FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ちょっとパフォーマンスが過ぎるのでは?
 

 

過去に何度か「得点の喜び」に関して記事を書いています。

 

「得点の喜び … 2011 Referee Week in Review - Week 4 (米国サッカー協会)より」の記事が一番丁寧に書けていると思います。

 

競技規則の文章(全文)については、その記事でご確認ください。

 

その記事の中(競技規則の文章の最後)に、

 

「適度な喜びの表現は許されるが、大げさなパフォーマンスで表し過度に時間をかけてしまうものは勧められない。主審、副審および第4の審判員は、そのような状況に対して介入するよう求められる。」

「得点の喜びに対応するにあたって、主審、副審および第4の審判員は予防的に対応するとともにコモンセンスを用いることが求められる。」

 

という文章があるということ紹介しておきます。 

  

さて、上の文章を踏まえた上で、下の映像をご覧ください。


YouTube: 世界が笑ったゴールしたあとの喜び方 アイスランド サッカー ゴール



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

プロの試合で、サッカーのプレー以外の部分でもある程度観客を楽しませる要素が必要な試合であれば、ぎりぎりセーフかなぁ・・・。でも、警告まではいかなくても、笛を吹きながら「ハイハイ、早く自分たちの陣地に戻ってね~」くらいの注意は必要だと思います。

 

純粋にパフォーマンスにかかっている時間は約15秒。15秒あれば理論的にはセンターサークルからドリブルしてゴールまで充分到達可能です(あくまで理論上でのお話です)。

 

さて、このようなパフォーマンスがアマチュアの試合(特に3種や4種)で行なわれた場合は、やっぱり介入すべきでしょうねぇ・・・。介入してもパフォーマンスを続けた場合は、2回目が起きないように「警告」しておくべきだと思います。(警告の理由:プレー(試合)の再開を遅らせた【遅延行為】)

 

ちょっと厳しいかもしれませんが、

「遅延行為としての処分になるよ。君たち選手が観客に見せるべきものは試合の中での良いプレーであり、得点後の喜びの表現やパフォーマンスではないよ。」

という言葉を添えて警告ですね。(もちろん「注意」で済ませても良いケースもあると思いますが。)

 

 

Jリーグでは、サンフレッチェ広島の得点後のパフォーマンスが有名です。


YouTube: 人間ボーリング サンフレッチェ広島



4種(小学生)の指導にかかわる者として、得点後ではなく試合後のこのようなパフォーマンスなら、大歓迎です。(子どもたちが真似するといけないので、できれば得点後の「変な」パフォーマンスは勘弁してほしいですねぇ。)

  

☆ 関連記事 ☆

「得点の喜び … 2011 Referee Week in Review - Week 4 (米国サッカー協会)より」


サンフレッチェ情熱史 降格・経営危機を乗り越えた「逆境のヒストリー」
中野和也
ソル・メディア
売り上げランキング: 247,906


 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。




 
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/611-f3a158e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック