小生レベルの素人には使用言語等が分かりやすく、教材として良いのではないでしょうか?

またまた、つたないコメントをしてしました。
それでは、また。

PS
ブリーフィングの件、世の中には沢山ありました。
まとめるなどと、おこがましい話をしましたが、
相当、時間が必要です。期日の確約は出来ませんが、
がんばります。
2011/02/17(木) 01:05:19 | URL | 4級おやじ審判 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
4級おやじ審判さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
 
もちろんセットプレー以外でも守備側がオフサイドトラップをかける場合もあり、オフサイドだったのに正しいポジションにいなかったためにフラグアップできず、得点にでもなったりしたら・・・。
 
と、考えるだけで「ゾっ」としますね。
 
2011/02/17(木) 21:07:16 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/400-6e7c131a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック