FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
天皇杯決勝(2011/01/01)を見て(その1、審判団編)
 

 

元日の天皇杯の決勝を、NHKで見た。主審は、PR(プロフェッショナル・レフェリー)の家本さん。

 

家本主審については、以前の「レフェリー座談会 という番組」という記事で、YouTube にUPされているスカパーの映像を紹介していますので、そちらも参照ください。

 

http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-151.html

 

さて、リアルタイムでもNHKの番組をみていたのだけど、「ながら見」だったので、気になったところを中心にPCに録画したファイルで再生しなおして確認。

 

断っておきますが、主審を含む審判団を批判をするような記事を書くつもりは全くありませんので、あしからず。

  

まずは、試合前の用具チェックのシーン。

 

スタジアムの建物内で、副審がメンバー表を確認しながら、選手の用具チェックを1人づつ丁寧に実施しているシーンが映されていました。家本主審も用具チェックを見守るような感じで、チェックが済んだ選手と握手を交わしたり、笑顔でやりとりをしています。両チームの選手は相手チームおよび審判団と結構なごやかな雰囲気です。もうちょっとピリピリムードになっているのかと思っていましたが・・・。 

 

なお、用具チェックはベンチコートを脱いだ状態で行われましたが、チェックが済んだ選手はベンチコートを試合前のセレモニーが終了するまで着用しています。(国歌斉唱など、セレモニーが長いので・・・。)

 

ただ、審判団はベンチコートなどは着用せずに、セレモニー参加です。寒そ~。 

 

 

その後、フィールド内に一列に整列して、セレモニーが始まりました。国歌斉唱のシーンでは、清水の選手のアップに続いて、審判団もアップに。

 

審判の胸のマークがFIFAのロゴ(国際審判員)になっていました。一瞬、「ん?」と思ったけど、天皇杯の勝者は、FIFAが主催するACL杯に出場する権利を得られるので、FIFAの資格である国際審判員が、FIFAのワッペンを着用して担当することになっているのでしょう、きっと。(あくまで推測ですが。)

 

(2011/01/10 追記。FIFAロゴのワッペンのお話は、ACL杯には関係なさそうです。詳しくはコメント欄をご覧ください。)

 

さて、その審判団ですが、

主審:家本政明氏、副審1:大塚晴弘氏、副審2:八木あかね氏、第4審判:飯田淳平氏

の4名の国際審判員の皆さん、ということらしい(NHKの画面テロップの情報)。

 

2010年度のJリーグの担当審判員リスト、

http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=news&t=referee&y=2010

では、飯田淳平氏は、まだ国際審判員という表記にはなっていませんが、ウィキペディアによると、2011年度はプロフェッショナルレフェリー&国際審判員として登録されたようです。

 

2004年にJFAが開設したレフェリーカレッジの1期生の審判員らしいです(前述のウィキペディアより)。日本サッカー協会期待の審判員ということなのでしょう。 

 

以前紹介した「審判検索

http://j-player.main.jp/research.htm

によると、飯田淳平氏は2010年12月04日までに、J1の主審を24試合(2010年のシーズンは20試合)を担当されている方のようです。

 

プロフェッショナルレフェリーとして登録されたということなので、2011年度はもっと多くの試合を担当されるようになると思われます。年齢もまだ29歳ということで、これから数多くの試合を担当されていくことでしょう。(今回は第4審判としての担当でしたが。)

 

ご活躍に期待。(もちろん、良い意味で。)

 

 

(つづく) 

 

☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
インカレ決勝も飯田ですが、FIFAワッペンでしたよ
おそらく担当する試合にワッペンは合わせいないと思います
2級は地域所属で白色ワッペンですが、都道府県割のとき水色ワッペン付け換えませんしね
2011/01/10(月) 02:52:47 | URL | サッカー #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
インカレの決勝や高校サッカーの決勝、Jリーグでも国際審判員はいつもFIFAワッペンでしたよ

ただ、国際副審が主審を担当するときは1級のワッペンで担当してました(練習試合でしたが)
2011/01/10(月) 19:55:15 | URL | タカ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
サッカーさん、はじめまして。サッカーさん、タカさん、コメントありがとうございます。
 
観察不足でした!ご指摘ありがとうございます。(あとで記事本文を修正させてもらいますね。)
 
考えてみれば、ワッペンは資格認定書のかわりといえますから、持っている資格の最高のものをいつ着用して問題ないですよね。
 
ただ、タカさんのお話にあるように、FIFAの国際副審の資格を持っている方が主審を務める場合は、所有している主審資格の最高のものである、1級のワッペンをつけたほうが、無難ですね。
 
(国際副審は国内の1級ライセンスがないと取得できない、ということを知らない人から余計な突っ込みをされないために・・・・。)
 
サッカーさん、タカさん、また「おかしなこと」を書いているのを見つけたら、ご指摘ください。よろしくお願いします。
 
 
2011/01/10(月) 23:45:58 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/442-e0fd15fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック