FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
U8 練習試合の観戦と審判記録(2012/01/22) 
  

 

本日は我が家の三男のいる2年生の練習試合がホームグラウンドで行なわれた。

 

人数が多いので2チームでのエントリー。基本的な引率は普段練習をみてくれているAコーチにお願いして、保護者側の仕事に回った。

 

というのも、グランド(試合で使うフィールド)の一部に水たまりができていたため、排水作業。

 

基本的にホームグランドの小学校のグランドは水捌けがよく、ほとんどの部分は問題がない状態だったが、一部だけ水捌けが悪く、少し水が残った状態になる。

 

そこに15cm位の深さまでペグを打ち込んであげると、「サーッ」と水が引いて行く。(恐らく、下の砂利の層に直接通じる道ができることで、水が引くと思われる。)

 

他のお父さん達にライン引きとゴールの移動などをしていただいている間の約30分、ひたすらペグを打ち続け、グランドにペグの穴を開けて水を通し続けた。 

 

久しぶりにU8カテゴリーの試合の主審も担当。(前半のみだったけれど。)

 

ボールを追うべきところはしっかり追い切りました。争点に巻き込まれた場合に、いつも通りバックステップで逃げてしまうと、小柄な選手たちの気配を感じとれずに選手を倒してしまう恐れがあったため、普段よりは若干争点から離れ気味でプレーを監視。

 

そのため、ちょっと(争点から)離れ過ぎているなぁ、とポジショニングを修正することしばしば。コーナーキック時の立ち位置もアシスタントレフェリーがいないのに、ついいつもの位置に立ってしまって、「ここでは何にも監視できないじゃん!」と慌ててポジションを修正したり・・・。

 

意識して時々8人制の審判(主審)をやっておかないと、協会から派遣されても良いパフォーマンスができないかも。う~ん、困った。

 

今日はオフサイドはなかった(厳密にはパスが通らなかったのでオフサイドにはならなかったが、パスが通ればオフサイドというシーンが2~3度あった)。

 

さて、試合のほうはA・Bチームとも2戦2敗。つまり4敗。

 

相手選手がボールを支配しているときに、ボールウォッチャーになってしまっているシーンが非常に多かった。「寄せ」も「粘り(しつこさ)」もなかったなぁ・・・。

 

 

☆ 関連するタグ ☆



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
初めまして!何時も楽しく且つ参考にさせて貰ってます。私は現在、大阪で少年サッカーのコーチ(主に四年生)兼審判そして父兄です。(もちろんボランティアです)つい先日、無事に3級審判に合格しました。まだまだ未熟者ですので今後、質問等をさせてもらう事もあるかと思います。その時は宜しくお願いします。
2012/01/24(火) 08:16:03 | URL | サッカーおやじ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
サッカーおやじ さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
  
3級昇格おめでとうございます。
  
サッカーおやじ さんは大阪で頑張っておられる方なのですね!(ちなみにですが、私の現住所は私以外の方(例えばインストラクターの方など)に迷惑をかけてしまうといけないので非公開にしていますが、私は中2~高2までは大阪(第9学区)に住んでいましたよ~。)
 
これからは4級審判員の方々の見本となるよう、お互い精進して頑張りましょう!
 
ご質問もお待ちしております。ただ、私のわかる範囲でお答えさせていただきますので、ご了承を。
 
 
2012/01/24(火) 20:56:14 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
早速のコメントありがとうございます!ここで1つ質問なんですが私は主にU-11・10で審判(現4年生担当コーチなので)をするんですがカードの提示についてです。頻繁にある訳ではありませんが時折、どう見てもイエロー&レッドに値する反則(危険な)があった場合は公式戦・練習試合に関わらずちゅうちょせずに出すべきですかね?もちろんファールの笛を吹き、選手には説明をして注意をしますがまだ1度もカードを出した事はありません・・・色々な意見、考えがあると思いますが私は練習試合でこそより正確(厳しく)にジャッジすべきだと考えています。高学年になるにつれて大きな大会等も増えそこで主審をされるのは経験豊富な3級の方がほとんどで普段とは比べものにならない正確なジャッジがあります。それに公式戦の勝負を賭けた対戦でカードを貰えば自チームが不利になる事は明確です。それと子供たちの身体が大きくなるにつれて怪我の度合いも大きくなります。そこで危険なプレーを抑制する為にもと考えているんですが、如何なもんですかね?
2012/01/25(水) 08:02:08 | URL | サッカーおやじ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
あくまで、サッカーおやじ さんが、イエローカードやレッドカードに相当すると思うのであれば、試合の種類にかかわらず競技規則に則ってカードを提示すべきだと思います。
 
4種の場合、全国大会や都道府県大会の予選などの場合を除き、通常のリーグ戦などは教育的要素が強いので、カード提示と共にその理由をきちんと説明してあげることが、審判や(カード提示された選手が所属するチームの)指導者の役割だと思います。
 
(上に繋がる試合の場合は、カードの理由の説明がそのチームに対するアドバイスと周囲から誤解されないためにも、主審から選手に対しての説明は慎重に行なう必要がありますね。)
 
公式戦の場合、イエローカードの累積やレッドカード提示による出場停止という影響が出てくるため、カードを提示することはじゅうぶん慎重に行なわれなければならないと思います。
 
練習試合の場合は、その場限りで、その後の試合に影響しないため、ちょっと(カードを提示するのは)厳しい措置かもと思われるようなケースでも、むしろ積極的にカード提示してあげるほうが、選手たちのためになるのではないか、と私は考えます。
 
(我が団の場合、練習試合は審判経験の少ない保護者の方々に審判の経験をしていただくために、できるだけ私が笛を吹かないようにしているので、私自身は練習試合でカードを出した経験はなかったと思いますが・・・。)
 
都道府県大会などの大事な試合でカードを出されて「勉強」するより、練習試合や普通の公式戦で「勉強」したほうが、その選手のためになる、というのが私の考えですね。
 
もちろん、カードを出さないゲームコントロールというのもありますので、一概に何でもかんでもカードという考えは良くないと思いますが、相手の安全を顧みないプレーに対しては、毅然とした対応が必要だと思います。
 
2012/01/25(水) 21:23:19 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
アドバイスありがとうございます。やはり練習試合でこそ子供たち&私(審判)の経験や勉強の為にカード提示が必要な場合は説明を明確にした上で出すべきですよね・・・私が考えている事と全く同じでしたので安心しました。実は練習試合だからいいんじゃない的な考えが回りでチラホラ聞こえてましたので改めて正しい考え方を再認識しました。今後、自分のジャッジには自信を持ってより公正な判断をしていきたいと思います。
2012/01/26(木) 01:37:19 | URL | サッカーおやじ #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
頑張ってください。
 
カード提示の際、あわてず当該の選手を4審(あるいは本部)と挟みこむ位置に回り込んでからカードを提示すると、わかっている人から「あ、このレフェリー、カードを出し慣れている(あるいはカードを出すという動作をしっかり理解して実行できている)」と思ってもらえますよ。
 
カードを出し慣れてくるまでは、そこまでなかなか気が回らなかったりしますから。
 
ご参考まで。
 
2012/01/26(木) 23:10:00 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/525-af6b8c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック