FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
先日の記事(懲戒罰の対象者と再開方法)のフォローアップ

 

先週、

 

フリーキックを足の代わりに頭で行い、そのボールをペナルティーエリア内のGKが手で触れた。懲戒罰と再開方法の正しい組合せは?

 

という問題を記事にしました。(詳しくはこちらをご確認ください。)

http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-584.html

 

本日現在、116名の方に回答を入力していたきました。入力にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

 

結果ですが、

 

1)警告:DF、攻撃側間接FK     ・・・61名

2)警告:DF、FKやり直し (正解)  ・・・44名(37%)

3)警告:GK、攻撃側間接FK     ・・・9名

4)警告:GK、攻撃側PK        ・・・2名

 

となりました。正答率は50%を切っています。間違えた方は、ぜひ覚えておいてください。でも、実際に現場でフリーキックを頭で行う選手を見かけることは、「まずない」と思いますが、リフティングして最後にヘディングしてゴールキーパーに「パス」する選手はもしかすると見かけるかもしれませんね。

 

その時に記事の内容を思い出し、「パスした選手を反スポーツ的行為で警告して、パスした選手が最後にヘディングした位置から間接フリーキックで再開」しましょう。(再開場所が通常のバックパスの場所とは異なります。)

 

通常のバックパスの場合は、バックパスされたボールをゴールキーパーが手で触れたペナルティーエリア内の場所からの間接フリーキック。(ゴールエリア内の場合は、ゴールラインと平行なゴールエリアの境界線上から。)

 

競技規則 第12条 ファウルと不正行為

間接フリーキック

ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の4項目の反則を犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。

(中略)
●味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手で触れる。
(後略)

 

 

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

ゴールキーパーの反則

(中略)
ゴールキーパーは、次の状況下において、自分のペナルティーエリア内で、ボールを手または腕で触れることができない。
(中略)
味方競技者が意図的にゴールキーパーにキックしたボールにゴールキーパーが手または腕で触れた場合
(中略)

プレーの再開

間接フリーキックは、反則が起きた場所から行われる(第13条-フリーキックの位置を参照)。


 

☆ 関連記事 ☆

「(問題)正しい懲戒罰の対象者と再開方法は?」

 
アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 4,601


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
こんにちは。

この問題、非常に良い問題だと思いました。
大変参考になって、ありがたいです。

ひとつ気になった点が。
「リフティングして最後にヘディングして・・・」の部分ですが、フリーキックを行うキッカーが連続してプレーする事も関係してきますね。
最初にリフトアップして、ヘディングでキーパーへパス。
この場合、反スポとして懲戒罰(警告)、2度触りの競技罰として相手競技者の間接FKで再開となりますかね?
いかがでしょう?
2011/11/29(火) 14:59:58 | URL | S3.AKI #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
S3.AKI さん、コメントありがとうございます。
 
フリーキックのキッカーがリフトアップして次のタッチでヘディングしてゴールキーパーのほうにボールを送った場合はやっかいですねぇ・・・。
 
以下は、私個人の見解です。
 
ツータッチめで、ゴールキーパーに渡せなかった場合は、2度触れたという反則だけ(懲戒罰なし)で良いような気がします。競技規則の裏をかこうとする最終行為の前に、2度触れているので。(確かに裏をかこうとするために、2度触れているのですが・・・。)
 
問題は、ツータッチめでヘディングしてゴールキーパーのほうにボールを送ることができた場合ですね。
 
フリーキックのキッカーがボールに2度触れるという反則と、競技規則の裏をかくという反則(ゴールキーパーに手で捕球させようとする行為)が完全に同時に行なわれていることになると思います。
 
2つ以上の反則が同時に行なわれた場合、「より重大な反則」のほうを罰しなさいということですので、やはり「反スポでの警告」が必要になると思います。
 
再開方法は、「競技規則の裏をかいた」場合も「2度触れた」場合もどちらも「間接FK」ですので同じですね。
 
でも、実際に担当している試合で起きたら、多分警告なしの「2度触れ」だけの反則にしてしまうと思います。インストラクターにチェックされている試合ならどうしようかなぁ・・・。
 
 
2011/11/29(火) 20:54:19 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/575-7dbdf42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック