FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて
 

 

2010年08月31日付 の記事で、 「ゴールキーパーに対する反則」 という記事を書きました。その記事の中で、現在の競技規則の文章と、2006/2007 年度版 の競技規則に掲載されている Q&A の文章を掲載しました。

 

その記事を書いた時に気がつけばよかったのですが、2008年度に(財)日本サッカー協会審判委員会から、関連する通達が出ていました。

 

2008/2009 年度版 および 2009/2010 年度版の競技規則の冊子には、下記の通達が載っていますが、今年度版(2010/2011 年度版)には、もう載っていません。

 

日本サッカー協会のホームページにも掲載されていません。この通達はじゅうぶん認知・理解されたという判断なのでしょうかねぇ・・・。

 

どのような場合に、「警告」(イエローカード)が必要になるのか、というような具体例が載っていて参考になるので、このブログには掲載しておきます。

 

 

0803-M0007

2008318


1級および女子1級審判員 各位

S級および1級審判インストラクター 各位

地域サッカー協会審判委員会 委員長 各位

都道府県サッカー協会審判委員会委員長 各位


(財)日本サッカー協会審判委員会

委員長 松崎康弘



ゴールキーパー(GK)へのチャレンジについて



3月1日(土)のゼロックス・スーパーカップにおける判定もあり、標記解釈に混乱が生じているので、あらためて下記のとおり説明します。これらを再度確認し、すべての審判員が一貫して審判できるよう、お願いいたします。



1.プレーの状況


 GKが手で保持しているボールを頭や足などでプレーする。


2.主審は次のファウル等が犯されたと判断したとき、


① 身体接触はないが、危険な方法で行った場合、間接フリーキック(FK)を相手チームに与える。(危険なプレー)


② 身体接触もなく、危険な方法でもないが、味方競技者にボールをフィードしようとしているGKのボールにプレーした場合、間接FKを相手チームに与える。(GKがボールを手から放すのを妨げる)


③ 身体接触をもってGKのプレーを妨げた場合、直接FKを相手チームに与える。(プッシングやファウルチャージ等)


なお、これらのプレーが、反スポーツ的に(プレーを遅延させる、主審を騙すなど)、または無謀に行われたなどと主審が判断したときには、上記のFK(競技罰)を与えると共に、反則を犯した競技者を警告(懲戒の罰則)する。


    警告の具体例


・執拗にGKの前に立ち、ボールを放すことを妨害する。


・前線にボールをすぐさまフィードすれば大きなチャンスとなる状況で、その芽を摘む。


・シュートするためにボールを手で突いて、自分のものとする。


・ラフな方法でGKに当たる。


以上


写し送付先: (社)日本プロサッカーリーグ 羽生英之事務局長 様

(財)日本サッカー協会審判委員会委員 各位 





この通達のPDFファイルは、米沢地区サッカー協会のホームページに掲載されています。ファイルが置かれているページのアドレスは、↓ こちら。 

http://www.yonezawafa.jp/2008/03/gk.html

(2014.08.15 追記。宮城県サッカー協会のホームページのほうが見やすいかもしれません。
http://www.miyagi-fa.com/committee/c-shimpan/#12  でどうぞ。)

  

(今回、できるだけ通達のフォーマットを反映した形で掲載しようと努力してみましたが、多分次回からはいつも通り左寄せのベタ打ちで掲載しま~す。)

     


☆ 関連記事 ☆

「ゴールキーパーに対する反則」

「◆ ゴールキーパーに関係するこのブログ内の記事を集めた記事」 

 

アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 4,482



☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/473-3c94cd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック