FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
サッカー用の帽子(MIZUNO ソーラーカット ジュニアキャップ)
 

 

昨年7月に、mizuno からサッカー用の帽子(ジュニア用)が発売されました。発売当初はamazon での取り扱いがなかったので、そのうち取り扱いが始まったら記事にしようと思って、ず~っと忘れていました。

 

季節的には思いっきり逆のシーズンではありますが、お子さんがいらっしゃる方の頭の隅っこに記憶が残れば、ということで記事にしておきます。

 

忘れなければ、4月の新入団の頃と梅雨明け前後に再度記事をUPする予定です。

 

 

一般的な帽子(キャップ)との大きな違いは 

1)つばの部分が柔らかい素材でできているので、帽子をかぶったままヘディングができる。

2)頭頂部に金具がないので、万一ボールが頭頂部に当たっても痛くない。 

です。

 

繊維の通気性が良いとか紫外線カットとかメーカーの商品発表の資料にはありますが、訴求ポイントとしては「かぶったままヘディングができる」ということがメインになると思いますよ、メーカーさん。(あと、洗濯機で洗えるのか洗えないのかという情報もあったほうが良い。)

 

本当は「ヘディングしても痛くない!」というようなキャッチコピーをつけたいところですが、小学生にとってはヘディング自体が痛い行為なので、「痛くない」という言葉は語弊があって使えませんね。

 

メーカーのニュースリリースによると、この帽子のカラーは、ホワイト、アイスグレー、アイスブルーの3種類のようです。本日現在amazonで取り扱いのあった、ホワイト、アイスブルーの2色のHTMLリンクを貼っておきます。 

 

  

ニュースリリースでの価格が税込2,940円になっています。送料を考えると本日現在、まだamazon で買うのは割高かな、という感じです。

 

夏場に一番怖いのは熱中症なので、この帽子でなくても結構ですから、お子さんに必ず帽子をかぶらせるようにお願いいたします。(指導者の立場でのお話) 

 

ミズノのニュースリリース

http://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr110719/nr110719.html 

もご参考に。 

 

最後に、競技規則的に着用できるか(試合で着用できるか)どうかを審判の立場から確認しておきます。「第4条 競技者の用具」の関係しそうな部分のみ転載します。

 

競技規則 第4条 競技者の用具

安全

競技者は、自分自身または他の競技者に危険な用具を用いる、あるいはその他のものを身につけてはならない(あらゆる装身具を含む)。

 

続いて、ガイドライン側で関係しそうな部分を。

  

競技規則 ガイドライン 第4条 競技者の用具 

その他の用具

競技者は、身体を保護するだけの目的のもので、かつ、自らを、また他の競技者を傷つけないものであれば、基本的な用具以外の用具を用いることができる。

基本的な用具以外の用具または衣服はすべて主審によって検査され、危険ではないと判断されていなければならない。

ヘッドギア、フェイスマスク、また膝や腕のプロテクターなど最新の保護用具は柔らかく、軽いパッドが入ったものでできており危険であるとみなされないので、身につけることができる。

最新の技術によりスポーツめがねが着用者のみならず他の競技者に対しても格段に安全になったことを考えると、主審はこのめがねの使用、特に若い競技者が使用することに対して寛容になるべきである。

衣服や用具が試合の始まるときに検査され危険でないと判断されたが、試合中に危険になる、または危険な方法で使用された場合、その後の使用は認められない。

(後略)


  

このガイドラインの文章を読む限り、夏場にゴールキーパー以外の選手(主として4種/小学生)がこのての帽子をかぶって試合に出場してきた場合、主審は使用を認めても良いと思います。(もちろん、私個人の私見です。)

  

(2012/01/18 追記。

コメント欄にご質問をいただいたのですが、この帽子の試合での使用について、念のため私が所属する地区の審判委員会に確認したところ、現段階のところはやはり「試合での使用は認められない。」という見解でした。

ですので、記事を打ち消し線で消して訂正しておきます。よく確認しないで書いてしまいました。すみません!!) 


 

4種(少年)委員会のほうから、「ミズノの ソーラーカット ジュニアキャップまたはそれに準じる『ツバに芯が入っておらず、頭頂部に金具が使用されていない』帽子の試合時の使用を認める」というような通達が出ていると、現場で混乱が出なくて良いのですが・・・。 

 



☆ 関連するタグ ☆


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト



コメント
コメント
No title
毎回楽しみに読ませていただいています。

単刀直入で申し訳ありませんが、
この帽子を試合でかぶってプレーをすると
相手チームでかぶっている選手より少し背が大きい選手
(ツバの部分がちょうど顔の高さぐらい)と
体を当ててプレーをするときに
ツバの部分が相手選手に当たったりした場合
危険ではないでしょうか?
危険でなくても相手選手はプレーがやりにくいと思われます。
上から目線みたいな文になってしまい申し訳ありませんが、
筆者さんはどう思われるでしょうか?
ぜひ回答を頂きたいです!!
2012/01/08(日) 20:39:17 | URL | サッカー! #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
サッカー! さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
 
ゴールキーパーが日よけのために帽子を着用することが認められていることと、
 
「身体を保護するだけの目的のもので、かつ、自らを、また他の競技者を傷つけないものであれば、基本的な用具以外の用具を用いることができる。」
「ヘッドギア、フェイスマスク、また膝や腕のプロテクターなど最新の保護用具は柔らかく、軽いパッドが入ったものでできており危険であるとみなされないので、身につけることができる。」

という文章から(選手の安全/熱中症を防ぐという観点で)認められてもよいような気がして記事にしたのですが、朝日新聞の記事
http://www.asahi.com/business/update/0719/
TKY201107190524.html
を見ると、
「ただ、日本サッカー協会によるとゴールキーパー以外が試合で帽子をかぶることは認められていない。試合では脱ぐ必要があるという。」と書かれていますねぇ・・・。

念のため、現在、私の所属する地区の審判委員会に問い合わせしています。
 
回答が来次第、再度コメントさせていただき、回答に準じる形で本文も修正したいと思います。
 
少しお時間をください。
 
2012/01/09(月) 00:30:10 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
回答が来ました。現段階では、やはり「試合での使用は認められない。」とのことでした。
 
ということで、記事本文も修正いたしました。

サッカー! さんありがとうございました。

m(_ _)m 
 
2012/01/18(水) 21:47:49 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/540-f53e1cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック