FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
基本的にフリーキックの再開時に笛を使用しません
 

 
昔は、直接ゴールが狙える場所からのフリーキックの場合、必ず主審が試合を停止して、歩測して壁を既定の距離まで下げる操作をして、それから笛で再開という感じだったと思います。

 

なので、4種の試合などを見ていると、壁がじゅうぶん離れているのに、丁寧に歩測して、「ここまで壁は出てきていいよ」みたいな感じで壁の操作をされている方を、たまに見かけます。

 

あるいは、「その位置ではあまり壁の効果は期待できないでしょう?」というような場所で、しっかり試合を停止して歩測していらっしゃる方も・・・。

 

そのように実施しても間違いという訳ではありませんが・・・。

 

ただ現在は、「直接ゴールが狙える場所であっても、クイックスタートがある場合に備えて、主審は試合を停止しない」のが基本的なスタンスです。(警告・退場があった場合を除きます。)

 

再開ポイント(ファウルが行なわれた場所)を示して、フリーキック直後の予測される争点が監視できる場所に移動しながら、守備側選手が規程の距離離れているかどうかをチェックします。

 

(このとき、攻撃側チームにクイックスタートさせないように、守備側チームの選手が「露骨に」ボールに近づいた場合は、「遅延行為」として警告します。)

 

もし、明らかに既定の距離離れずに同じ場所に留まっているようであれば、「〇番、(ボールから)離れましょう」と、まずは声掛けのみを行ないます。

 

声掛けしたことで、当該の選手が既定の距離離れたら、そのままキッカーがボールを蹴ってプレーが再開されるのを待ちます。(キックしてよいという合図の笛は吹きません。)

 

そして、既定の距離離れず、キッカーから「壁が近い」とか「壁を(既定の距離だけ)下げてほしい」と言われたら、ここで改めて笛を吹いて試合を完全に停止させ、壁の操作を行ないます。

 

(当該の選手が規程の距離離れてはいないけれど、キッカーが何も言わずにキックを行なうようであれば、そのままキックを行なわせて構いません。)

 

そのあとの具体的な壁の操作方法については、過去記事「フリーキック時の壁の操作」に詳しく書いてありますので、そちらをぜひご覧ください。

 

ということを念頭におきながら、先週末の「横浜Fマリノスvs名古屋グランパス」(2011年J1第32節)の試合の中村俊輔選手の得点シーンをご覧ください。


YouTube: Yokohama F. Marinos x Nagoya Grampus ( Shunsuke Nakamura Free Kick Goal ) 中村俊輔

 

NHKの中継のカメラが大事なところを映してくれていないので、いまいち解りにくいかもしれないのですが、「やべっちFC」の映像では、再開場所をきちんと示したあとで、西村主審が消えるようにボールから離れていくシーンが映っていました。(おそらく、中村選手あたりからクイック気味に再開したいから試合を止めてくれるな、というような要請があったのだと思います。あくまで想像ですが。) 

 

競技規則 ガイドライン 第5条 主審 主審のシグナル

笛の使い方

次の場合には、笛を吹くことが必要である。

(中略)

●次の理由でプレーを停止するとき
- フリーキックまたはペナルティーキック ※1
- 試合の一時的な中断、または中止 ※2
(中略)

●次の場合にプレーを再開するとき、
- 既定の距離を下げたときのフリーキック ※3
(中略)

●次の場合にプレーが停止された後にプレーを再開するとき
- 不正行為に対するイエローカードやレッドカードの提示
(後略)


 

※1 この場合の「フリーキックまたはペナルティーキック」というのは、「フリーキックまたはペナルティーキックで再開となるファウルが行なわれた時」という意味です。

※2 壁の操作(介入)は、試合を一時的に中断して行なうので、操作を行なう前には「笛」を吹いて試合が完全に停止(中断)していることを知らせます。このとき、キッカーには「再開には笛の合図(※3)が必要となる」ことを通知します。


直接ゴールが狙える場所でのフリーキックの前後では、いろんなことが起こります。過去記事「フリーキック時の壁の操作」に様々なケースについて書いておいたつもりですので、未読の方は、ぜひこの機会にご確認ください。

 

(笛を吹いて試合を完全に停止させずに、壁の操作なんかしてキッカーがプレーを再開してしまってボールがゴールに入ってしまった日にゃ~、大変なことになりますよ~、ぜひ過去記事「フリーキック時の壁の操作」のチェックを。)

  

今日の記事は参考になりましたか? 参考になったよ、という方はぜひクリックのご協力をお願いいたします。 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ

 

☆ 関連記事 ☆

「フリーキック時の壁の操作(その2)」

 



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
TOMさん。いつも楽しく拝見しています。
この試合、私も息子2人(高3、中2)と3人でTV観戦してました。

FKで俊輔選手が決めた時、息子2人が「キック開始の笛なってなかったよ~~!!」と叫んでいましたが・・・(笑)

確かに西村さんは、ファールの笛を吹きましたが、笛の合図で始めましょう!というジェスチャーは、してなかったですね!(私も、やべっちで確認しました)
詰め寄ってきた名古屋の選手に、ちゃんと説明をして、「場所を示したよ。でも、笛の合図ではじめましょう!とは、言ってませんよ!壁の距離も適正だったし・・(完全に想像ですが。。。(笑))」というような説明をしていたことは、勉強になりました。

3級に昇級してから、様々なカテゴリーで主審、副審をさせてもらう機会が増えて、日々勉強です。
審判が終わって、審判団で反省し、帰宅して、風呂入りながら反省し、TOMさんの過去のブログを読み返し・・・(笑)
本当に、TOMさんのブログ、活用させてもらってます!!^^

今日も、U-14の主審1本、副審1本、頑張って来ます!
2011/11/23(水) 06:46:01 | URL | taka #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
taka さん、コメントありがとうございます。昇格後、精力的に3級審判員としてご活躍(精進?)されているようで、何よりです。
 
また、過去記事も読み返していただいているようで、非常に嬉しく思います。
 
これからも、よろしくお願いいたします。(おかしな文章などを見つけたら、コメント欄でご指摘くださいますよう、お願いいたします。)
 
寒くなってきましたので、ウォーミングアップをしっかり実施して、お互い「怪我」に気をつけて頑張っていきましょう!
 
2011/11/23(水) 16:38:28 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/580-4f289196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック