3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
負傷した選手の復帰 ほか … 2011 Referee Week in Review - Week 23 (米国サッカー協会)より
 


今日の記事は、米国サッカー協会の2011 Referee Week in Review の Week 23 の紹介です。


http://www.ussoccer.com/News/Referee-Programs/2011/08/Referee-Week-in-Review-Week-23.aspx
 

上記リンクをクリックして表示されるビデオクリップをご確認ください。
 

☆追記 映像が直接埋め込めることが判明しましたので、上記アドレスの映像を記事に埋め込んでおきます。

 

 

1つめのビデオクリップは、負傷し、一時的にフィールドの外に出た選手が、主審の許可なくフィールドに復帰したため、直後のアウトオブプレーのタイミングで「警告」された、という内容です。
 

競技規則 第12条 ファウルと不正行為

警告となる反則

競技者は、次の7項目の反則を犯した場合、警告され、イエローカードを示される。

(中略)
●主審の承認を得ず、フィールドに入る、または復帰する。
(後略)


 

以前にも書きましたが、米国に限らずプロの選手でもルールを知らない/理解していない選手はいますねぇ。
 

私が主に担当する3種や4種の試合の場合、教育的要素が強いので、出血を伴っていない負傷者を一時的にフィールドの外に出すことになった場合は、
 

「復帰できるようになったら、インプレー中でも良いからタッチライン側から(主審を)呼んでくれて構わないよ。呼んでくれればすぐ入場の許可するからね~。(主審の)許可なく入場したらイエローカードになるから注意してね。」
 

というような声をかけておくことで、カードを出すような事態になることを予防しておくこともあります。
 

副審を担当している場合に、負傷した選手が主審の許可を得ないで入場しようとしていたら、
 

「主審の許可がないと入れないよ。主審に(入場の)許可もらって!」と言いながら、選手と一緒に「主審~!、入場の許可あげて~!」というような対応も検討します。(インプレー中に、主審に声をかけるのって、タイミングが難しいのですけどね。)
 

もちろん、試合によっては(全国大会や都道府県大会につながるような試合の場合は)、片方のチームに有利にならないように配慮し、アドバイスになるような言動はしないほうが無難です。
 

ちなみに、出血を伴っている場合は、主審による止血の確認後フィールドへの復帰が認められるので、必然的にアウトオブプレーのタイミングでしか再入場できません。
 

選手をフィールドの外に出した場合、「(この選手は、)インプレー中に復帰させられる/復帰させられない」ということをしっかり確認しておきましょう。
 

記事の最後に関連記事へのリンクを載せておきます。

 

2つめのビデオクリップは、試合終了直後にいざこざが発生して、きっかけを作った攻撃側選手にイエロー、その選手を突き飛ばした守備側選手(GK)にレッドカードが出されたというお話です。
 

試合終了の笛を吹いても、選手がフィールドを離れるまでは、主審の管轄下にあります。


競技規則 ガイドライン 第5条 主審

職権と任務

(中略)

ハーフタイムまたは試合終了後、同様に延長戦やペナルティーマークからのキックが行なわれている間であっても、試合は主審の管轄下にあるのであるから、主審はイエローカードやレッドカードを示す職権を持つ。

(後略)

 

☆ 関連記事 ☆

「負傷した競技者がフィールドに復帰できる場所」

「出血した選手の復帰」 

 
モルテン KAMOオリジナル ドクターバッグ
モルテン
売り上げランキング: 520,219

  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
No title
いつも拝見させていただいております。
3級試験に向けて勉強中です。先日4種で副審をやらさせて頂いた際に起きた事です。
左タッチラインぎりぎりで守備側のファールがありました。フリーキックの際に右利きの選手がボールをセットし、タッチラインの外から助走をつけてフリーキックを行いました。こちらの記事にある競技規則第12条に当てはまるのでは?と思いましたが自信もなく、主審に目をやった際も何事もなくプレーを継続していたためそのままにしてしまいました。
また似たようなケースとして、ゴールキックをゴールラインの外から助走を開始した場合も上記規則に抵触するのでしょうか?
過去の記事を拝見しましたが、負傷によるケースしかみつけることが出来なかったため質問させていただきます。
2014/05/16(金) 02:35:13 | URL | 勉強中 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
勉強中 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。
 
「フリーキックの助走のために、主審に許可を得ずにいったんフィールドの外に出てすぐフィールド内に戻ってキックを行ったけど、問題ないのか?」というご質問ということでしょうか??? 
 
ゴールキックの際のことを心配されていましたが、では、コーナーキックは?(コーナーキックに至っては、ほとんどの場合、フィールドの外側からスタートしてキックを行っていますよ~。)
 
 
第3条のガイドライン側に
 
「競技者が偶発的にフィールドの境界線を越えた場合、違反を犯したとはみなされない。
フィールドから踏み出すことはプレーの動きの一部であると考えられる。」
 
と書かれているのをご存じでしょうか?
 
ゴールキック、コーナーキック、フリーキック。
すべて「プレーの動きの一部」なので、問題ないですよね?
 
 
「(そこにある)ボールをプレーする」ために一時的にフィールドの外に出る必要がある(妥当性がある)、あるいは偶発的に出てしまったというのであれば、問題はありません。
 

余談ですが、フィールドの外に出てしまったボールを拾いにいく際も、妥当性があるので、いちいち主審に許可をもらう必要はありませんよ~。
 
2014/05/17(土) 00:36:56 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
早速のご回答有難うございます!

プレーの動きの一部という言葉を全く理解していませんでした。
恥ずかしながら、こちらで質問させていただくことが無ければ次回同じケースがあった場合にファールをとってしまっていたかもしれません。
不安な事があればまた質問させて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
2014/05/17(土) 02:20:26 | URL | 勉強中 #79D/WHSg [ 編集 ]
No title
 
 
勉強中 さん、3級試験、頑張ってください。ご健闘をお祈りしています。
 
試験を受けるまでに競技規則の端から端までを「最低3回」は通読(一気通貫で)してくださいね。(調べるために読む、という以外に。)
 
そして、気になるところは、更に繰り返して読みましょう!
 
http://tom3.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/11/20062007_616c.html
 
のPDFファイルのチェックもお忘れなく。
 
 
2014/05/18(日) 00:26:05 | URL | TOM3 #79D/WHSg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/665-e5c45e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック