FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2010/12/25) 副審(A2)×1.0
 

 

所属する都道府県協会から派遣されて、ユースリーグ(U-18、女子)の副審(A2)を担当。試合時間は30-10-30分の60分ゲーム。

 

会場はT大学の人工芝グランド。(今年の夏、主審を担当した際、試合終了間際に足がつってしまったグランド。)

 

主審はYさん、副審(A1)はKさん。Yさんは4種の指導者をされている方で、よくお会いする方だが、ペアを組ませていただくのは初めて。Kさんは、3級スクール時代にお世話になったインストラクター。お二人とも大ベテランの方々。

 

会場には試合開始の75分前に到着していたのだが、気温が低く、いつウォーミングアップをどの程度実施しようか悩む。一応、ゆっくり時間をかけてウォーミングアップ&ストレッチを入念に実施。

 

ウォーミングアップの後、主審と一緒にフィールドチェック&打ち合わせ。身体が冷えないようにベンチコートなどをしっかり着用していたが、やっぱり身体は冷えてしまった。風が強いのでどうしようもない状態だった。

 

さて試合の反省など。

  

前半の25分頃、攻撃側チームの選手が私のいるA2サイドからゴール前にクロスをあげた。そのボールがゴール前の守備側選手の足をかすめて、レフェリーサイドのゴールラインを割った。 

 

私の方から、守備側選手のワンタッチがあったことがはっきり確認できたのだが、主審のほうからは確認できなかった様子。

 

主審がゴールキックの合図をしながらアイコンタクトをとってくれたので、フラグでコーナーを2度指しして、主審にコーナーキックの判定に変えてもらおうと合図したが、主審は私がゴールキックの合図をしていると思い込んでしまっているようで、判定が変わらない。

 

インカムで「主審~、ワンタッチありましたよ~。コーナーキックですよ~。」と通信できれば良かったんですけどねぇ・・・。 

 

ギャラリーがいて、ザワつくとかヤジがはいるとかがあれば、主審がもう一度アイコンタクトをとってくれたかも知れなかったのだけど、残念ながら私のすぐ後ろにはギャラリーがいなかった。

 

攻撃側チームの選手も、ワンタッチをアピールすることもしなかったので、結局そのままゴールキックで再開となってしまった。

 

打ち合わせでは、原則レフェリーサイドのラインアウト時は、私が主審の判定に合わせることになっていたので、ハーフタイム中に、指し違いになってしまったことを私の方から詫びつつ、顛末を説明しておいた。

 

後半は、主審も意識してくださって、より慎重にアイコンタクトをとってくださったので、指し違いが起きやすいワンタッチのあとのラインアウトというシーンが2度ほど訪れたが、指し違いは1回もなかった。(もちろん、私もしっかりアイコンタクトをとりながら慎重にサポート。)

 

前半の出来事をもう一つ。

 

これは前半20分頃のシーン。

 

A1サイドのセンターサークル付近で、攻撃側チームがフリーキックの権利を得た。直接ゴールを狙えるかどうかは微妙な距離。

 

キッカーが助走を開始した瞬間、守備側選手が「するするする」と近づいていった。キックされたボールには触れることはできなかったが、完全に「既定の距離を守らない」というイエローカードの対象となるプレーだった。

 

主審はどうするかな、と思って見ていると、ボールが風にのって、クロスバーのぎりぎり下側を通過してゴールに突き刺さり、主審および副審(A1)はゴールを認めた。

 

試合後に主審に聞いて確認するということまではしなかったが、おそらくきちんとアドバンテージをみていた(考慮していた)のだと思う。

 

フリーキック時の「既定の距離を守らない」という反則については、蹴られたボールの行く先をきちんと確認してから笛を吹かないと、大変なことになる、ということを改めて認識した。(主審が笛を早く吹きすぎて試合を停止してしまうと、折角のゴールを主審が無効にしてしまう恐れがある、ということ。)

 

といったところが、本日担当した試合の主な出来事。

 

☆ 関連するタグ ☆


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/448-fc042a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック