FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
キックオフ時の主審の立ち位置
 

 

主審を担当する際、「キックオフ時の立ち位置」を意識していますか?その位置はどこですか?

 

先に答えから書きます。

答えは、「キックオフする選手の左斜め後ろ」 です。

 

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。

 

3級スクール時代に、あるインストラクターから「キックオフ時にこの位置に立っているかどうかで、その審判のレベルをある程度予測できる。」と言われたことがあります。

 

私の所属する地域では3級スクールがあるので、スクール中にこの項目は指導されて、実技試験までの間に修正する機会を得られますが、3級に昇格するのにスクールがなく、実技試験一発のみの地域にお住まいの方は、ぜひ覚えておいてください。

 

実技試験の最初のキックオフで、試験官(インストラクター?)に試験の出だしで「立ち位置が違う!」という印象を持たれてしまうのは損ですからね。

 

以下、なぜその位置になるのかということを確認します。

  

位置の前に、キックオフ時に主審が注意しなければならないことについては、誤解を恐れず箇条書きで簡潔に書くと、(競技規則の文章は後ほど確認します)

 

1)全選手がインプレーになるまで自陣内にいる
2)相手選手はインプレーになるまでセンターサークルの外にいる
3)ボールがセンターマーク上で制止した状態から開始される
4)キックオフ時にボールが前方に蹴られる
5)キッカーが2度蹴りしないか確認する

の5項目です。

 

これらの項目が監視できれば「別にどこでも良いではないか」と思われそうですが、もうひとつ競技規則の別の所に書かれている「対角線式審判法」の基本理念が絡んできます。

 

2011/2012年度版の日本語版付録P156に

「対角線式審判法」

対角線式審判法の基本理念は、主審と副審でプレーを監視することである。(以下、省略)

対角線式審判法の利点

①プレーを主審と副審で挟んで、異なる角度から監視することにより、より正しい判定を行うことができる。

(以下、省略)


 

と書かれています。キックオフするチームは、必ずボールを前方に蹴らなければならないので、キックオフ直後の争点を「副審と挟んで監視」するためには、「キックオフする選手の左斜め後ろ」となる訳です。

 

もちろん、キックオフ直後に中盤の選手のところに一旦ボールを下げて、前線にボールを送るというようなスタイルもありますが、最終的に前線にボールを送るためにボールを下げるのですから、「次の争点(つまり攻撃側チームの前線)」を意識したポジション取りを考えると、やはりこの位置になりますね。

  

この「キックオフ時の主審の立ち位置」については、競技規則上では文章では明記されていませんが、競技規則を注意して読む(見る)と、きちんと図解されています。

 

どこに書かれているかというと、ガイドラインの 第5条 主審 審判員のためのガイドライン ボールがアウトオブプレーのときの位置取り のところで、1.キックオフのときの位置取りとして図のみが記載されています。

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 審判員のためのガイドライン

ボールがアウトオブプレーのときの位置取り

(中略)

次図に指示する位置取りは、基本的なものであり、審判員に勧められているものである。

(中略)

1.キックオフのときの位置取り


kick_off_position.jpg

 

言葉による補足はされていません。

そして、同ガイドライン側の 第6条 副審 のところにも同じ図が載っています。

 

競技規則 ガイドライン 第6条 副審

位置取りとチームワーク

1.キックオフ

副審は、後方から二人目の相手競技者のラインにつかなければならない。


と書かれた後に、下の図が載っています。先の図と全く同じ図です。

kick_off_position (1)

 

これらの図を見て、「副審はオフサイドラインに張り付いていればいいんでしょ!」と、副審の位置だけ確認してスルーしてしまうと見落としてしまいます。

 

主審の立ち位置が、きちんと「キックオフする選手の左斜め後ろ」になっていることを確認しましょう。

 

知らなかった! という方は、にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。

  

最後に、先ほど簡潔に書いた部分の正式な文章を載せておきます。

 

競技規則 第8条 プレーの開始および再開

キックオフ

(中略)

進め方
●すべての競技者は、フィールドの味方半分内にいなければならない。
●キックオフをするチームの相手競技者は、ボールがインプレーになるまで9.15ⅿ(10ヤード)以上ボールから離れる。
●ボールは、センターマーク上に静止していなければならない。
●主審が合図をする。
●ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる。
●キッカーは、他の競技者がボールに触れるまで、ボールに再び触れてはならない。
 

 

(2010.10.06 記事を一部修正。競技規則の記載されている個所に関して勘違いしていたので、この記事の修正をしました。競技規則などの内容を誤っていたわけではないので、打ち消し線などは使わず、一部文章を「追加・削除」しています。) 



銀河へキックオフ フリーキック魂
WiZ (2013-02-23)
売り上げランキング: 75,936

☆ 関連するタグ ☆

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/52-6d20cdbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック