FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
副審の任務と位置取り (その6、ペナルティーマークからのキック)
 
 

昨日の記事では、試合中にペナルティーキックとなった場合の位置取りを確認しました。

 

本日の記事は、前後半および延長戦で決着がつかなかった場合に行われる、「ペナルティーマークからのキック」、通称「PK戦」の場合の位置取りについてです。

 

まずは、競技規則 ガイドライン の確認です。

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審

位置取りとチームワーク

6.ペナルティーマークからのキック

副審の一人がゴールラインとゴールエリアラインの交点に位置しなければならない。その主たる任務は、ボールがラインを越えたかどうかをチェックすることである。

●副審は、ボールが明らかにゴールラインを越えたならば、特にシグナルを示すことなく、主審を目で確認を取らなければならない。

●副審は、ボールがラインを越えたかどうか明らかでない状況で確認したとき、先ず旗を上げて主審の注意をひいてから、得点を認めなければならない。

 

もう一方の副審はセンターサークルのところにいて、両チームの残りの競技者をコントロールしなければならない。


ar_06_01.jpg

 

まず、主審との試合前の打ち合わせで、A1・A2のどちらの副審がゴール側およびセンターサークル側を担当するかを決めておきます。

 

別に、PK戦で使うほうのゴール側を担当していた副審がゴール側を担当しなければならない、というような決まりはありません。

 

それぞれの副審の任務を大雑把に言うと、

 

センターサークル側の副審の主たる任務

同じ選手が2度キックを行うことがないように、背番号で確認しながら選手をコントロール。(キックが2順目に突入した場合を除く。)また、PK戦が行われている間、キッカーとゴールキーパー以外の選手がセンターサークルの外に出ないようにもコントロールします。

 

ゴール側担当の副審の主たる任務

ボールがゴールに入ったかどうかの判定のサポート。(明らかに入った、明らかに入らなかったとわかる場合は、特に合図はしません。)

 

となります。

 

もう少し、詳しく書いておきます。

 

まず、センターサークル側の副審は、キックが得意な選手が2順目になる前に不正に2回目のキックを行わないようチェックします。(キックを行う選手の背番号を記録しておきます。)

 

また、キッカーおよびゴールキーパー以外の選手が、PK戦が行われる間、センターサークルに留まらせておきます。 

 

 

続いて、ゴールライン側の副審ですが、試合中のPK同様、ボールがけられる前にゴールキーパーがゴールラインから離れて得点とならなかった場合、フラグアップして主審に伝えます。 (ペナルティーキックのやり直し)

 

立ち位置は、ゴールラインとゴールエリアラインの交点です。(試合中のPKの時とは副審の立ち位置が異なります。)

 

キックするチームのゴールキーパーをゴールラインとペナルティーエリアラインの交点で待機させます。

 

主審との事前の打ち合わせにもよりますが、両副審も基本的にはブッキング(得点やキックを行った選手の背番号などの記録)を主審と同様に行います。(主審の勘違いなどのミスを防ぐため、予備的に記入します。)

 

なお、ゴールライン側の副審のPK戦中のフラグの持ち方については、競技規則上は特に規定されていなのですが、右手で持っている方が多いようです。

 


関連記事

「PK戦の人数をそろえる件に関して」

「PK戦のゴールキーパーのユニフォームについて」

「◆ ペナルティーキックとPK戦に関係するこのブログ内の記事を集めた記事」

  
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
いつも楽しく拝見しています。また大いに勉強になります。さて、10-11ガイドライン、第6条副審の項目でペナルティーキック、ペナルティマークからのキックの両方を読み比べますと「ボールが蹴られる前にGKが露骨にゴールラインから離れて得点とならなかった場合、副審は旗を上げなければならない」という文章が前者にのみ書かれています。自分は今まで、ペナルティマークからのキック(PK戦)については、この文言がない意味合いを主審の見る位置もより近づくために副審のフラッグアップはしないもの、主審に全任するものと決めてかかっておりました。実際にはゴールラインの監視にはGKの飛び出しも含めて監視しなければならないのですね。そういえば正月明けの高校サッカーの試合でも副審のフラッグアップ&やり直しの判定があったように思います。いや日々勉強ですね。
2011/02/10(木) 14:51:09 | URL | 3級めざせ現4級 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
3級めざせ現4級 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 
ハンドルネームから推測するに、3級昇格をチャレンジされている方でしょうか? ぜひ頑張ってください。
 
PK戦における監視項目については、主審との事前の打ち合わせにもよりますが、ゴールキーパーが前方に出たかどうかは、ゴールライン上で監視している副審のほうが判断しやすいと思うので、私が主審を担当する場合は、副審の方にその監視もお願いするようにしています。
  
主審によっては、(GKの飛び出しは主審である自分が判断するので、)ボールがゴールに入ったかどうかだけを確認してください、と要請される可能性もあります。その場合は、主審が求める項目だけしっかりサポートすればOKだと思います。
 
審判はチームワーク/チームプレーなので、チームで監視する内容に漏れがなければOKだと思います。お互い頑張りましょう!
 
 
2011/02/10(木) 23:30:50 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/407-56ba5d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック