FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ボールアウトオブプレー
 

 

このところ次男の帯同で審判をした際に、保護者審判の方々のレフェリング(副審)を見て気になったところを記事にします。

 

それはボールがタッチラインを越えた(ラインを割った)かどうかの判定に関するところ。

 

時々、ボールがフィールドの外に出たと判断するのが、少し早い方がおられるような気がします。どういうことかというと、ボールの地面に接地している部分がフィールドの境界線を越えたら外に出たことになると理解しているしているのでは?と思われるフラグアップがあるのです。

 

でも、競技規則上での規定は、ボール全体が完全にラインを越えなければ、アウトオブプレーになりません。

 

念のため、競技規則の確認をします。

 

競技規則 第9条 ボールインプレーおよびボールアウトオブプレー

ボールアウトオブプレー

ボールは、次のときにアウトオブプレーとなる。
●グラウンド上または空中にかかわらず、ボールがゴールラインまたはタッチラインを完全に越えた。
●主審がプレーを停止した。 

ボールインプレー

これ以外、ボールは、次の場合も含めてつねにインプレーである。
●ボールがゴールポスト、クロスバー、コーナーフラッグポストからはね返ってフィールド内にある。
●ボールがフィールド内にいる主審または副審からはね返る。 

 
ball_in_play.jpg


上図の一番右に描かれているボールを見ていただくと、ボールが接地している部分はフィールドの外側ですが、この状態の時にボールを真上から見ると、ボールの一部分がまだライン上にかかっている状態なので、「ボールインプレー」です。 

 

このような状態になった際に、早まってフラグアップしてしまわないようにしましょう! 


 

ということで、ボールがフィールドの境界線にかかっている状態にあるとき「ボールインプレー」の状態である、ということが解れば、下図は問題ないですね。
 
goal.jpg


ちなみに上図は、競技規則 第10条 得点の方法 に掲載されている図です。

 

 

ところで現場では、1)ラインがまっすぐに引かれていないとか 2)ラインが何らかの理由で消えている・消えてしまった部分がある というようなことが比較的よくあります。

 

このような場合は、原則としてラインがある場合はライン優先で、ラインの一部がないまたは消滅していた場合は、消滅していない部分を頼りに仮想のラインを頭の中に描き対応する、で良いと思われます。

 

つまり1)では、外側にふくらんだり、内側に凹んでいてもラインがある場合は、そのラインを完全に越えたかどうかで判定します。選手はラインが曲がっているかどうかなんて解りませんから、あくまでラインの内側か外側かで判断してあげます。

 

そして、2)では、選手達も主審もどうすることもできないので、副審が仮想のラインをしっかり描き、そのラインに対してボールが内側なのか外側なのかをしっかり判断します。

 


☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/46-6cbafa30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック