3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フリーキック時の壁の操作 (その2)
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  
 

かなり以前にフリーキックの際の壁の下げ方について書きました。その後、「審判のトレーニング」に参加させてもらった際に、上級審判員の方からプラクティカルメニューの1つとして教えていただき、その時の内容を記事にもしたのですが、改めて纏めておこうと思います。

 

直接ゴールが狙える位置で、攻撃側のフリーキックで試合を再開する場合の手順

(あくまで一つの例としてお読みください。)

 

セレモニー形式のフリーキック時の手順


手順1)攻撃側のクイックスタートを保障(※1)しつつ、守備側選手をボールから遠ざける(※2)。 

 

ここで、守備側選手が規程の距離(9.15m)以上離れている、または既定の距離以内に守備側選手が留まっているが、攻撃側が構わずプレーを再開しようとしている場合は、そのままプレーを再開させる(※3)。

 

もし、再開ポイントを示した際に「(クイックぎみにスタートしたいので)笛で(試合を)止めないでくれ」というような要請を受ける場合もあります。そのような場合は、既定の距離離れていない守備側選手に対して「(ボールから)離れましょう!」とだけ声をかけて、『壁』の操作は行わないほうが良いでしょう。(壁の操作をしている最中にスタートされてしまうと、守備側選手やそのベンチから非難されて揉める原因になります。そのようなことを防ぐために、後述の手順2にある「契約」が重要になります。)

  

なお、ファウルの笛が吹かれて、明らかにボールから離れた所にいた守備側選手が、相手チームにクイックスタートされることを防ぐ目的のためにボールに近寄って来た場合は、「遅延行為」として警告(イエローカード)します。

 

 

以下は、攻撃側のキッカーにより守備側選手によって作られた『壁』が近いのでは?というアピールや「壁を(きちんと規定の距離まで)下げてほしい」という要請があった場合の手順です。

  

この段階で2度目の「笛」を吹いて、完全に試合を停止し、笛での再開となることを両チーム選手に周知しておくと良いと思います。(笛を目の高さ以上まで掲げ、もう片方の手で笛を指差しながら「笛で再開しま~す」と声かけすればOK。)

 

手順2)攻撃側選手と「契約」

まず、壁の操作中に主審の目を盗んでボールを前方にずらすようなことがないよう、攻撃側選手に正しい再開場所でボールをセットさせ、セット後は笛が吹かれるまでボールを動かさない/ボールに触れないという契約を交わします。(その対価として、壁を作る相手側選手を競技規則で既定されている9.15m以上しっかり引き離します。)

 

手順3)ボールを監視しながら壁の操作

次に壁の操作に移りますが、セットされたボールが動かされないよう、ボールに正対しながら後ろ向きに歩いて壁を下げる位置まで移動(※4)し、ボールに目を向けたまま手を真横にあげて、壁となる守備側選手に「手にあたるまで下がりましょう」と声をかけ、壁の位置を確定させます。

 

手順4)壁を監視しながらポジショニング

壁の位置を確定したら、今度は、手に当たった守備側選手を壁の基準(※5)として監視しながら(正対して後退しながら)、主審がとるべき位置(※6)まで移動する。このとき、視界の端で、キッカーを含む攻撃側選手が再びボールを置き直したり、位置をずらしたりしないかどうかもチェック。(そのような場合は、「遅延行為」としてイエローカードを提示した後、手順2以降をやり直します。)

 

手順5)ボールと壁以外のチェック

主審がとるべき位置へ移動が完了したら、壁の前後やゴール前において両チームの選手がポジション争いをして小競り合いをしていないかチェック(※7)し、最後に副審がフラグアップして異常を知らせていないかも確認します。(副審に何をサポートしてもらうかなどを、事前に打ち合わせしておく必要があります。)

 

手順6)再開の笛を吹く

全ての条件がクリアになったら、攻撃側チームが攻めるゴールを示しながら(副審と挟んだポジショニングをしているので、原則「左手」で指します)、笛を吹いてプレー再開の合図をします。但し、インプレーになるのはボールが蹴られて動いた時点です。

  

手順7)壁などからの飛び出しがないことを確認

笛を吹いた後で、フリーキックが行われる前(インプレーになる前)に、守備側選手が既定の距離より近い位置に飛び出した場合は、ボールが直接ゴールに入らないことを確認(※8)して、笛を吹いて試合を停止し、「飛び出した」選手に「イエローカード(既定の距離を守らない)」を提示した後、フリーキックのやり直しを行う。 

 

 

※1・・・クイックスタートを主審が認めるのは、次の3つの条件が揃っている場合のみ

①正しい再開位置にボールがセットされ再開される。
②ボールがきちんと静止した状態から再開される。
③元となる反則がカード(イエロー/レッド)提示の対象となるようなプレーではない。
  

※2・・・攻撃側にクイックスタートさせないように、ファウルした選手を含む守備側選手がボールから離れようとしない場合は、まず「(ボールから)離れて!」と声をかけ、それでも離れようとしない場合は笛を吹いて試合を完全に停止して「イエローカード」で警告します。(警告の理由は「遅延行為」または「既定の距離を守らない」。)
  

※3・・・既定の距離を離れきっていない守備側選手が、クイックスタートされたボールに対し故意に触れた場合は、「既定の距離を守らない」(反則)となり、イエローカードの対象となります。ただし、守備側選手がボールから離れようとしている最中に偶然ボールがあたった場合は、反則とはならず、主審はそのままプレーを継続させます。


(ごく稀に、攻撃側選手のキッカーがクイックスタートしてわざと守備側選手にボールをあてて、あわよくば守備側選手にイエローカードをくらわそうとするようなプレーをする場合がありますので、主審は常にボールから目を離さず、しっかりプレーを見極めましょう!このような場合は、守備側選手が故意にボールに触れていないので、主審は毅然とした態度でそのままプレーを続けさせましょう。) 
 

※4・・・壁を下げるために移動する際、後ろ向きに歩いて「歩測」しても構いませんし、自信があれば目測でも構いません。ただし、移動時の動線がブレないよう、一直線に歩きましょう。またこの時、壁が9.15mより遠い場合は問題ありませんが、9.15mよりも近い場合は問題(主審のミス)となりますので、必ず9.15m以上壁を遠ざけましょう。もし、壁側の(守備側)選手から「(壁の距離が)遠いよ~」と言われた場合は、「競技規則上、9.15m『以上』離れていればOKなので、この距離で問題ありません。」と答えれば良いです。(もちろん、同じ試合の中では壁の距離に差がないようにしなければなりませんが・・・。) 
 

※5・・・(U-12以下のカテゴリーなどで教育的要素の強い試合であれば、)壁の基準となる選手に、「貴方が壁の基準になるので、インプレーになる前に貴方もしくは他の選手が前に出た場合はイエローカード(既定の距離を守らない)になるので注意してね。」という声掛けもアリだと個人的には思います。
 

※6・・・主審がとるべき位置とは、「次の争点」となるゴール前を副審と挟んで監視できる位置で、キッカーおよび壁の選手の動きも見渡せる位置。ただし、ペナルティーエリア内やその周辺の攻撃側選手がボールに合わせて走り込んでくるような場所は避けてポジショニングします。
 

※7・・・フリーキック開始前にポジション取りで小競り合いをしている場合は、早めに介入し、双方に声掛けして注意を促すことも必要になります。(ボールと壁の両方が動かないように注意しながら。) 
 

※8・・・「飛び出した」守備側選手にボールが当たって、明らかにゴールに入らない場合は、直ちに笛を吹いて試合を停止しても構いませんが、直接ボールがゴールに入った場合は、得点が認められるので、慌てて笛を吹かないようにしましょう。 
  
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
   

壁の操作に絡む手順の中で、予想される様々なシーン(パターン)があり、その注意事項などを挟みながら書いたため、少し読みにくい文章になってしまいました。ですので、最後に、基本的な流れだけを確認しておきます。
 

手順1)攻撃側のクイックスタートを保障しつつ、守備側選手をボールから遠ざける
手順2)攻撃側選手と「契約」
手順3)ボールを監視しながら壁の操作
手順4)壁を監視しながらポジショニング
手順5)ボールと壁以外のチェック
手順6)再開の笛を吹く
手順7)壁などからの飛び出しがないことを確認

 

こんな感じになると思います。





☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/47-a4df003e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック